カードローンキャッシングの基礎知識

記事一覧

カードローンを家族で使うには!便利だからこそ知っておきたい心がけ

家族の為にローンを組むなら

カードローンは一人暮らしなど、頼れる相手が近くに居ない時でも役立つ場面は多いですが、お金が色々と用入りになるのは、やはりお子さんを抱えたご家族からと言ってもいいでしょう。学費や病気、あるいは家族サービスなど、急な物から計画的な物まで、出費は数え切れません。

最近は主婦の方でもカードローンに申し込める為、中にはご家族単位での出費で使う為に、家族全員でカードローンを検討する事があるでしょう。一度作れば借り入れが自由に行えるので、急な出費に備える意味では証書貸付などよりもスピーディに借り入れが可能なので、もしもに備える意味でも万全ですね。

共有する為に

しかし、一度作れば借り入れが容易な分、必要な事が出てきます。それは家族の為に使う物である以上、ご家族の全員が共通の意識を持って、家族の借り入れを共有する事です。

例えば子供が怪我をして入院する場合、急な場合で借り入れざるを得ないなら、それはもちろん必要な出費と言えます。しかし、例えば誰かが必要でない物…趣味などに使う物に多くの借り入れを勝手に行えば、どうなるでしょうか?

お金の借り入れというのはあくまで借りているという認識を家族全員が持ち、そして家族で返していくという心がけが必要です。そうなれば誰かの我がままで借り入れをしてしまった場合、本当に家族で返していく事に疑問を持たないでしょうか?

昔から家族間でもお金のやり取りは慎重に行うべきと言われていますが、誰かが勝手な借り入れを行って、それが元で諍いに発展する事も珍しくありません。それを未然に防ぐ為にはカードローンは家族の為であり、必要不可欠な出費に充てるの必要とされているのです。

従って借り入れ前は家族会議…はやり過ぎかもしれませんが、せめてカードを作った名義人の方を含めた年長者、保護者などが話しておき、返済プランに関しても月々どれくらいでどれだけかかるか、大雑把でもいいので余裕のある返済計画を想定しておきましょう。利息の計算に関しては近頃はメール対応してくれるローン会社も多いので、気になった事は全て聞いておきましょう。

家族一丸でローンを賢く使う

少々大げさに聞こえるかもしれませんが、これを徹底するだけでも借り入れ事故の防止に繋がりますし、要は声掛けの類の物ですので難しい事はありません。普段から会話を行っている家族なら自然に馴染む事でしょう。

お金の問題は慎重に行うべきですが、家族全員が協力すれば難しい事はそこまでありません。普段の何気ない会話からコミュニケーションを取っておき、必要な事を隠さない家庭環境を作っておきましょう。

カードローンの更新はどうするの?更新される為に心がけるポイント!

契約期間の有無

カードローンは一種の契約を貸し出し側と結び、その上で融資を受ける事を指します。証書貸付などであれば担保を元に契約を行い、借り入れの都度返済までの契約を結ぶものですが、一度契約すれあば出し入れ自由なカードローンは少々異なる特徴があります。

簡単に言うなれば、どちらかと言えばクレジットカードの契約と似ていると言えば分かりやすいでしょう。無担保の信用貸付はクレジットカードの仕様に通ずる部分も多く、実際のところ、キャッシングなどを付けたクレジットカードはしばしばカードローンとの違いが疑問視されています。
(⇒カードローンのクレジットカードの違い

カードローンにも存在する契約期間

では、そんなクレジットカードにも似たカードローンの契約期間とはどうなっているのか?それはクレジットカードに同じく使用期限が設けられており、更新といった内容も同じとなっています。

カードローンは期限が過ぎたカードは使えなくなり、同時に更新されたカードが送付されてきます。この更新は原則問題が無ければ自動更新となり、また新たに期限が延長されたカードが送られてきます。更新したい場合でも面倒な手続きはありませんので、その点に関してはご安心下さい。

