返済日を守る事の重要性を再確認

返済日は覚えてる?当然の事を守る事の大切さを再確認!

カードローンにおいて守るべき事

カードローンはお金の借り入れ方法としてはあらゆる面で優れていると言ってよく、昔に比べてあらゆる面で便利になりました。特にいつでも借り入れ自由なのが非常に便利で、緊急の用入りでも、いざという時に備えるのにも非常に便利ですね。
(⇒ローン方法の昔と今

しかし、その便利さはルールを守る事を前提として作られた物です。そもそもカードローンが無担保で借りられるのはクレジットカードのような信用払いに近い面もあり、それゆえにルールの厳守は義務とも言えるでしょう。義務というと大仰な響きですが、規約を読めばわかる通り、どれも当たり前の事が多いでしょう。
(⇒カードローンとクレジットカードの違い

そして私たちがカードローンを使うにあたって最優先で守るべきルールが、返済期限を守る事です。カードローンには主にリボルビング払いが設定されている事が多く、毎月決まった金額以上を払えばいいし、決まった金額は口座引き落としになっているのが常なので、お金を入れておけばいいのですが、中にはうっかりとはいえ、期限を破ってしまわれる方もいらっしゃいます。

期限を守らない事のデメリット

支払い期限を守るのはお金の借り入れとして当然なのですが、それを破るという事は当然のルールも守れないという事で、当然デメリットはあります。

まず、カードローンを作るのにも使うのにも必要な信用を損なうという事が第一に響きます。そうした期限遅れは信用機関にも記録され、今後カードローンを組む際に大幅に不利になります。むしろ一度でも破ってしまえば、向こう数年は作れないと考えておいていいでしょう。

次にそのカード自体が使用停止になる事も考えられます。前もって遅れる事を連絡しておき、次に指定した日に入金すれば使用停止になる可能性が若干下がる事はありますが、一度とはいえ破る事は利用停止になってもおかしくはありません。それに利用停止になっても支払い義務は残りますので、完済したとしても、次に借りれるのはかなり先になる事でしょう。

当たり前の事をすれば問題無し

こうやって聞くとお金を借りるという事が重大で怖い事と思われがちですが、一度で完済するのは難しくとも、月々の固定額を払うのはそこまで難しい事ではありませんし、事故も無く完済すればそれは信用に繋がる為、今後のローンにおいて優待を受けられる可能性も増えてきます。当然のことの積み重ねがより豊かな生活に繋がるのでしたら、そこまで難しい事はありませんね。

支払い忘れを防止する方法を自分なりに考えておき、期限は毎月しっかり把握しておくようにしておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加