カードローンキャッシングの基礎知識

記事一覧

学生でも作れる!?余裕のある学生カードローンの魅力に迫る!

広くなっていくカードローンの門戸

ローンというお金の貸し出しが企業主といった大きく借りて大きく使う人でないと成立しなかった時代は終わり、今では一般の方にまでローンの受け付けを行っています。そのローンの普及の背景にカードローンが存在しているのは周知の事実で、便利さと手軽さがあって、さらに金融業界は成長したと言えましょう。
(⇒昔のローンがカードローンに変わるまで

そして単純にカードローン所持者が増えたのは、作った後の利便性だけではありません。作る前、審査基準の緩和により、本来持てるとは思えない方々にまで、申し込みの機会を広げていった結果と言えるでしょう。

学生カードローンという物はご存知ですか?学生という単語が付くだけで現実味が薄れそうなのですが、クレジットカードが学生でも持てるように、カードローンも学生であっても作れるようになったのです。もちろん条件はありますが、よりカードローンの幅が広まったのは間違いない事ですね。

学生カードローンを組むには

まずは保証人を用意する事が大事です。学生という事なので保護者の方が主に適しているでしょうし、それにカードローンを組むなら、学生であれば必ず親に相談しておきたいところです。

そして一つ注意したいのは、借り入れ限度額はあまり増やせないという事です。アルバイトの方ならまだしも学生ともなると収入が安定せず、こればかりは仕方がない事として、緊急時の現金補填用として割り切った方がいいかもしれません。
(⇒アルバイトでもカードローンを作るなら

こうして見ると学生でも作れるという点以外メリットが少なさそうですが、もちろん学生カードローンならではの利点もあります。それは最低返済額が少ない事です。

カードローンの返済はリボルビング払い形式が設定されている事が多く、それゆえに月ごとにおける最低限の返済額が定められているのですが、学生カードローンだとその返済額がさらに少なく設定されているため、もしご自身がアルバイトにて返済を行っていた場合、どうしてもテストなどでアルバイトに出られる日数が減る事があります。そんな時に最低返済額が少ないと余裕をもった返済が出来、大きな負担にならずに学生時代を支えてくれるでしょう。

学生という立場も時には有効活用しよう

このように、学生時代でしか受けられない恩恵というのが、カードローンには存在しています。学生のうちからローンを多用するのは少々考え物ですが、急な用入りが発生するのには学生も社会人も関係ありませんし、それに備えるのに学生カードローンは有効な手段となってくれるでしょう。

学生という立場には思いのほか優待が付きものです。カードローンを組むなら、その優待を利用してみましょう。

転職前に再確認!カードローンを今作っておきたい三つの理由!

転職前に出来る事

不況の世の中ですと、望む望まないを置いておいても転職の機会というのは非常に多く存在しております。生きている限りは何らかの仕事をしないといけませんし、転職は慎重に、同時に大胆に行って、より豊かな生活を目指したいところです。

そして仕事が変わるという事は、あなたを取り巻く環境を大幅に変える事です。特に給与面においては、新しい仕事に向かえば当然新人という立場上、現在より多くなる事よりも少なくなる事が十分に考えられます。

そうなる前にしておきたい事はたくさんありますが、今回はカードローンの申し込みに注目してみましょう。借り入れは別に必要じゃない、という方もいらっしゃるでしょうが、転職前に行っておくべき事の一つとして注目して見てみましょう。

転職前にカードローンが欲しい理由

まず転職を行うという事は少なからず金銭面、生活費といった基本的な支出にも影響を与える場合があります。現在を節制して余裕のある家庭を運営していたならまだしも、やはり不況の昨今、様々な支払いなどで生活が圧迫される恐れは十分にあります。一度契約しておけば自由に借り入れが行えるのがカードローンの魅力です。十分な準備は怠らないようにしましょう。

次に『カードローンの審査は今現在の立場を重要視する』という点です。例えば今現在のお仕事が一部上場といった企業のお仕事であったならば、審査においてはかなりの有利が働くといっていいでしょう。そして次のお仕事が今よりもマイナーなお仕事だった場合、今審査を受けておく事は非常に大事と言えます。そうでなくとも勤務年数が浅いうちに申し込むのはリスキーと言えるでしょう。

