カードローン

知って得する&もっと便利に借りられるカードローンの話

カードローンとは

カードローンの基礎知識

お金を借りる前に知っておきたいカードローンの事や借入のことについて詳しく解説します。計画的に利用するための心構えや総量規制など知って得する法律関連の話、またトラブルに巻き込まれないための前持った処方術など重要な情報が満載です。



カードローン 審査

カードローンの申込みや審査について

カードローンでお金を借りるためには、申込みを行い審査に通らなくてはなりません。どうやって申込みを行ったらいいのか、方法は?また、審査って何を見られるの?私でも審査に通る?といった借りる前によくある疑問や悩みを解決します。



カードローン 金利

カードローンの金利や返済方法

カードローンでお金を借りた後は計画的に返済するプランを建てなければなりません。パーセントで示される金利について実際にどれくらい利息を取られているのか計算してみたり、一括やおまとめなど返済方法も考えて行えば無理なく借りられますね。



カードローンの種類

カードローンサービスの種類や違い

カードローンサービスを提供している金融機関や消費者金融はたくさんありますが、それぞれにメリットやデメリットが存在しています。あなたの目的や生活にあったカードローンを選ぶことで、便利に借りられますし、困ったことも起こりにくくなります。



カードローン 使い方

カードローンの便利な使い方・活用術

お金を借りたいけれど・・・そんな迷っている方や、実際にカードローンの審査に通った方に、便利なカードローン活用術を紹介します。ここぞというときにお金を借りられるということはとても重宝します。今しかできないことをカードローンで今叶えましょう



カードローン 得

お得にカードローンを使うために

カードローンで借りたお金には、利息を付けて返さなくてはなりません。しかしキャンペーンを利用して申込んだり、無利息期間を利用、また返済方法を変えるだけで、金銭的にお得になることはもちろん心にも余裕をもって返済を進めていくことができます。



借入

カードローン以外の借入方法

お金を借りる手段はカードローンだけではありません。銀行で目的にあったローンを組んだり、クレジットカードのキャッシング枠を利用する手段もあります。それでも何故カードローンが人気なのか、ここを読めばその理由が分かります。



気になるフレーズ!カードローンの代位弁済ってどんなもの?

カードローンは急にお金が必要になった場合に、すぐに借り入れができるサービスとして、多くの方に利用されています。しかし、カードローンは簡単に借り入れが出来るがゆえに、何度か利用していると、だんだんと返済のことを深く考えずに利用してしまいがちになり、最悪の場合、借り入れたけれでも返済できない状態になった…という、いわゆるカードローン地獄にはまってしまうケースもあります。

カードローンはきちんと返済してこそ、その利便性はより高まると言えるのですが、返しきれないほどの金額になってしまい、挙げ句の果て、逃げ出してしまった場合、借り入れたお金はどうなるのでしょうか?

このまま返済が滞ってしまうと、カードローン会社側も大きな損失になります。そのため、カードローン会社側は前もって、クレジット会社や消費者金融業者を保証につけています。もし利用者が延滞などで、どうしても債務を支払ってくれないといった場合には、保証会社が代わりに債務を行う代位弁済を行います。

つまり保証会社が借金の肩代わりをしてくれるわけですが、当然、これで終わりというわけではありません。利用者は保証会社から借金をしているという図式になり、カードローンの利用も一切ストップされることになるのです。

代位弁済は借金を肩代わりしてくれるサービスではなく、肩代わりした会社から返済要求が来ることになるだけで、より強く返済を求められることになります。また、代位弁済によって、どこからもカードローン利用が出来なくなるなど、利用者側のペナルティは大きくなるのです。

カードローンのリボ払いにはたくさんの種類があるのです。

リボ払いという言葉を耳にしたことのある方も多いかと思います。カードローンの返済方法としては、最も多くの方に利用されているもので、正式にはリボルビング払いと言われます。しかし、そもそもリボ払いとはどんな返済方法なのでしょうか?そして、実はリボ払いと一言で言っても、その種類はいろいろあるのです。

一般的なリボ払いとは、いくら借り入れをしているかに関わらず、あくまでも毎月一定額を返済していくという方法を指します。これを定額リボ払いと言いますが、この場合、契約金額に応じて、月々の返済額が決まるパターンと、実際の利用額に応じて月々の支払い額が決まるパターンの2通りがあります。

前者の場合はあくまでも月々の返済額は一定ですが、後者の場合、繰り返して利用するたびに、月々の返済額が変わってきます。利用するたびに新たな定額の返済が発生するために、今までの返済に、新たな契約の返済が上乗せされていくのです。

また、残高スライド方式のリボ払いの場合は、返済の残高に応じて月々の返済額が決まっていきます。そのため、カードローンの返済が始まったばかりの頃は、当然、残高が多いために、月々の返済の負担は重くなりがちですが、残高が減っていけば、徐々に負担が軽くなるという特徴があります。

さらに、利息は別途支払い、月々の返済はあくまでも元金部分となる元金リボ払いと呼ばれる返済方法もあります。

このように、リボ払いと一言で言っても、様々な方法があるため、もしリボ払いで返済を行う場合は、自分自身の無理のない返済シミュレーションに沿ったプランを選びたいものです。

返済方法の1つ…カードローンでは繰り上げ返済が出来る!

