銀行でローンを組む際に口座は開設すべきか

口座開設は必須?銀行カードローンの最初の疑問を解消!

銀行カードローンの最初の疑問

カードローンと言えば消費者金融のイメージが強いと思われますが、金融業という事で当然銀行もカードローンを発行しています。
(⇒銀行カードローンの基本

銀行と言えば昔ながらの証書貸付がまだ行われていますが、時代の変化と共に銀行のローンの主力も、カードローンに移っていると言っていいでしょう。それほどカードローンが便利な存在として認められている証拠でしょうね。
(⇒借り入れがカードローンに移行していった背景

銀行カードローンを作るにあたって最初の疑問があると思います。それは「銀行でカードローンの借り入れをするなら、その銀行の口座は必要あるのか?」という事ですね。

基本的には開設は自由

まず多くの銀行カードローンに言える事としては、基本的にその銀行の口座を作る必要は無いという事です。口座を持っていないと取引しない…という考え方ではやはり古く、借り入れの敷居を無理に高くしていると判断したのでしょう。

だから引き落としにするにしても他行口座を指定する事が可能ですし、お勧めされたからといって無理に作る必要はありません。口座を複数作ってわざわざ移し替えるよりも可能な限り一か所にまとめる事により、支払いや納金も楽でしょう。

但し、金融機関によっては口座の開設が必須となっている場合もあります。その場合は作らないといけなかったり支払口座が固定される事もありますので、その場合は詳しく説明を聞いておきましょう。

また、金融機関側が指定する口座を設定しておけば、一部の優待を受ける事が可能です。特にネットバンキングに多い傾向なので、作るのが手間で無ければついでと思って開設しておき、カードローンの支払いにも便利な場合も多いので、活用してみるのも有効な手段と言えます。
(⇒引き落としに便利なネットバンク

ある程度は好みで問題無し

銀行などであるなら口座開設も推奨される事も多いですが、基本的には好みで判断しても問題はありません。優待を受けたいなら開設してもいいし、一か所にまとめたいならわざわざ作る必要はありません。逆の発想としては、自分が使っている銀行のカードローンを選ぶという手もあります。

カードローンを使うにあたり、口座の用意はほぼ必須です。自分が使いやすい方法を考え、作るか否か判断してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加