最後にお伝えしたいのは『カードローンの枠も今現在の立場が関係する』という事です。これは審査でも同様ですが、借入枠を増やして金利を低く設定してもらうなら、金銭的な余裕がある立場で無いと少々難しくなってくるのです。となれば審査と同じく現在のうちに用意しておくに越した事は無くなり、お仕事が変わってお金の用入りが発生した場合、低金利で借りれる事は重要な意味合いを持つと言っていいでしょう。

迷う時間があれば申し込んでおく

このように、カードローンを転職前に用意しておく事は、その後の生活を支える源にもなる重要な要素と言って差し支えありません。確かにローンと聞くとまだ良い印象があるとは言えませんが、年会費などがかからないカードローンの場合、極端な話で言えば「使わなければ何のデメリットも無い」のが事実なのです。
(⇒カードローンの年会費に注目!

備えあれば憂いなし、それは生活に関わる事ならより一層です。少しでも優れた条件のカードローンを用意しておき、転職後の新たなスタートを安心して切りましょう!

どっちがお得!?カードローンとキャッシングの違いとは!

キャッシングとカードローン

クレジットカードとカードローンの違いについては比較的早く理解がいくと思いますが、カードローンとキャッシングの違いについては未だに多くの方が違いに気付けず、さらに線引きですら曖昧なのが現実です。

そうなると各々で違いを見つけて使い分けるのが賢い方法ですが、先に違いを理解しておかないと、どちらかを使い続けて「やっぱりこっちが良かった」と後悔する事も考えられます。

そこでクレジットカードとキャッシングの違いについて簡潔にまとめました。どちらかを利用したいと思われている方、是非ご覧ください。
(⇒キャッシングの基本要項

カードローンとクレジットカードを使い分けるには

もしもあなたがある程度の大きな金額の借り入れを検討しているなら、カードローンを素直に組むのが一番です。特に銀行系のカードローンを組めれば低金利もあって、長期的な返済の負担も大幅に緩和してくれるでしょう。
(⇒低金利が魅力の銀行系カードローン

カードローンは借り入れ専門のカードの為、現金を借り入れるなら当然特化しているカードローンの方が優れている場面が多いのです。金利や返済額の融通など大幅に有利ですので、借り入れが先ならまずはカードローンを組みましょう。

対してキャッシングは、カードローンに比べて金利が高めで枠もそこまで拡張出来ない事もあって、借り入れメインや長期的な返済計画を練り込むには少々荷が重いと言わざるを得ません。

しかし、クレジットカードに付帯しているという点は優秀で、普段の買い物をメインにしつつ、どうしても現金ではないといけない場面でのみ使う、という用途なら、キャッシングでも十分対応可能でしょう。ある程度の枠が用意出来たのなら、カードローンの役目もある程度はこなせるでしょう。ただ、支払いなどを考えると心許ないのが事実です。借り入れの機会が増えるようならカードローンの併用も視野に入れましょう。

借り入れならやはりカードローン

このように、カードローンは借り入れに特化しており、クレジットカードは買い物がメインとなるアイテムです。双方とも役目を兼任する事は出来ても物足りない部分は多いので、余裕さえあれば双方とも作っておけばより対応できる状況は増えるでしょう。

カードという媒体は便利ですが、役割もきちんとあります。それを踏まえたカード作りを意識してみましょう。

あなたは知ってた?限度額と金利の変動が一緒になっている理由!

カードローンにおける重要な項目

カードローンを作ろうと思ったらまずは各社の条件を見比べる方が多いですよね。最近では各項目毎に会社の基準を見比べたサイトもありますし、インターネットがあれば比較検討も便利ですよね。
(⇒比較型ランキングサイトを参考にする

その中でやはり見るのは限度額と金利ですよね。二つとも実際利用するにあたって大きなウェイトを占めており、この項目だけで決められている方も少なからずいらっしゃるでしょう。そして限度額と金利を見比べていて、不思議に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

それは限度額が高ければ高いほど金利が安くなっていく法則ですね。限度額が高いという事は当然収入にも余裕がある方となり、限度額が低い場合がその逆だとしたら、限度額が低い方からたくさん金利を取るというのは、初めてカードローン作りをされる方には不可解だと思います。しかし実際事情を知ると、納得の理由がありました。