ただ、自動更新だからといって漫然と更新が履行されるわけではありません。更新は契約の見直しも兼ねており、その際に条件が変わる事もあるのです。

カードローンにおいては支払日を守る事が大事であり、例えどんな事情があっても期限を過ぎれば事故として扱われ、信用機関に記録される事になります。そうなれば契約内容の見直しとして限度額が下げられたり、それに伴って金利が上がるなどありますが、最悪更新自体が見送りとなり、その時点でカードローンが無効になる事があります。

見送りになったとしても支払いが残っていれば当然払う事になります。そうなると今後のカードローン作成に重大な悪影響を及ぼしますので、そうならないように常日頃から注意しておきましょう。

普通に使う事を第一に

後半は少々物々しい話に見えるかもしれませんが、普通通りに使って返していればまず更新見送りにはなりませんので、普通の使い方をしていれば問題ありませんね。当然の事を守れないから契約不履行となるだけの話ですので、特別身構える事は無いでしょう。

カードローン、それも良い条件のカードとなれば末永く付き合う事が望ましいです。なのでついうっかりで更新見送りにならないように、支払日が近づいて来たら確認を怠らないようにしておきましょう。

確認は忘れずに!利用明細から分かるカードローンのプラン

カードローンにも振り返る事は必要

一時期蔓延していたグレーゾーン金利から打って変わり、現代のスタンダードとも言えるカードローンは制定された決まりの元、貸出から返済まで厳格な管理が行われています。

払い過ぎに対する注意はいつの時代でも喚起されていますが、上記のようにローン周りの決まりが厳格化してきた今では過払いの発生は稀となっていると言っていいでしょう。それゆえに借りて返す事に注力していけますね。

しかし、だからといって自分の借り入れ状況の把握を怠っていい理由にはなりません。どんな時代であれお金にまつわる事でいい加減なままで許されるはずはありませんし、普段からしっかりしておかないと思わぬ場所で足をすくわれる事になりかねません。

自分の履歴を知るには

そこで確認しておきたいのが利用明細の存在です。これにはあなたの借り入れと支払いの状況が記載されており、ローンに関するあなたのライフログとも言える存在です。

一見して「利用明細を確認するのは当たり前では?」と思われますが、カードローンの利用明細に関しては毎月ご丁寧に送られてくる場所は少なく、基本的に請求制となっていると思っていいでしょう。これにはやはり明細にかかる費用、紙代をカットするのが主目的となっています。だからこそ、昔に比べて金利手数料をカット出来ているのでしょうね。

さてこの利用明細の確認の意味ですが、念のための過払い確認であると同時に、あなたの今後の支払いペースを考えるのにも重要な役割があります。というのも残金も記載されているので月々の支払いで割ってみると分かりやすく計算できるし、そこに任意返済分を組み込めればさらに目標を明確化する事ができます。
(⇒カードローンを早く終わらせるなら任意返済を利用しよう

利用明細は頼めば送ってもらえますが、インターネット関連が充実している企業のカードローンなら専用サイトに向かう事により、電子明細としてサイト内で自分の利用状況を確認する事が可能です。さらに増額といった操作も備えている事がありますので、インターネット環境をお持ちの方なら是非利用してみて下さい。
(⇒ネットを利用してカードローンを操作

今を見て未来を決める

カードローンを月々の引き落としに任せて、さらにそのまま利用明細も見ないままだといつ終わるのか全く分からなくなってしまい、そうなるとふとした瞬間に不安になるものです。逆に把握しておけば「後○か月で終わるぞ!」とモチベーションも維持できるし、任意返済を利用しての実績も分かれば減っていくのに充実感も感じられます。

利用履歴から得られる情報は自分の事とはいえ、想像以上に役立つ情報が満載です。これを機に普段ご確認されない方は、一度見てみる事を強く推奨いたします。

まずは知りたい二つのカードローン!銀行と消費者金融の違いを学ぶ

借り入れ先は銀行だけでは無い

昔の融資と言えば銀行のみの業務と言えましたが、無担保ローンが普及し出してからは一概に言えず、様々な企業が金融業としてローン会社を立ち上げています。
(⇒昔と今の融資方法の違い

無担保ローンと言えばカードローンが今現在のスタンダードです。ゆえに古くから金融業に携わっていた銀行も当然カードローンを始め、テレビなどで良く聞く金融会社、所謂消費者金融もカードローンに移行しています。

