カードローンを厳選して手に入れるメリット

カードローンを絞ってみよう!厳選する事で得られる将来へのメリット

カードローンを複数組むという事

カードローンを組む際に気になるのはやはり各社毎の特徴ですね。金利や限度額と言った基本的な要素の違いから会社独自のサービスまで、例を挙げていけばキリが無く、同時にそれは豊富な選択肢があるという事ですね。
(⇒カードローン各種の提供サービスの違いを理解するメリット

そうなると一枚に絞り切れず、場合によって使い分けた方が良いのではないか、と思う方もいらっしゃると思います。例えば特定の期間なら何度借り入れを行っても無利息のカードと限度額が大きく低金利のカードの二枚持ちならば、ちょっと足りない時は無金利カードを、大きな借り入れが必要な時なら限度額が大きいカード、という風に使い分けるなら、かなり有効なカードローンの運用と言えましょう。

しかし、目移りした結果複数のカードを所持するのはあまり褒められた事とは言えません。おまとめローンといった借り入れの一元化もあるように、複数の会社からの借り入れは金利的にもよろしくありませんし、あまりポンポンと申し込みをしていると、そのうち本命と言えるカードローンが組めなくなるかもしれないのです。

カードローンを絞りたいワケ

カードローンを申し込んでいて、複数の審査に通過すると「自分は信用がある」と思いがちです。確かに信用が無ければ複数のカードローン通過なんていう芸当はできませんし、その分生活にも余裕がある事の裏付けとも言えます。

しかし、申し込みや借り入れの状況はリアルタイムに記録され、それが借り入れ審査の基準として使用されているという事を忘れていてはいけません。複数のカードローンもまた、基準の一つとして参照されているのです。
(⇒借り入れ状況などをリアルタイムで記録する信用機関とは

カードローンの審査基準は各社によって違うので一概に言えませんが、ただカードローンを所持しているだけでも「借り入れと同等」に扱われる場合があり、借り入れがあると当然融資する側としては返済が滞る可能性を考えてしまうので、上限が低くなったり、審査に落とされる事も十分に考えられるのです。

カードローンは必要な物に絞るべし

最初に手に入れたカードローンは実績などの関係もあって自分が望む条件にはなりにくいです。しかしそれを使い続けていれば実績となり、次への足掛かりとなってくれます。その足掛かりをどれだけ少なくするかが、理想のカードローン所持への近道と言えるでしょう。

自分が求めるカードローンをしっかりと見据えておき、余計なカードローンは組まないように意識してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加