無職でも組めるカードローンの条件とは

仕事は無くてもカードローンは組める!その場合に必要となる物は?

仕事とカードローンの関係性

カードローンの審査においては今現在の仕事というのが重要な審査基準として、多くの意味合いを持ちます。当然社会的に認められている、収入的にも安定している職業であったならば、有利なだけでなく向こうから声をかけてくる事すらあるでしょう。
(⇒カードローンに有利な職業とは?

ではその逆ではどうなのか?アルバイトでも作れるカードローンというのは有名ですが、それよりも条件が厳しいと思われる、無職の場合はどうなのか?一見して無茶な要求に見えますが、カードローンの門戸は随分と開かれていました。

条件さえ整えれば誰でも作れるカードローン

実はカードローンは現在無職の方でも作る事は可能なのです。いくらカードローンが作りやすくなったと言っても…とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、もちろん条件付きにはなりますが、本当に作る事が可能です。

まず、収入があるという事が最大の条件と言えます。無職で収入があると聞くと不思議に思えますが、世の中には様々な収入源となる仕事外の行動があり、転売といった行為も一種の収入として判定する事は出来るでしょう。つまるところ、カードローンを組むのに必ずしも仕事が必要というわけでは無いのです。

ですが、借り入れ条件は決して良い物を用意できるとは言えません。恐らくは最低融資枠の十万程度を見ておき、金利に関しても融資側が定めた上限まで上がるのは止むを得ないでしょう。どうしても融資側としては安定した収入と認められないとリスクになってしまいますので、カードローンが発行できるだけでも良しとしなくてはなりません。

しかし、限度額が低い分借り入れられる金額も少ないので、リボルビング形式で言えば月々の最低返済額も極めて低いものになります。数千円からある程度前後するくらいですので、収入がちゃんとあれば無理なく返済していける金額です。借り入れ額が少ないなら余裕のある時の任意返済をする事で素早く完済する事も可能です。仕事が無いと収入の安定も難しそうですが、余裕が出来たら返済に回しておきたいところです。
(⇒任意返済でカードローンを楽に返す

仕事にこだわりすぎないカードローン

カードローンと言えばお金の借り入れなので、当然お金に余裕がある方に多くの融資枠が与えられます。しかしカードローンも金利で利益をあげていかなくてはならない以上、多くの方に使ってもらうのがベターです。その為に仕事だけにこだわり過ぎず、誰でも借りられる環境作りを構築しているのです。

仕事が無くても借りられるとはいえ、収入が安定しにくい状況で多くの借り入れを行うのは危険が伴います。出来る事なら早急に収入源を見つけるなどして、余裕を持ったカードローンの利用を推奨いたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加