ローンを組むにあたり大体はこの二つに分かれていますが、その違いとは何なのか?今回は基礎となる点についてご説明いたします。

借り入れと言えば銀行

銀行と言えば借り入れ先として名高く、カードローンが主流となってもそれは変わりません。むしろカードローンが一般に広く使われ出すに従い、より存在感を増したと言えます。

銀行系カードローンは借り入れ先が同じく銀行である為、審査も厳しく時間もかかりがちですが、それに見合った金利とサービスが用意されています。出来る事ならまずは銀行系のカードローンから始め、そして末永く付き合う事がカードローンの効率の良い運用と言えるかもしれません。
(⇒カードローンを最初に銀行で作りたいワケ

消費者金融も負けていない点

それに対して消費者金融というのは、つまるところ一般企業という位置づけも当てはまります。それゆえに銀行に比べて金利と言った根幹部分が劣る特徴もありますが、何もネガティブな点だけでは、それこそ今まで金融業として生き残っていません。

消費者金融は審査のスピーディさに見えるとおり、銀行系カードローンとは違った利点を備えています。さらにキャンペーンなども銀行に比べて活発に行っているので、場合によっては短期間の借り入れなら銀行よりお得な場合も多々あります。
(⇒カードローンはキャンペーンも魅力的

以上の点を加味しての選び方

今回挙げた違いは非常に大まかな点ではありますが、要点を掴んだ物となっています。この事から分かるのは何もどちらか片方が優れているというわけでは無く、場合によって使い分ける事が大事だという事ですね。それに関しては他の記事で詳しく解説させていただいてますが、金利重視の長い目で見た場合は銀行、スピーディーに借りて返しての場合には消費者金融と覚えておきましょう。

他にも信販系もありますが、まずはこの二つを覚えておけば困る事はありませんので、以上の特徴を踏まえたカードローン選びを心がけて下さいね。
(⇒信販系カードローンの特徴とは?

カードローンはここまで来た!申し込みを自動で行える契約機とは!

自動化が進むカードローン

無人機やインターネット上で手続きが完了するカードローン申し込みから分かるように、カードローン業界はどんどん自動化が進んでいます。
(⇒カードローンに使われる無人機の特徴

審査も仮審査に至っては機械による審査が導入されており、今後さらに技術が発展すれば、最後の認可くらいしか人の手が及ぶ部分は無くなるかもしれませんね。それほどこの金融業界は最新の技術が常に投入されており、お金が関わる事へおの技術の発展が望まれている証拠とも言えるでしょう。

そしてその一環として未来を感じさせる技術があります。それは一部の銀行にて導入されている契約機と呼ばれる物です。名前だけで見れば最初に挙げた無人機を想像されるかもしれませんが、実際その存在は無人機にかなり似通った特徴があると言えるでしょう。

ほぼ全ての業務を行える契約機とは

契約機というのは主にそのカードローンを取り扱っている銀行に設置されている事が主です。銀行でカードローンを申し込むなら後日郵送かインターネットからの申し込みかがベターですが、銀行内で自分で操作できて、そして素早く審査出来るのがこの契約機の特徴です。

申し込みが行えるのが基本として、なんとカードの受取まで行ってくれるのも無人機に似ている特徴と言えます。ゆえに急いでいる場合の融資でも対応が早いのが嬉しいですね。銀行で行うという事もあり、困ったら銀行員の方に聞けるのもポイントでしょう。
(⇒急な用入りに対応できるカードローン

さらに驚きなのが、利用限度額の変更も承っている点です。限度額というと基本的に人間でしか変更できないようなデリケートな部分だと思われていましたが、銀行に置かれているだけあってそうした部分も素早く行えるのか、自分の操作でそこまで可能というのは凄いですよね。この機械を見ていると完全自動化も遠くない未来だと感じます。

契約機で手間を減らす

契約機で減らせる手間は銀行側だけでなく、私たち借り入れる側としても余計な気を遣ったりわざわざ記入用紙に書いたりと、そうした手間も解消してくれます。特に限度額変更は本来ならかなりの手間の上で行うものですので、そこまで機械化しているのは驚嘆に値するでしょう。

手間は減っても最終的には人間が認可しているという事を忘れてはいけません。機械相手だからと横柄な事はせず、慎重に審査に挑みましょう。

自由な用途でフル活用!普通のローンとカードローンはここが違う!

