有担保カードローンの無担保との違いを知る

有担保カードローンを使う前に知っておきたい、無担保との違いとは?

カードローンの無担保と有担保

カードローンは基本的に無担保のお金の借り入れを指します。今まで借り入れと言えば銀行の証書貸付がメインで有担保が基本でしたが、担保不要の信用貸付のカードローンは敷居も下がってきているので、より消費者に近いローンと言えます。

しかし証書貸付の有担保の方が大きな枠を用意しやすいように、カードローンにもかつての証書貸付のような担保が必要な物が用意されてきています。それでいて消費者に使いやすいようにカードとしての体裁を保っている物はどんな特徴があるのでしょうか?

有担保でカードローンの特徴

有担保カードローンの最大の特徴は、住宅といった大きな買い物などに使う、それこそ証書貸付のような使い道に対応する為のカードローンです。通常の無担保カードローンは手軽さゆえに生活費などの急な出費の補填が主な用途でしたが、有担保カードローンはまさに無担保カードローンの『手軽に使える分大きな買い物には物足りない』部分を埋めるカードローンと言えましょう。

反面で文字通り担保が必要となり、特に住宅カードローンと呼ばれる物になると、家を担保に入れる事に加えて生命保険がセットになっている場合があります。ローンが払いきれない場合は家が担保となるように、万が一支払う方が無くなった場合は保険によって支払いが免除されるようなシステムとなっています。二重の保険が用意されているのも証書貸し付けに酷似しています。

そこまでするだけあって、上限額は無担保に比べて大幅に増加しており、金利も大幅に下げられています。この点は無担保では不可能なレベルで設定されているため、住宅という人生において上位とも言える大きな買い物を大幅にサポートしてくれるでしょう。そしてそれほど大きな買い物であるにも関わらず、カードローンという形態を保っているのも特徴です。返済終了後、余裕があれば再度使う際に面倒が少ないのも魅力でしょう。

無担保と有担保の違い

担保を用意するというのは住宅や証券などを求められる事もあり、借りるにはそれなりの準備が必要ですが、その分大きな買い物にはより役立つ特徴が多くあります。担保なしというのは手軽になる代わりに貸付側のリスクも考慮した上限設定ですので、もしも複数のカードローンを組めるなら、双方を用意しておく事も将来の備えになるでしょう。
(⇒複数のカードローンを作るなら

カードローンの使い分けには慣れと知識が必要となりますが、使い分けを判断できるようになれば非常に便利な物に変わります。他の記事も参照していただき、是非カードローンの特徴を掴んでおいてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加