カードローンキャッシングの基礎知識

記事一覧

借り入れ自由なカードローンを便利に使う知識と注意点を学ぶ

カードローンの最大とも言える魅力

人間は生きているとほぼ必ずと言っていいくらい、不測の出来事に遭遇します。出来事によって解決の為に必要な方法は異なりますが、人生において最も不測に追い込む要素といえば、やはり限られてきます。

それは急なお金の用入りですね。例えば結婚式やパーティーといった目出度い出来事から、事故による怪我や自然災害による被害といった不運など非常に様々です。しかしそれらに共通して言えるのは急なお金の用立てであり、普段から蓄えておくのが大事ではありますが、何らかの事情で貯蓄が不足していたり、或いはすぐに引き出せないといった事は十分考えられます。

そこであなたの力になってくれるのはカードローンです。ローンと聞くとあまりいい印象をお持ちでない方もいらっしゃいますが、カードローンはとりあえず用意しておく事のメリットがたくさんあります。

カードローンの利点と注意

カードローンは銀行融資と違い都度の審査は必要無いのがポイントで、一度審査を通過してカードを発行してもらえれば、定められた枠内で自由に借り入れが可能です。

そしてそれは非常に生活に密着した存在と言え、先に挙げた不測の事態により出費がかさんだ場合、わざわざその度に審査を受ける事無く借り入れられ、明日どころか今日必要な場合でも間に合わせる事が可能です。
(⇒24時間対応ATMを利用する

それゆえに財布の足りない現金代わりとして持ち歩く方も多いですが、その場合には注意点もあります。それは自制心の有無という事です。

まず財布の中に現金が少なくても必要無いなら当然借り入れは論外です。カードローンは枠内であればいくらでも引き出せる事が感覚を鈍らせて借り入れを気軽にしすぎてしまい、結果として後になって返済利息に苦しむ方もいらっしゃいます。

そして給料日まで食費が足らなくなったという事情ならともかく「ギャンブルをしたいから」などという理由もNGです。ギャンブルといった不確定要素が強いものにローンを持ち込むのは極めてリスクが大きく、のめり込んだ結果として転落人生に陥る方もいらっしゃるのです。

必要な物に絞って使う

そう考えるとカードローンが怖い物だと思われてしまいますが、正しい使い方をしていればこれほど便利な物もそこまで無く、クレジットカードと違って現金が借り入れられるというのは、やはりどんな支払いでも対応が可能であり楽であります。
(⇒クレジットカードとカードローンの違い

生活に密着した存在なら、あなたの生活にどうしても必要な物に使う事で、カードローンは余裕のある豊かな生活を支えてくれるのです。借り入れが必要か否かしっかり判断を行い、カードローンを上手く使いこなしてみましょう。

直接出向けない方に!テレホンバンキングで楽々カードローン!

遠隔操作が可能になった時代

カードローンの審査もインターネット上で行えるようになったように、わざわざお店にまで出向く必要性は極めて減ったと言えるでしょう。

遠く離れていても操作が可能になった背景には言うまでも無くインターネットの影響が大きいですが、やはりカードローンを利用される方にシニアの方も多い以上、インターネットを介しての操作に慣れない方というのは今でも多く存在しています。

可能な限り人間同士の対面を減らす事で気軽に利用してもらいたい金融業界側の配慮ではありますが、それに馴染めない方向けのサービスももちろん用意しています。もしもインターネットでの操作が慣れない、もしくは不安に思う方は、テレホンバンキングを使ってみてはいかがでしょうか?

電話でのやり取りで遠くから操作

テレホンバンキングというのは銀行の口座の入金チェックなどでも使われているように、カードローンにおいても多くの会社が導入しているサービスの一つです。電話さえあれば使用可能なので、インターネット接続できる端末よりは敷居は比較的低いのではないでしょうか。電話なら固定携帯問いませんが、通話料は自分が負担しなくてはならないので、出来れば固定を使った方がいいでしょう。

使い方としてはそれこそ多岐に渡ります。引っ越しなどによる個人情報の変更届と言ったものから借り入れ限度額変更の手続き、盗難や紛失などの緊急の連絡も承っているので、ほとんどの事が電話上でも行えるという利点は大きいですね。

中でも自動音声による応対の場合は人と直接話さなくてもいいので、操作さえ分かればこちらの方が素早く変更などが可能となります。慣れていれば自動音声のガイダンスだけでも全ての操作を終了できる事でしょう。

もちろん電話という事で、オペレーターの方と直接話す事も可能です。自動音声に従って電話取り次ぎをお願いすれば変わってもらえますが、混雑している事も多いので、ある程度時間の余裕のある時に行いたいですね。

オペレーターの方に変わってもらえれば分からない点は親切に教えてもらえます。無理だと思ったら遠慮せず、オペレーターの方を呼び出してもらいましょう。

電話もまだまだ使える

電話での応対はインターネットに比べて時間による制限やスピードに劣る部分も多々ありますが、直接相談できる、話を聞いての確認が可能という面を考えれば、信用性の面ではまだまだ劣っておりません。特にお年寄りの方ならこちらを愛用されている方も多く、今後もテレホンバンキングは一定以上の需要があると言えるでしょう。

電話という通信手段はまだまだ利点も数多くあります。カードローンは堅実に借り入れと返済を行う事が好ましいので、利用できる物は何でも利用しましょう。

無人機は何が違う?ほぼ通常通りに業務を行うその謎に迫る!