用途が決まったローンたち

ローンを組む場面と言えばやはり大きな買い物、そして人生において大きな買い物と言えば、皆さんはどんな物を想像しますか?人によって使う物は様々ですが、やはりマイホームや自動車がその代表格になるのでは無いでしょうか。

そしてそれらの買い物は売り手もローンになるのを分かっているのか、マイホームなら住宅ローン、自動車ならマイカーローンという具合に、用途が決められた独自のローンを持っています。パソコンも一昔前はローンを組んで買うほどの高級品でしたが、今では一部機種を除いて、大抵が一括でも買える値段になってきましたね。

しかしこれらのローンは住宅やマイカーと頭に付く通り、特定の物の購入があって初めて組む事が可能なローンです。当然他の物を買う時に融資を受けられるはずは無く、ここまで大きな買い物じゃないけどお金が必要という場合、このままではどうしようもありません。

用途自由なカードローン

住宅や車のローンは用途が決められたローンとなりますが、最近人気のカードローンはこの用途が自由であるという点に注目です。

通常のローンは組む際に用途を明確にする必要があるのですが、カードローンはそれに関しては不問です。ゆえに作る前から用途を考えておいてもいいし、とりあえず作っておいていざという時に払う…と言った使い道も可能です。極端な話、作っておいても不要ならそのまま使わなくてもいいのです。
(⇒カードローンを使わない有効活用法とは

そして審査を通過すれば用途が自由な融資枠をいつでも使えるようになる為、使い道は非常に多岐に渡ります。子供が急に怪我をして治療費に充てるといった用途や間もなく給料日だけど現金が全くないという場合においては、あなたの生活をそっと支えるパートナーとなってくれるでしょう。

但し、用途自由だからといってギャンブルといった行為や他の借り入れ返済の為に使うといった方法では意味がありませんし、むしろ場合によっては状況を悪化させる事もあります。あくまで必要なお金を借り入れるという意識がある事前提で、カードローンの融資は成り立っているのです。
(⇒借り入れを返す為の借り入れに注意

限定されない用途を使いこなそう

ローンというのは使い道が限定されればされるほど金利なども優待されますが、やはり世の中の多くの方が必要としているのは用途が自由なお金ですし、それを用意してくれるカードローンが金融業界で主力となるのは、ある意味必然の流れとも言えるでしょう。

それゆえに金利や限度額といった要素で縛りがあるのがカードローンです。その点も踏まえた自由の意味を考え、無駄遣いだけは控えたいですね。

総量規制を意識しよう!いざと言う時に慌てない為の対応法を伝授!

まさかの時の総量規制

皆さんはお金の融資の際にかかる総量規制という物をご存じですか?これは知らないと万が一に足を引っ張る事がある決まりで、借り入れを検討されている方ならしっかりと知って置いてもらいたい知識です。

内容に関してですが、簡単にまとめるなら「借り入れを行うなら年収の三分の一まで」というものであり、それ以上となると借り入れも不可能になり、申し込みをしても無駄な状態となります。年収の三分の一となると個人差こそあれかなりの額となるので、総量規制の存在に気付かないままの方も多いかもしれませんね。

とは言え大きな出費が重なり過ぎた場合などではその万が一が起こり得る事もありますので、決して他人事とは思わずに年収と借り入れの把握は常に行っておかないといけません。年収も借り入れも把握出来ていればカードローンも効率的に運用できますので、まずはこれを心がける事から初めてみましょう。

総量規制対策方法

総量規制は分かるけどどうしてもお金が必要!という場合は十分に考えられます。消費が低迷して給与の余裕が無くなった時代においては、高い出費に事前の用意が間に合わない事もあるでしょう。

そこで注目なのが銀行のカードローンです。銀行のカードローンと言えばメリットの強みが魅力でありますが、総量規制対策も可能という側面も持ち合わせているのです。
(⇒銀行のカードローンの特徴