限度額と金利の関係

カードローンというビジネスは、借り入れ額が大きいほど相対して金利から得られる利益が増える為、限度額が低く少額しか借り入れられないなら、金利が高めでも会社としてはあまり利益になっていないのです。ゆえに限度額が低いのに金利が高くなってしまった…というのは、会社側からしてもそれが限界という事なのです。アルバイトでも作れるカードローンだと金利も上限まで達する事が多いので注意ですね。
(⇒アルバイトでもカードローンを組むには

限度額が高いなら金利も何故安くするのか。それは限度額を引き上げる事で、一度にたくさん借りてもらう為に金利を引き下げているのです。いくら限度額が多くても金利が高いなら、誰もたくさん借りるなんて事はしませんよね。

そして先にご説明した通り、金利が安くとも多額の借り入れをしてもらえば企業側は大きな収益になるので、金利を引き下げて借りやすい状態にしておくという事なんですね。金銭的に余裕があれば大きな買い物が増えるのも道理で、限度額を大きく引き上げるローン会社側も理に沿っていると言えるでしょう。

二つの関係は常に密接している

このように、金利を引き下げたいなら限度額を上げないといけませんし、限度額を引き上げるには仕事や信頼が大事となります。この事から分かるように、一日でどうこうなるものではありませんので、限度額を満額まで欲しいなら、一度は借り入れと完済しておくのも必要かもしれません。
(⇒限度額を引き上げる為にしなくてはならない事

大きなお金が必要になってから焦っても遅いので、普段からカードローンに関して有利になるように、お金周りはしっかりと管理しておきましょう。

アルバイトでも作れるって本当?カードローンを作れる基準を見直す!

カードローンは職業に左右されるのか

カードローンも銀行融資と同じで、やはり今現在のご職業によって発行しやすさが変わってきます。昔から安定しているという職業においては向こうから声がかかる事も多いくらいで、そうしたご職業なら自分から申し込めば、審査を通過しやすいだけでなくて、限度額も最高が十分に狙えるでしょう。
(⇒審査に有利な職業とは

だからと言って、職業によって完全に借りられないという事は一概に言えません。カードローンを作るならより良い条件で作る事が好ましいですが、急いでいる時にはそうも言ってられないし、早めに一枚作っておいてしっかり返済しておく事で、信用を得ておいて条件を良くしてもらうのも選択肢として挙がります。
(⇒きっちり返済を行って信用を得よう

特にアルバイトといった立場だと不況である都合上最高条件でカードローンを組むのは難しいですが、作るだけであるなら方法はちゃんとあります

条件を満たしてカードローンを作る

主に申し込みサイトなどで「アルバイト、主婦の方でも申し込み可能!」と掲げられている会社は文字通り申し込みが可能ですが、他にも特定の条件を満たす事で職業に限らず借り入れが可能になったり、審査に有利になったりします。

それはカードローンを発行している会社に注目してみましょう。例えばショッピングサイトと並行してローン業務も行っている会社の場合、そこのショッピングサイトで使える会員アカウントも登録している場合、上記のような優待を受けられる可能性があります。

さらにそうした会員優待をしている場合、申し込みフォームの記入が楽になったりしますし、キャンペーンなどを行っていれば、会員向けのポイントがサービスとして受けられる可能性もあります。カードローンだけでなくそちらも気になっているなら、いい機会という事で登録を一緒に済ませておくのも合理的でいいですね。
(⇒キャンペーンを利用した申し込み

簡単に諦めず、条件を再確認

このように、確かに仕事によって有利不利こそあれど、作る事は出来るのが分かりますね。アルバイトでも可能とはいえ公務員などと比べれば限度額を大幅に引き上げるのは難しいですが、それでもいざと言う時の選択肢が増えるのは嬉しいですね。無理の無い範囲で借りて返せばそのうち条件変更も可能となるでしょう

ご自分の仕事のせいで、申し込む前に諦めていませんか?今回お教えした点も踏まえ、カードローン作りに新たな選択基準を設けてみて下さい。

銀行と消費者金融だけじゃない!信販系を選択するメリットについて

第三の選択肢

カードローンと言えば皆さんはどこの会社の物を想像しますか?低金利が魅力的な銀行カードローンスピーディな審査と様々なキャンペーンが持ち味の消費者金融の二つが主に選択肢に入ると思います。

二つとも独自のメリットがあるので互いに成り立っており、この二つからご自分の都合に合わせて選ぶのが基本となります。ですが、この二つがあまりに有名で大きい為に忘れがちなのですが、第三の選択肢とも言える存在がある事はご存知ですか?

