カードローンはどこまでが経費なのか?

ビジネスマンなら知っておきたい知識!カードローンは経費になるの?

様々なケースで使われるカードローン

無担保で用途自由のカードローンは非常に便利な存在で、給料日まで心許ない時や余裕を持った買い物の為など、あなたの生活に必要なだけのお金を借り入れられる存在です。
(⇒使用用途に縛られないカードローンの魅力

そしてカードローンの中には事業者向けと言った物まであるように、仕事においても使える物でもあります。会社が使用するクレジットカードもあるのですから、会社によっては会社付のカードローンがあってもおかしくないですね。

会社のカードローンを使う場合、ちょっとだけ気になる事があります。カードローンの使い方としてはあまり一般では無い為出回っている情報ではありませんが、『カードローンの支払いは経費になるのか』というものです。

クレジットカードの会社カードは社員が使っても良い物があるように、カードローンにおいても社員が使える物があったり、社員が管理している物だったら、この点は気になりますよね。

カードローンは経費になるのか?

まず基本的にローン自体が経費という事にはなりません。借り入れまでが経費になるのはさすがに問題があるのか、認められるケースはほぼ無いと思った方が良いでしょう。

しかし金利手数料だけは経費として落とせる事があります。これはやはり会社が所持している以上手数料を払うのは会社であるという認識が強く、経費としての金利や手数料はきちんと把握する事が必要となります。

また、カードローンで引き出したお金で事業用の物を購入した場合、その物品を購入しさらに事業に組み込んだ場合に経費となります。仕事の買い出しの際にはカードローンを持たされて、そこから引き出して買う事もあるでしょう。そうなった場合は購入した物の値段に加えて渡すまでが大事ですので、領収証に加えて利用明細といった書類は厳重に管理しておきましょう。

カードローンを仕事で任される事になれば、ローンに伴う責任も負う事になります。経費になるからと軽い気持ちで使わず、仕事の一環として厳格な気持ちで管理しましょう。

仕事でも使えるからこそ慎重に

カードローンを会社の資金の一部として運用する企業は一部と言ったところでしょうが、それでも社員が自覚を持って使えれば会社にとって利便性を始めとした面で貢献してくれる一因になりえます。

カードローンは手軽に使えますが、気持ちまで軽くなってはいけません。業務上必要な物であれば丁重に扱い、経費で落とすなら出費周りは現金と同じく厳しく管理しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加