銀行のカードローンが総量規制対策になるのはひとえに『銀行の融資は総量規制の対象外』となるからなのです。一言で表すと重みに欠けるようにも思われますが、それがいざと言う時にどれだけ強いか、借り入れに思い悩んでいる方には良くお分かりになられると思います。

さらに銀行は基本的に低金利といった分かりやすいメリットも備えており、長く使いたいカードローンとしてはうってつけの存在です。いざと言う時に備える為にも、予め作って置いて損の無い一枚となってくれるでしょう。

一つの注意点としては、銀行の名前を冠しているいるものの発行は別会社、というカードローンがある事です。この場合は総量規制の対象内となる事もありますので、事前にしっかりと説明や規約を読んでおきましょう。

総量規制に引っ掛からない為にも

銀行はいざと言う時の総量規制にも強いですが、総量規制に引っ掛からないような余裕をもつ事も、カードローンを利用していく中で意識しておきたい項目です。無理して思い悩むくらいならカードローンを頼る事も考えた方がいいですが、普段使いで借り入れを増やすのはほどほどにしておきましょう。
(⇒借り入れ自由の注意点

総量規制に引っ掛からないのも対策をするのもまずは自分自身の周囲の把握です。お金に関する事にはシビアに見ていきましょう。

こんな時はどっちがいいの?クレジットとカードローンの使い方解説!

私たちの生活に密着したカードたち

カードというのは私たちの生活における要素を非常にシンプルに形にした物であると言えます。中でもお金に関わるカードは特に重要な役割を持つ物が多く、そして重用されると言えます。

お金に関わるカードは人によって真っ先に思い浮かぶ物は違いますが、中でも存在感が強いのはクレジットカードにカードローンですね。この二つは互いに審査が必要で作るまでにある程度の手間が必要ですが、ゆえに作った後は非常に便利な存在となり、あなたの生活を支えてくれる事でしょう。

これからカードが欲しいと思い立った場合、今までカードを作った事の無い方はどっちがどっちか少し悩まれる事もあるかと存じます。そこでこの二つの違いを簡単にご説明しますので、自分の用途に合わせて作りたい方をしっかり確認しておきましょう。

現金を借り入れられるカードローン

クレジットカードが支払いにおいて広まってきましたが、日本では現金が必要となる場面がまだまだ多く、クレジットカードの頼りきりだとここ一番で払えない事もあります。特に現金が必要なケースが多い方は、クレジットカードよりもカードローンを用意しておいた方がいいでしょう。

カードローンは上限内であれば現金を自由に借り入れられるのがポイントで、コンビニなどのATMと提携していれば24時間借り入れが可能です。そこを利用すれば現金に困る事はあまり無く、借り入れを受けているという意識をしっかり持てば、必要な場面に手軽に対応が可能です。
(⇒借り入れ自由なカードローンを上手く使う

信用払いのクレジットカード

一方、クレジットカードは買い物でしか使えませんが、代わりに支払いは翌月以降に持ち越しの信用払いとなっています。

信用払いというのはカードローンで言うところの無担保での貸し出しに近く、借り入れとはまたニュアンスが違いますが、ある程度は借りているという意識を無くさない事が大切です。

また、クレジットに付与されているキャッシングはかなりカードローンを似通っていますが、現金を多用するならカードローンの方が色々と融通が利きやすいので、クレジットカードを作るなら買い物に使う事をメインにしておきましょう。

双方ともお金に関わる大切な物

このように、お金に関わるカードと言えど両方とも用途はかなり違う事が分かりますね。大体で分けるなら買い物で使うならクレジットカード、まとまった現金が欲しいならカードローンとなります。もちろん両方を作って使い分けるのもいいでしょう。

用途は違えどお金を使う事にはかわりありませんので、出費管理はきっちり行い、生活の役に立てましょう。

口座開設は必須?銀行カードローンの最初の疑問を解消!