それは信販系と呼ばれるカードローンです。恐らく多くの方が銀行カードローンや消費者金融に比べて「?」となっている事でしょう。事実、調べてみないとこの信販系カードローンは分かりにくい部分が多いと言えます。
(⇒信販系カードローンの詳しい説明を見る

信販系を間違えないようにする

詳しいご説明に関しては別項にて記載しておりますが、まず大きな特徴としてはクレジットカード機能を持ち合わせており、金利などの条件が銀行と消費者金融の中間とも言える位置付けになっているのです。

この特徴を見てお分かりになると思いますが、良く言えばバラエティーに富んでいる、悪く言えばどっちつかずとも言えるカードになるのです。カードローンとクレジットカードの違いからも分かる通り、この二つは出来れば両方持つようにして、買い物ならクレジットカード、現金が必要な場面ならカードローンというように、使い分けるのがお得への近道となります。

双方の役目を備えているとも言える信販系カードローンは便利な反面、どちらかに用途が偏ってしまうとどうしてももうちょっとな部分が出てきてしまうんですね。ただ、消費者金融よりもローンなら低金利、クレジットカードよりも現金の借り入れなら有利といった特徴があります。双方で中途半端な条件に収まってしまうようなら、こちらを一枚持つ方がスマートに収まる事があるでしょう。

長い目で見るなら一長一短

カードローンを作る際にはやはり長い期間で見て低金利で上限額が多い物が望ましい為、信販系に関しては少々乗り気になれない部分も多いですが、役目の集約という点では捨てがたい役目を得られるのも事実です。複数のカードを好まないなら長く使ってもいいですが、省ける手間にどれだけ価値を感じるかで、信販系カードの価値は大きく変わるでしょう。

このように、第三の選択肢として信販系は魅力は十分にあります。カードローンに付加価値が多い方が嬉しい方は考えてみるのもいいでしょう。

返済日は覚えてる?当然の事を守る事の大切さを再確認!

カードローンにおいて守るべき事

カードローンはお金の借り入れ方法としてはあらゆる面で優れていると言ってよく、昔に比べてあらゆる面で便利になりました。特にいつでも借り入れ自由なのが非常に便利で、緊急の用入りでも、いざという時に備えるのにも非常に便利ですね。
(⇒ローン方法の昔と今

しかし、その便利さはルールを守る事を前提として作られた物です。そもそもカードローンが無担保で借りられるのはクレジットカードのような信用払いに近い面もあり、それゆえにルールの厳守は義務とも言えるでしょう。義務というと大仰な響きですが、規約を読めばわかる通り、どれも当たり前の事が多いでしょう。
(⇒カードローンとクレジットカードの違い

そして私たちがカードローンを使うにあたって最優先で守るべきルールが、返済期限を守る事です。カードローンには主にリボルビング払いが設定されている事が多く、毎月決まった金額以上を払えばいいし、決まった金額は口座引き落としになっているのが常なので、お金を入れておけばいいのですが、中にはうっかりとはいえ、期限を破ってしまわれる方もいらっしゃいます。

期限を守らない事のデメリット

支払い期限を守るのはお金の借り入れとして当然なのですが、それを破るという事は当然のルールも守れないという事で、当然デメリットはあります。

まず、カードローンを作るのにも使うのにも必要な信用を損なうという事が第一に響きます。そうした期限遅れは信用機関にも記録され、今後カードローンを組む際に大幅に不利になります。むしろ一度でも破ってしまえば、向こう数年は作れないと考えておいていいでしょう。

次にそのカード自体が使用停止になる事も考えられます。前もって遅れる事を連絡しておき、次に指定した日に入金すれば使用停止になる可能性が若干下がる事はありますが、一度とはいえ破る事は利用停止になってもおかしくはありません。それに利用停止になっても支払い義務は残りますので、完済したとしても、次に借りれるのはかなり先になる事でしょう。