カードローンをするにあたって、返済のことをしっかりとシミュレーションし、計画的に返済できる体制を整えておくことが大切です。月々にいくらぐらいまでなら、費用を返済に充てても生活にゆとりが持てるかということを考えながら、カードローンを活用することこそ、より便利に利用するためのポイントなのです。

カードローンの返済方法の1つとして、繰り上げ返済と呼ばれるものがあります。繰り上げ返済とは、その言葉を聞けば何となく想像が付くかも知れませんが、毎月の返済とは別に、例えばまとまったお金が入ったときや、生活にゆとりがあるときなどに、ある程度まとめて返済することを指します。

繰り上げ返済のメリットは、あくまでも元金の返済に充てることが出来るということです。つまり、月々の定期的な返済は利息分も含めているために、元金の返済がなかなか進まないというケースもあります。

元金から利息が算出されるために、元金の返済が進まなければ、一向にカードローンの返済が進んでいかないのです。しかし、繰り上げ返済を活用すれば、元金部分の返済を一気に進めることができるために、支払わなければならない利息も一気に減らすことが出来るというメリットがあります。

ただし、繰り上げ返済はあくまでもゆとりのあるお金があるときに行うようにしましょう。無理に一気に返済しようとして、生活が苦しくなり、他のカードローンを利用したのでは、まったく意味がありません。繰り上げ返済にしても、計画的に行うことが大切なのです。

名前はよく聞くけど…カードローン借り換えって何?

あるカードローン会社から借り入れをしたものの、たまたまチェックした他のカードローン会社の金利の方が安いということが分かったとき、「金利が安い方のカードローン会社を利用すれば良かった」と後悔されるかもしれません。

また、複数のカードローン会社から借り入れしている場合、どのカードローン会社の返済は金利がどのくらいで、どの程度返済が進んでいるのかを、毎月チェックしていくのも大変であるため、「複数のカードローンを1つにまとめてしまいたい」というケースもあるでしょう。

カードローン借り換えは返済をより便利に、そしてよりお得にするための方法として、今、注目されています。そして、カードローン会社でも借り換え専用のカードローンサービスを実施しているところも増えており、さらには借り入れ中のカードローンがあっても、新たなカードローンを組むことが出来るサービスを展開している会も多いのです。

カードローン借り換えの方法としては、大きく分けて2つあります。

例えば、複数のカードローン会社から、それぞれに借り入れをしている場合に、それらの会社の中から一番金利が低いところを選び、その会社に借り入れの増枠を依頼した上で、問題がなければ、他の会社からの借り入れをすべて清算し、増枠した会社に乗り換えるのです。増枠したカードローン会社で特に延滞などなく、審査に通過すれば、カードローンを一本化することが出来ます。

また、まったく別の金融機関のおまとめローンなどのサービスを利用して一本化を図ることも可能です。このように複数のカードローンを一本化したり、より金利が低い会社に借り換えをすることは、返済をよりスムーズに、そして返済の負担を軽減することにつながるのです。

複数のカードローンを1つにまとめるとお得がいっぱいある!

いくつかのカードローン会社から借り入れを行っている場合、今、どの会社からはどのくらい借り入れをしていて、どのくらい返済が完了していて、毎月何日に支払いをすればいいのか…など、会社ごとに細かくチェックしていかなければ、思わぬ延滞になってしまったりといったミスも多くなってしまいます。

このように、返済が複数に渡ると、それを細かく管理することが難しくなったり、余分な利息を払ったりするケースも多く、それだけロスにつながってしまうのです。

そこで、今、カードローンの返済として注目を集めているのが、複数のカードローンを1つにまとめるというものです。借り入れをしている複数のカード会社の中から、最も金利が低いローンに借り換えを行うことで、カードローンを一本化することが出来るのです。一本化することで、返済の管理がしやすくなるだけでなく、金利をより安くすることが出来るために、返済の負担が軽減されるというメリットがあります。

複数のカードローンを1つにまとめるサービスは、現在、多くの金融機関でサービスの1つとして提供されています。カードローンをまとめる場合は、今、借り入れをしている会社の中から最も金利が安い会社を選ぶ方法と、別の金融機関にすべて一本化してしまうという方法があります。

いずれにしても、金利が今よりも安くなるようにまとめることが重要となります。とりわけ、金利が出来るだけ低く、なおかつ融資限度額が高いところを選ぶことが、カードローンをまとめるにあたっての大きなポイントです。

カードローンを1つにまとめることで、返済の利便性はより高まります。返済をより便利に、お得にするためにも、複数のカードローン会社からか借り入れをしている際は、ぜひ検討したいものです。

知っておきたい!カードローンの返済期間ってどのくらい?

