銀行と消費者金融のカードローンの違い

まずは知りたい二つのカードローン!銀行と消費者金融の違いを学ぶ

借り入れ先は銀行だけでは無い

昔の融資と言えば銀行のみの業務と言えましたが、無担保ローンが普及し出してからは一概に言えず、様々な企業が金融業としてローン会社を立ち上げています。
(⇒昔と今の融資方法の違い

無担保ローンと言えばカードローンが今現在のスタンダードです。ゆえに古くから金融業に携わっていた銀行も当然カードローンを始め、テレビなどで良く聞く金融会社、所謂消費者金融もカードローンに移行しています。

ローンを組むにあたり大体はこの二つに分かれていますが、その違いとは何なのか?今回は基礎となる点についてご説明いたします。

借り入れと言えば銀行

銀行と言えば借り入れ先として名高く、カードローンが主流となってもそれは変わりません。むしろカードローンが一般に広く使われ出すに従い、より存在感を増したと言えます。

銀行系カードローンは借り入れ先が同じく銀行である為、審査も厳しく時間もかかりがちですが、それに見合った金利とサービスが用意されています。出来る事ならまずは銀行系のカードローンから始め、そして末永く付き合う事がカードローンの効率の良い運用と言えるかもしれません。
(⇒カードローンを最初に銀行で作りたいワケ

消費者金融も負けていない点

それに対して消費者金融というのは、つまるところ一般企業という位置づけも当てはまります。それゆえに銀行に比べて金利と言った根幹部分が劣る特徴もありますが、何もネガティブな点だけでは、それこそ今まで金融業として生き残っていません。

消費者金融は審査のスピーディさに見えるとおり、銀行系カードローンとは違った利点を備えています。さらにキャンペーンなども銀行に比べて活発に行っているので、場合によっては短期間の借り入れなら銀行よりお得な場合も多々あります。
(⇒カードローンはキャンペーンも魅力的

以上の点を加味しての選び方

今回挙げた違いは非常に大まかな点ではありますが、要点を掴んだ物となっています。この事から分かるのは何もどちらか片方が優れているというわけでは無く、場合によって使い分ける事が大事だという事ですね。それに関しては他の記事で詳しく解説させていただいてますが、金利重視の長い目で見た場合は銀行、スピーディーに借りて返しての場合には消費者金融と覚えておきましょう。

他にも信販系もありますが、まずはこの二つを覚えておけば困る事はありませんので、以上の特徴を踏まえたカードローン選びを心がけて下さいね。
(⇒信販系カードローンの特徴とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加