カードローンを無駄遣いしない事のメリット

使わないのも有効活用法!?カードローン温存のメリット!

カードローンの使用の有無

カードローンをいざという時の為に作っておいたものの、とりわけすぐに用途があるわけでも無く、使わないまま置いているだけ…そうなっている方いらっしゃいませんか?実際のところアンケートにおいても「作ってはみたけど特に使ってはいない」という方も非常に多く、作成者=利用者の図式にはなっていない事が分かりますね。

そうなると「やっぱり作っておいて使わないと何か問題があるのだろうか」と思われる方もいらっしゃるかと存じます。確かにクレジットカードには使用履歴が無いと年会費が発生する物が多い為、似たような存在に思われがちなカードローンにも不安になる方もいらっしゃるでしょう。
(⇒カードローンとクレジットカードの違い

備えておけるのがカードローン

ですが、とりあえず安心していただきたいのは「カードローンは審査を通過して発行後、使うかどうかはご本人の自由」である事です。カードローンの特徴の一つとして用途自由という物がある為、使わないのも基本的に自由になっているのです。

これはカードローンの大きな強みと魅力であり、フリーローンであれば契約後はそのまま貸し出しが始まり、そして返済を行っていくわけでありますが、カードローンは契約後に融資枠が用意されますが、そこから限度額内ならどれだけ引き出しても、逆に一切手付けずでも構いません。

これはカードローンが数あるローンの中でも生活に密着していると言われている点であり、不要なら引き出さないでおく事で、必要な時まで枠を温存しておけるのです。普段使わないならいざ大きな出費が発生した時にでも、余裕のある枠のおかげで応対、そして月々マイペースに返しながらも余裕が生まれたら任意返済を行う…このような自由な使い道ができるのも、カードローンの人気の一つです。
(⇒任意返済でカードローンを素早く終わらせる

使う時まで使わないのが秘訣

少し身もふたもない言い方をするなら、カードローンは使わないに越した事が無い部分があるのも事実なのです。借り入れるとそれは返済の義務の発生を意味するので、生活の為にも意味の無い借り入れやギャンブルと言った用途での借り入れは行わないのが吉という物です。

浮いた枠は常にいざという時まで使わない、と思うのもカードローンの正しい有意義な使い道の一つです。あなたの生活に必要な場面を見極めておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加