当たり前の事をすれば問題無し

こうやって聞くとお金を借りるという事が重大で怖い事と思われがちですが、一度で完済するのは難しくとも、月々の固定額を払うのはそこまで難しい事ではありませんし、事故も無く完済すればそれは信用に繋がる為、今後のローンにおいて優待を受けられる可能性も増えてきます。当然のことの積み重ねがより豊かな生活に繋がるのでしたら、そこまで難しい事はありませんね。

支払い忘れを防止する方法を自分なりに考えておき、期限は毎月しっかり把握しておくようにしておきましょう。

あなたの資金をサポート!事業者が作りたいカードローンとは

事業者に必要な物

事業を行うにあたり必要な物と言えば、皆さんが真っ先に思い浮かべるのはなんですか?知識や経験など仕事には様々な要素が必要ですが、どんな方でも、そしてどんな業種でも必要な物があります。

それはやはり資金ですね。お金というのは不足して困る事はあれど、たくさんあって困る物ではありませんね。特に事業をされている方なら用入りは非常に多く、最初から潤沢な資金を備えている事が望ましいですね。

しかしながら、最初から余裕があってそのまま上手くいくというのは稀だと思った方がいいでしょう。中にはそうやって上手くいく事もありますが、商売において過度の楽観は身を滅ぼす事になるというのは、不況の最中では誰もがご存じの事だと存じます。

なのでお金の借り入れに頼る事が多くなるのは必然でもありますね。そこで事業の借り入れと言えば銀行からの証書貸付が今でも比較的多いですが、どちらかと言えば一般の方向けと言えるカードローンにも事業主向けの物があるのはご存知ですか?

事業者向けのカードローンを使う

事業者向けカードローンというのは、文字通りカードローンの便利さを併せ持った事業用の資金枠を用意してくれるサービスです。さすがに業界大手クラスの借り入れには届かないかもしれませんが、中小企業ならば十分な支えとなる枠が魅力です。金利は一般の下限値に比べてやや高い印象ですが、かといって大きな負担にはならない値なので十分ですね。

さらにカードローンらしく保証人や担保が必要無いのもカードローンの手軽さを残しているようで非常に使いやすいですね。ですが、法人においては代表者の方に連帯保証が発生します。その点だけは理解して作るようにしましょう。

そしてあまり無いと思いますが、事業向けとだけあって一般の方が作るのには当然向きません。収入や立場などによっては作る事も可能かもしれませんが、普段使いには多すぎる限度額に加えて、一般向けの中でも気持ち高めの金利は、日常生活における機動性には少々欠けると言わざるを得ません。設備投資と言った資金調達にはその性能が活かされますので、自分用に作りたいなら銀行のカードローン辺りを目指してみるといいでしょう。
(⇒銀行のカードローンから作りたい理由

安心の性能で安心の事業運営

事業を行う際に借り入れが無い状態というのは理想的ですが、現実問題として借り入れが一切無い会社というのは少ないと思っていただいて構いません。そうなるとその借り入れをいかにしてリスクを下げ、同時に必要な時に引き出せるかがポイントですよね。事業者向けのカードローンは便利さを低リスクを備えた存在ですので、事業をされている方は是非作成を検討してみて下さい。

新しく事業を興すには辛い時代と言わざるを得ませんが、カードローンはその手助けをしてくれます。余裕のある事業主さんにも是非備えておいて欲しい一枚ですね。

有担保カードローンを使う前に知っておきたい、無担保との違いとは?

カードローンの無担保と有担保

カードローンは基本的に無担保のお金の借り入れを指します。今まで借り入れと言えば銀行の証書貸付がメインで有担保が基本でしたが、担保不要の信用貸付のカードローンは敷居も下がってきているので、より消費者に近いローンと言えます。

しかし証書貸付の有担保の方が大きな枠を用意しやすいように、カードローンにもかつての証書貸付のような担保が必要な物が用意されてきています。それでいて消費者に使いやすいようにカードとしての体裁を保っている物はどんな特徴があるのでしょうか?

