キャッシングとカードローンの違いとは

どっちがお得!?カードローンとキャッシングの違いとは!

キャッシングとカードローン

クレジットカードとカードローンの違いについては比較的早く理解がいくと思いますが、カードローンとキャッシングの違いについては未だに多くの方が違いに気付けず、さらに線引きですら曖昧なのが現実です。

そうなると各々で違いを見つけて使い分けるのが賢い方法ですが、先に違いを理解しておかないと、どちらかを使い続けて「やっぱりこっちが良かった」と後悔する事も考えられます。

そこでクレジットカードとキャッシングの違いについて簡潔にまとめました。どちらかを利用したいと思われている方、是非ご覧ください。
(⇒キャッシングの基本要項

カードローンとクレジットカードを使い分けるには

もしもあなたがある程度の大きな金額の借り入れを検討しているなら、カードローンを素直に組むのが一番です。特に銀行系のカードローンを組めれば低金利もあって、長期的な返済の負担も大幅に緩和してくれるでしょう。
(⇒低金利が魅力の銀行系カードローン

カードローンは借り入れ専門のカードの為、現金を借り入れるなら当然特化しているカードローンの方が優れている場面が多いのです。金利や返済額の融通など大幅に有利ですので、借り入れが先ならまずはカードローンを組みましょう。

対してキャッシングは、カードローンに比べて金利が高めで枠もそこまで拡張出来ない事もあって、借り入れメインや長期的な返済計画を練り込むには少々荷が重いと言わざるを得ません。

しかし、クレジットカードに付帯しているという点は優秀で、普段の買い物をメインにしつつ、どうしても現金ではないといけない場面でのみ使う、という用途なら、キャッシングでも十分対応可能でしょう。ある程度の枠が用意出来たのなら、カードローンの役目もある程度はこなせるでしょう。ただ、支払いなどを考えると心許ないのが事実です。借り入れの機会が増えるようならカードローンの併用も視野に入れましょう。

借り入れならやはりカードローン

このように、カードローンは借り入れに特化しており、クレジットカードは買い物がメインとなるアイテムです。双方とも役目を兼任する事は出来ても物足りない部分は多いので、余裕さえあれば双方とも作っておけばより対応できる状況は増えるでしょう。

カードという媒体は便利ですが、役割もきちんとあります。それを踏まえたカード作りを意識してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加