カードローンを利用するときは、必ず返済のことをしっかりと頭に入れておかなければなりません。返済があってこそのカードローンなのです。

では、カードローンの返済期間はどのくらいなのでしょうか?

この疑問に対して、明確な答えはありません。借り入れた金額によっても変わってきますし、どのように返済するかによっても変わってきます。ただ1つ言えることは、返済期間が短いほど、利息を安く押さえることができるということ。利息は借り入れている時間が長いほど、比例してどんどん膨らんでいくものです。つまり、借りたらすぐ返すことが、利息を安く抑えられることにつながるのです。

例えば、カードローン会社によっては、借り入れ後、1週間や1ヶ月といった定められた期間内の返済であれば、無利息になるというサービスを行っているところもあります。この場合、借りたお金をとそのままの額を返済すれば良いため、一切ロスなく借り入れが出来ます。このようなサービスがなくとも、一括返済ならば利息を安く抑えられるのです。

一方でリボルビング払い、いわゆるリボ払いは毎月一定額を返済していく手法ですが、この場合、借り入れ額が少なければ、返済期間も短くて済み、利息も押さえられます。しかし、借り入れ額が多いのに、月々の返済額が少なければ、当然、元金部分の返済が少なくなり、返済期間はどんどん長くなる一方で、利息も多く支払わなければならなくなります。

リボ払いの中でも残高に応じて返済額が決まる残高スライド方式ならば、通常のリボ払いよりも返済期間が短くなり、利息も押さえられます。

つまり、利息は返済期間によっても大きく左右されるということを理解しておくことは、カードローンを利用する上では、とても大切なのです。

増えているカードローンの踏み倒し…その予防策とは?

カードローンを利用する際に、もっとも大切なのは返済のことをしっかりと頭に入れておくことです。返済できなければ、当然、カードローン会社からの信頼も失ってしまい、今後の借り入れの際に審査に通過できなくなるどころか、新しくカードローンを組むことすらも出来なくなってしまいます。

しかし、それだけではありません。カードローンで借り入れたお金を期日までに返還できなければ、延滞という形になってしまいます。この場合、ペナルティーも兼ねて、通常の金利をはるかに超える遅延損害金というものが設定されています。この場合、金利は20パーセントを超えるケースもけして少なくありません。

例えば、「どうしても借金を返済できないから、逃げてやる!」と意気込んで、行方をくらましたとします。そもそも債権の時効は5年であるため、5年逃げ続けば、借金はゼロに鳴門思われがちですが、実際は最長で15年なのです。仮に、借金を踏み倒ししようと思ったところで、そのために15年もの間逃げ続けなければならないのです。仮に15年間逃げたところで、もうどの会社もカードローンとしてお金を貸してくれるところはなくなるでしょう。

カードローンで借りすぎてしまったがために、返済できなくなり、結果的に踏み倒しをしようという方も増えています。簡単に利用できるようになったからこそ、このようなケースは増えているようです。

しかし、カードローンは、借りる前に返済の計画をしっかり練っておけば、このような踏み倒しにまで考えがいたることはまずありません。金利が出来る限り低い会社を選び、返済に関するシミュレーションを行うとともに、借りる前に今一度、「本当に借りる必要があるのか。別の手段はないのか」をしっかり検討すること…これによってカードローンはより便利に活用できるのです。

「もう、カードローンが払えない!」そんなときはこうする!

カードローンは最近では非常に利便性の高いサービスとなっています。コンビニATMなどでも簡単に借り入れすることが出来るようになっているため、思わず使いすぎてしまい、気がつけば返済額がすごいことになってしまった…というケースも増えているのです。

では、カードローンが払えないという事態に陥ってしまったときに、果たしてどうすれば良いのでしょうか?もちろん、カードローンはきちんと返済してこそ、その利便性が高まるものです。そのため、返済ができなくなってしまったということは、カードローン会社からの信頼を大きく損ね、次からの借り入れが出来なくなる可能性も非常に高くなってしまいます。