銀行カードローンの最初の疑問

カードローンと言えば消費者金融のイメージが強いと思われますが、金融業という事で当然銀行もカードローンを発行しています。
(⇒銀行カードローンの基本

銀行と言えば昔ながらの証書貸付がまだ行われていますが、時代の変化と共に銀行のローンの主力も、カードローンに移っていると言っていいでしょう。それほどカードローンが便利な存在として認められている証拠でしょうね。
(⇒借り入れがカードローンに移行していった背景

銀行カードローンを作るにあたって最初の疑問があると思います。それは「銀行でカードローンの借り入れをするなら、その銀行の口座は必要あるのか?」という事ですね。

基本的には開設は自由

まず多くの銀行カードローンに言える事としては、基本的にその銀行の口座を作る必要は無いという事です。口座を持っていないと取引しない…という考え方ではやはり古く、借り入れの敷居を無理に高くしていると判断したのでしょう。

だから引き落としにするにしても他行口座を指定する事が可能ですし、お勧めされたからといって無理に作る必要はありません。口座を複数作ってわざわざ移し替えるよりも可能な限り一か所にまとめる事により、支払いや納金も楽でしょう。

但し、金融機関によっては口座の開設が必須となっている場合もあります。その場合は作らないといけなかったり支払口座が固定される事もありますので、その場合は詳しく説明を聞いておきましょう。

また、金融機関側が指定する口座を設定しておけば、一部の優待を受ける事が可能です。特にネットバンキングに多い傾向なので、作るのが手間で無ければついでと思って開設しておき、カードローンの支払いにも便利な場合も多いので、活用してみるのも有効な手段と言えます。
(⇒引き落としに便利なネットバンク

ある程度は好みで問題無し

銀行などであるなら口座開設も推奨される事も多いですが、基本的には好みで判断しても問題はありません。優待を受けたいなら開設してもいいし、一か所にまとめたいならわざわざ作る必要はありません。逆の発想としては、自分が使っている銀行のカードローンを選ぶという手もあります。

カードローンを使うにあたり、口座の用意はほぼ必須です。自分が使いやすい方法を考え、作るか否か判断してみましょう。

使わないのも有効活用法!?カードローン温存のメリット!

カードローンの使用の有無

カードローンをいざという時の為に作っておいたものの、とりわけすぐに用途があるわけでも無く、使わないまま置いているだけ…そうなっている方いらっしゃいませんか?実際のところアンケートにおいても「作ってはみたけど特に使ってはいない」という方も非常に多く、作成者=利用者の図式にはなっていない事が分かりますね。

そうなると「やっぱり作っておいて使わないと何か問題があるのだろうか」と思われる方もいらっしゃるかと存じます。確かにクレジットカードには使用履歴が無いと年会費が発生する物が多い為、似たような存在に思われがちなカードローンにも不安になる方もいらっしゃるでしょう。
(⇒カードローンとクレジットカードの違い

備えておけるのがカードローン

ですが、とりあえず安心していただきたいのは「カードローンは審査を通過して発行後、使うかどうかはご本人の自由」である事です。カードローンの特徴の一つとして用途自由という物がある為、使わないのも基本的に自由になっているのです。

これはカードローンの大きな強みと魅力であり、フリーローンであれば契約後はそのまま貸し出しが始まり、そして返済を行っていくわけでありますが、カードローンは契約後に融資枠が用意されますが、そこから限度額内ならどれだけ引き出しても、逆に一切手付けずでも構いません。

これはカードローンが数あるローンの中でも生活に密着していると言われている点であり、不要なら引き出さないでおく事で、必要な時まで枠を温存しておけるのです。普段使わないならいざ大きな出費が発生した時にでも、余裕のある枠のおかげで応対、そして月々マイペースに返しながらも余裕が生まれたら任意返済を行う…このような自由な使い道ができるのも、カードローンの人気の一つです。
(⇒任意返済でカードローンを素早く終わらせる

使う時まで使わないのが秘訣

少し身もふたもない言い方をするなら、カードローンは使わないに越した事が無い部分があるのも事実なのです。借り入れるとそれは返済の義務の発生を意味するので、生活の為にも意味の無い借り入れやギャンブルと言った用途での借り入れは行わないのが吉という物です。

浮いた枠は常にいざという時まで使わない、と思うのもカードローンの正しい有意義な使い道の一つです。あなたの生活に必要な場面を見極めておきましょう。

<1 2 3 4 >