有担保でカードローンの特徴

有担保カードローンの最大の特徴は、住宅といった大きな買い物などに使う、それこそ証書貸付のような使い道に対応する為のカードローンです。通常の無担保カードローンは手軽さゆえに生活費などの急な出費の補填が主な用途でしたが、有担保カードローンはまさに無担保カードローンの『手軽に使える分大きな買い物には物足りない』部分を埋めるカードローンと言えましょう。

反面で文字通り担保が必要となり、特に住宅カードローンと呼ばれる物になると、家を担保に入れる事に加えて生命保険がセットになっている場合があります。ローンが払いきれない場合は家が担保となるように、万が一支払う方が無くなった場合は保険によって支払いが免除されるようなシステムとなっています。二重の保険が用意されているのも証書貸し付けに酷似しています。

そこまでするだけあって、上限額は無担保に比べて大幅に増加しており、金利も大幅に下げられています。この点は無担保では不可能なレベルで設定されているため、住宅という人生において上位とも言える大きな買い物を大幅にサポートしてくれるでしょう。そしてそれほど大きな買い物であるにも関わらず、カードローンという形態を保っているのも特徴です。返済終了後、余裕があれば再度使う際に面倒が少ないのも魅力でしょう。

無担保と有担保の違い

担保を用意するというのは住宅や証券などを求められる事もあり、借りるにはそれなりの準備が必要ですが、その分大きな買い物にはより役立つ特徴が多くあります。担保なしというのは手軽になる代わりに貸付側のリスクも考慮した上限設定ですので、もしも複数のカードローンを組めるなら、双方を用意しておく事も将来の備えになるでしょう。
(⇒複数のカードローンを作るなら

カードローンの使い分けには慣れと知識が必要となりますが、使い分けを判断できるようになれば非常に便利な物に変わります。他の記事も参照していただき、是非カードローンの特徴を掴んでおいてください。

もう引き落としは安心!自動融資で使わないカードローンをフル活用!

引き落としは万全に

皆さんは公共料金の支払いはどの方法で支払ってますか?コンビニエンスストアなどで専用の振込用紙にてお支払されている方も散見されますが、やはり一番多いのは口座引き落としですね。

お金を入れておくだけで毎月自動的に引かれるので払い忘れが起きにくいし、カードローンの支払いでもお馴染みのネットバンクを使えばポイントに変えられるのが便利ですよね。
(⇒ネットバンクでお得なカードローンの支払い方法

ですが、自動引き落としには欠点もありまして、例えば複数の引き落としを一つの口座で管理している場合、引き落とし金額が大きくなると、お金が手元にあっても残高不足になる事がありますね。口座は随時確認しておくべきなのですが、そもそもお忙しい方向けとも言える口座引き落としなので、確認漏れが出てきてしまう事も十分に考えられるでしょう。

引き落としというのは例え一円でも足りないと完遂できませんので、毎月ギリギリでやりくりされていると、計算ミスも起きがちです。そんな時にカードローンが役に立つのはご存じでしたか?

自動融資で確実な引き落としを

カードローンのオプションの中に、自動融資というシステムがあります。これは特定の口座から公共料金などを引き落とす場合、不足分が発生した際にそのカードローンから足りない分だけを自動的に融資してくれるシステムです。

これを設定するにはカードローンを作ってさらに特定の口座などの条件が必要な場合がありますが、毎月口座引き落としをしている場合にうっかりミスを無くしてくれる便利な機能であり、引き落としのミスは電気やガスといった機能をストップさせたり、さらには信用にも関わってきますので、それらを未然に防いでくれるという事はかなり大きな意味合いを持ちます。一枚は備えておきたいカードローンの役目としては、非常に有意義な機能といえるでしょう。

一つ注意点を挙げるとするなら、この自動融資は一度設定すると常に有効状態となりますので、不足分が発生したら融資が毎回発生する事です。いざという時の備えとしては優秀ですが、事情があって不要になった場合はきちんと無効に設定しなおす事が必要となります。その点だけは忘れないようにしましょう。

自動融資は出来れば設定しておこう

常に自動融資が有効になると聞くと少々不安に思ったりするかもしれませんが、むしろそのカードローンを普段使わないようなら、本当にいざという時にだけ自動的に機能する物になります。カードローンを普段使いしない方向けの機能でありますので、もしも使い道が特に無い状態であれば、まさかの為に即時に対応してもらう為に設定しておけばいいでしょう。インターネットがあれば設定切り替えも楽にできます。
(⇒専用サイトで楽々操作する

使わない方にこそ有効と言える自動融資です。眠っているカードローンの活用法としても是非ご検討下さい。

<1 2 3 4 >