自由な用途が魅力のカードローンを使う

自由な用途でフル活用!普通のローンとカードローンはここが違う!

用途が決まったローンたち

ローンを組む場面と言えばやはり大きな買い物、そして人生において大きな買い物と言えば、皆さんはどんな物を想像しますか?人によって使う物は様々ですが、やはりマイホームや自動車がその代表格になるのでは無いでしょうか。

そしてそれらの買い物は売り手もローンになるのを分かっているのか、マイホームなら住宅ローン、自動車ならマイカーローンという具合に、用途が決められた独自のローンを持っています。パソコンも一昔前はローンを組んで買うほどの高級品でしたが、今では一部機種を除いて、大抵が一括でも買える値段になってきましたね。

しかしこれらのローンは住宅やマイカーと頭に付く通り、特定の物の購入があって初めて組む事が可能なローンです。当然他の物を買う時に融資を受けられるはずは無く、ここまで大きな買い物じゃないけどお金が必要という場合、このままではどうしようもありません。

用途自由なカードローン

住宅や車のローンは用途が決められたローンとなりますが、最近人気のカードローンはこの用途が自由であるという点に注目です。

通常のローンは組む際に用途を明確にする必要があるのですが、カードローンはそれに関しては不問です。ゆえに作る前から用途を考えておいてもいいし、とりあえず作っておいていざという時に払う…と言った使い道も可能です。極端な話、作っておいても不要ならそのまま使わなくてもいいのです。
(⇒カードローンを使わない有効活用法とは

そして審査を通過すれば用途が自由な融資枠をいつでも使えるようになる為、使い道は非常に多岐に渡ります。子供が急に怪我をして治療費に充てるといった用途や間もなく給料日だけど現金が全くないという場合においては、あなたの生活をそっと支えるパートナーとなってくれるでしょう。

但し、用途自由だからといってギャンブルといった行為や他の借り入れ返済の為に使うといった方法では意味がありませんし、むしろ場合によっては状況を悪化させる事もあります。あくまで必要なお金を借り入れるという意識がある事前提で、カードローンの融資は成り立っているのです。
(⇒借り入れを返す為の借り入れに注意

限定されない用途を使いこなそう

ローンというのは使い道が限定されればされるほど金利なども優待されますが、やはり世の中の多くの方が必要としているのは用途が自由なお金ですし、それを用意してくれるカードローンが金融業界で主力となるのは、ある意味必然の流れとも言えるでしょう。

それゆえに金利や限度額といった要素で縛りがあるのがカードローンです。その点も踏まえた自由の意味を考え、無駄遣いだけは控えたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加