「これでは、もうカードローンを払えないな…」と判断した場合は、まず早めに対処することがとても重要になります。支払えないから逃げ出すという手段をとっていたら、借金はどんどん利息で膨らんでいく一方です。そのため、まずは払えないと判断したら、早めに行動を取ることが重要となります。

まず方法の1つとして、いくつかのカードローン会社から借り入れを行っている場合は、最も金利が安い会社を選択して、ローンを一つにまとめてしまうことが挙げられます。多重債務になってしまうと、返済に大きな手間やコストがかかってしまいがちです。そのため、まずは数多くのローンを一つにまとめて、シンプル化することも返済の手助けとなるのです。

また、どうしても支払えないと判断した場合は、債務整理をすることもポイントになります。信用の置ける弁護士や司法書士に相談することにより、例えば、任意整理や特定調停といった方法で、返済負担を軽減できる可能性もあります。また、どうしても返済できないという場合には自己破産の手続きを踏むことになります。

重要なのは、返済に困って逃げ出さないことです。もう払えない…となった場合は、1人で考え込まず、周囲に相談することで新しい道が開けたり、新たな方法が見つかったりするのです。

カードローンの契約者が死亡したら、その返済はどうなるの?

カードローンは、申し込んで審査を通過すれば、必要なお金を手に入れることが出来ます。しかし、そのお金は当然のことではありますが、返済しなければなりません。つまり、返済が基本にあるということを念頭に入れておくこと…それがカードローンでは非常に重要なことなのです。

しかし、もしカードローンをしているにもかかわらず、その契約者が死亡してしまったときはどうなるのでしょうか。カープローンの返済をしなければならない契約者が死亡してしまうことで、返済できる能力は完全に失われてしまいます。では、そのカードローンでの借金はどのように返済すれば良いのでしょうか。それとも、もう返済しなくても良いのでしょうか。

カードローンの返済は法的には、遺族に相続されます。つまり、遺族が死亡した契約者の借金を返済しなければならないことになるのです。ところが、それは義務ではなく、遺族はその遺産を相続するか、それとも放棄するかを選ぶことが出来ます。ここで、遺産を放棄すれば、当然、カードローンの返済を契約者に代わって行う必要はなくなるのです。

ただし、その契約者の遺産には土地や建物があった場合、それだけを引き継いで、借金だけを放棄するということは出来るのかと言えば、そのような「良いとこ取り」は出来ないのです。引き継ぐなら、自分にとってプラスになる分、マイナスになる分、全てを引き継がなくてはなりません。それゆえに、土地や建物など、借金以外の部分の価値と借金の総額を比較した上で、相続するか、放棄するかを検討することが重要となるのです。

遺産といえば、自分にとって利益になる部分ばかりに目が行きがちですが、実は負債に関しても相続されることを念頭に入れておくこと、それは非常に大切なことなのです。

見落としがちだけど…知っておきたいカードローンの相続

幸せに満ちた結婚…祝福する側もすごく幸せな気分になります。しかし、その一方で大切な人が亡くなってしまった場合、それは悲しみに覆われることになります。まったく対照的な出来事ではありますが、特に親族の死亡に関しては、その後、「相続」をどうするかという点を話し合う必要が出てきます。

相続人というのは法律上で、その順位が決められています。まず、第一にその故人の配偶者が優先されます。その次に、その故人の子供、両親、兄弟姉妹という優先順位となっていくのです。

ただし、物事は人生の先輩から順に亡くなっていくというものではありません。両親よりも子供が先になくなるケースだって多々あるのです。その場合は、故人の孫が第一順位になることがあるのです。

ただし、どの場合でもいえることは、優先順位が第1位となる相続人がいない場合にのみ、第2位の優先順位の相続人のその権利が移動することです。もちろん、第2以外なければ、第3位にその権利が移動していきます。

また、その相続の割合も場合によって大きく変わっていきます。例えば、故人に配偶者と子供がいる場合は、配偶者に遺産の半分が渡り、残りの半分を子供たちで均等に分けるということになります。

もし、子供がいない場合は、配偶者が遺産の3分の2を受け取り、残る3分の1を故人の両親が受け取ることになります。これも、場合によって大きく変わってくるのです。

しかし、良く勘違いされがちなのは、遺産はプラスの部分…つまり貯蓄や土地、建物など、自分自身の資産にプラスになる部分が対象になるということです。実は、例えばカードローンで借金を抱えていた場合、その契約者が故人となってしまった場合、相続人はその借金も肩代わりしなくてはならなくなります。

遺産といえば、お金が得られることばかりを考えがちですが、借金も同様に引き継ぐことを忘れてはなりません。当然、カードローンに関しても同じこと。それゆえに、相続の際はカードローンを始め、負債の引継ぎもしっかりと念頭においておく必要があるのです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >