カードローンを完済する為に任意返済を行う

任意返済はしてる?カードローンを素早く返すメリットを知っておこう

余裕が出来たらしておきたい事

カードローンとはお金を借りる事です。借りたお金は返すのが義務であり、カードローンを作る時にそれは了承している事ですよね。当然の事ではあるのですがカードローンは一度作れれば自由に借り入れが行える為、極まれに自分のお金と勘違いして使い込む方もいらっしゃるのです。

その為借り入れは出来るだけ必要な経費が足らない時のみに上手く限るようにして、尚且つ素早く返済していく事がカードローンとの賢い付き合い方です。

そして素早く返済するためにはしておきたい事があります。それは余裕があれば多めに返済をする事…つまりは任意返済と呼ばれるものです。

任意返済を随時行うべき理由

任意返済というのは「月に決められた金額に加えて別途お金を返済する事」を指します。これはカードローンによく採用されているリボルビング払い形式にとられる方法で、これを行う事でより早く返済をする事が可能なのです。

任意返済を行う事で得られるメリットはたくさんあります。その最たるが金利が少なくて済む事です。通常の返済は言わば分割手数料として金利が発生している事と同義で、それは分割の度に発生していると考えて良いでしょう。その分割回数を結果的に減らせるという事は、金利も安く済むのがよく分かりますね。

完済が早く終わるという事は少なからず信用獲得にも繋がります。信用というのはカードローンを使っていく上で、同じカードを使う時でも新たに別のカードの審査を受ける時も、双方においてより良い条件で借りられる手助けになってくれるでしょう。
(⇒返済実績はカードローンを有利にする

しかし一つだけ注意したい事があります。それは「支払日とは別途に返済しても、月に決められた金額は払わないといけない」という点です。ゆえに「先に多めに払ったら返済日に足りなくなった!」となれば遅延扱いになってしまうので、せっかくの順調な支払いが台無しになります。どんな場合でも最優先に守るのは月々の返済分だと理解し、収入などの計算を怠らないようにしましょう。

返済は早く終わるに越した事は無い

返済を早く終わらせるという事は金銭面でのメリットだけでなく、何よりも借りていたお金を返しきるという安堵が早く訪れるという点も重要です。お金を借りるという事には少なからず負担に思ってしまう部分はあるでしょう。素早く返済し、また困った時に借りられる余裕をもってきましょう。

返済プランは月々の返済だけでなく、時には任意返済分も踏まえた視野を持つ事も大切です。借り入れも返済もスピーディに行い、便利なカードローンをいつでも利用できる状態にしておきたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加