クレジットカードとカードローンの違い

こんな時はどっちがいいの?クレジットとカードローンの使い方解説!

私たちの生活に密着したカードたち

カードというのは私たちの生活における要素を非常にシンプルに形にした物であると言えます。中でもお金に関わるカードは特に重要な役割を持つ物が多く、そして重用されると言えます。

お金に関わるカードは人によって真っ先に思い浮かぶ物は違いますが、中でも存在感が強いのはクレジットカードにカードローンですね。この二つは互いに審査が必要で作るまでにある程度の手間が必要ですが、ゆえに作った後は非常に便利な存在となり、あなたの生活を支えてくれる事でしょう。

これからカードが欲しいと思い立った場合、今までカードを作った事の無い方はどっちがどっちか少し悩まれる事もあるかと存じます。そこでこの二つの違いを簡単にご説明しますので、自分の用途に合わせて作りたい方をしっかり確認しておきましょう。

現金を借り入れられるカードローン

クレジットカードが支払いにおいて広まってきましたが、日本では現金が必要となる場面がまだまだ多く、クレジットカードの頼りきりだとここ一番で払えない事もあります。特に現金が必要なケースが多い方は、クレジットカードよりもカードローンを用意しておいた方がいいでしょう。

カードローンは上限内であれば現金を自由に借り入れられるのがポイントで、コンビニなどのATMと提携していれば24時間借り入れが可能です。そこを利用すれば現金に困る事はあまり無く、借り入れを受けているという意識をしっかり持てば、必要な場面に手軽に対応が可能です。
(⇒借り入れ自由なカードローンを上手く使う

信用払いのクレジットカード

一方、クレジットカードは買い物でしか使えませんが、代わりに支払いは翌月以降に持ち越しの信用払いとなっています。

信用払いというのはカードローンで言うところの無担保での貸し出しに近く、借り入れとはまたニュアンスが違いますが、ある程度は借りているという意識を無くさない事が大切です。

また、クレジットに付与されているキャッシングはかなりカードローンを似通っていますが、現金を多用するならカードローンの方が色々と融通が利きやすいので、クレジットカードを作るなら買い物に使う事をメインにしておきましょう。

双方ともお金に関わる大切な物

このように、お金に関わるカードと言えど両方とも用途はかなり違う事が分かりますね。大体で分けるなら買い物で使うならクレジットカード、まとまった現金が欲しいならカードローンとなります。もちろん両方を作って使い分けるのもいいでしょう。

用途は違えどお金を使う事にはかわりありませんので、出費管理はきっちり行い、生活の役に立てましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加