カードローンとローンカードの違いを知る

同じ物じゃないの!?カードローンとローンカードの大きな違い!

似て非なる物

カードローンはお金の借り入れが自由なタイミングで行える為、非常に便利な存在です。昔の借り入れと言えば銀行である程度の手続きが都度必要だった事を考えれば、より生活に密着したアイテムと言えるでしょう。
(⇒昔と今の借り入れ方法の違い

そしてこれからカードローンを組むという方で、似たような響きの名称を耳にした事があるかもしれません。それはあまりにも似ているので、今現在カードローンを使用されている方でも、勘違いされている方が多いのです。

その名は『ローンカード』です。カードローンのカードとローンが逆になった名称の為に同一の存在と勘違いされても仕方なく、作る直前、或いは作ってしまった後に気付くという事もあるかもしれません。ですので、似て非なるこの二つの違いを見ておきましょう。

枠内で自由に借り入れ可能なカードローン

カードローンの方が一般的に広く普及しているのでご説明は不要かもしれませんが、こちらが多くの方がお求めになられるアイテムとなります。その便利さゆえにローンと言えば、今はこちらを指す事も多いですね。

カードローンは審査の際に融資枠を予め決められて、そしてその枠内で借り入れを行う事が可能な物です。ゆえに枠内であれば再審査などは必要無く引き出す事が可能で、緊急な入用が発生しても対応が用意なのが特徴です。金融会社によっては借り入れと返済が全てインターネット上で処理可能であり、より便利な存在となります。

なのでカードローンは『一度審査を通過すればその後は自由に借り入れ可能』なのがローンカードとの違いと言えましょう。

提示する為の存在、ローンカード

では、ローンカードとは何なのか?こちらはどちらかと言うと、パスのような存在と言った方がよりしっくりくるかもしれません。

カードローンは発行されれば原則として借り入れが自由ですが、ローンカードはこちらを提示してからローンを組み始めるといったように、借り入れを行う為に見せるパスカードといった意味合いが強そうです。

ここだけ見るとカードローンの方が便利そうですが、提示して相談してからローンを組むというのは、見直す点なども見つけられて思いのほか悪くありません。無用の長物と決めつけるのは良く無いですね。

用途の違いを理解しておこう

基本的にはカードローンの方を作っておけばいいですが、中には借り入れ自由な点が怖くて、対面の機会を作る為にローンカードの方を優先される方もいらっしゃいます。ゆえにどちらが優れているかというのは、少し論点がずれているかもしれませんね。

だからこそ混同しないように、自分が作りたいのはどちらかはっきりさせておいて、スムーズに申し込みが出来るようになっておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加