無人機で気になる事

最近のカードローンによる貸し出し、そして審査には無人機が多く使われています。無人機というのは文字通り対面して行う貸し出しとは完全に異なる物で、プライバシーや借り入れのしやすさの面で、カードローンの多くにこの方式が採用されています。いつでも借りられるカードローンならではの導入法と言えるでしょう。無人機は主に消費者金融の街中などの支店に多く見られます。

お金を借りるとなると人目が気になる、という方でも気軽に使える反面、一つ気になる事がありますね。それは疑問に思った際に分かる事でしょう。

それは質問や操作が分からない時に「誰に聞けばいいんだろう?」という事ですね。誰も見当たらない分腰を据えて申し込み等に専念できますが、やはり誰も居ないとなると困った時に解決のしようがない風に思われがちです。

無人機だからと言って人が居ないわけではない

しかし、完全に無人で機械処理なのが無人機ではありません。セキュリティもそうですがカードローンの審査となるとやはり人の目で確かめないといけない部分があり、例え仮審査は無人機で行えたとしても、本審査においてはきちんと担当の方がチェックしているものです。
(⇒仮審査と本審査の違い

それなら何故無人機と呼ばれているのか?それは基本的にその場に居合わせているわけでは無く、遠隔操作といった形で審査を行っているからなのです。

借り入れや審査に来たとしても人目を気にせず、それでいてナビゲーションできるのはそうしたシステムを取り入れているからであって、全く見られていないわけでは無いのです。それゆえに不正行為などはすぐに発覚しますので、セキュリティ面でも問題が無いのです。

そして質問があれば備え付けの電話を取れば、すぐにサポート担当の方と繋がります。オペーレーターの方はカードローン関係の無人機なら24時間担当の方が居る事も多いので、ご自分の都合の良い、仕事終わりの夜遅くでも迎えるのが無人機の強みと言えますね。

またもう一つの注意点として、審査を行う際にもこちらの姿が見えていますので、あまりにも姿格好に問題があれば審査面で不利になってしまう事があります。仕事終わりなどは疲れておられるでしょうが、多少の身なりは整えてから審査に挑むようにしましょう。面接と同じく、最低限の緊張感も大切です。

無人と言えど対面と遜色なし

このように、無人機といえどカードローン審査と貸し出しにおいては対面並みの設備が整えられており、24時間対応してくれると思えば通常よりも優れた点が多いのが現代の無人機の特徴と言えるでしょう。

お金の問題は精神的にも複雑な面が多く、無人機はその配慮の一環と言えます。気後れされている方はこちらを利用し、カードローンを始めてみるのもいいでしょう。

同じ物じゃないの!?カードローンとローンカードの大きな違い!

似て非なる物

カードローンはお金の借り入れが自由なタイミングで行える為、非常に便利な存在です。昔の借り入れと言えば銀行である程度の手続きが都度必要だった事を考えれば、より生活に密着したアイテムと言えるでしょう。
(⇒昔と今の借り入れ方法の違い

そしてこれからカードローンを組むという方で、似たような響きの名称を耳にした事があるかもしれません。それはあまりにも似ているので、今現在カードローンを使用されている方でも、勘違いされている方が多いのです。

その名は『ローンカード』です。カードローンのカードとローンが逆になった名称の為に同一の存在と勘違いされても仕方なく、作る直前、或いは作ってしまった後に気付くという事もあるかもしれません。ですので、似て非なるこの二つの違いを見ておきましょう。

枠内で自由に借り入れ可能なカードローン

カードローンの方が一般的に広く普及しているのでご説明は不要かもしれませんが、こちらが多くの方がお求めになられるアイテムとなります。その便利さゆえにローンと言えば、今はこちらを指す事も多いですね。

カードローンは審査の際に融資枠を予め決められて、そしてその枠内で借り入れを行う事が可能な物です。ゆえに枠内であれば再審査などは必要無く引き出す事が可能で、緊急な入用が発生しても対応が用意なのが特徴です。金融会社によっては借り入れと返済が全てインターネット上で処理可能であり、より便利な存在となります。

なのでカードローンは『一度審査を通過すればその後は自由に借り入れ可能』なのがローンカードとの違いと言えましょう。

提示する為の存在、ローンカード

では、ローンカードとは何なのか?こちらはどちらかと言うと、パスのような存在と言った方がよりしっくりくるかもしれません。

カードローンは発行されれば原則として借り入れが自由ですが、ローンカードはこちらを提示してからローンを組み始めるといったように、借り入れを行う為に見せるパスカードといった意味合いが強そうです。

ここだけ見るとカードローンの方が便利そうですが、提示して相談してからローンを組むというのは、見直す点なども見つけられて思いのほか悪くありません。無用の長物と決めつけるのは良く無いですね。

用途の違いを理解しておこう

基本的にはカードローンの方を作っておけばいいですが、中には借り入れ自由な点が怖くて、対面の機会を作る為にローンカードの方を優先される方もいらっしゃいます。ゆえにどちらが優れているかというのは、少し論点がずれているかもしれませんね。

だからこそ混同しないように、自分が作りたいのはどちらかはっきりさせておいて、スムーズに申し込みが出来るようになっておきましょう。

カードローンを絞ってみよう!厳選する事で得られる将来へのメリット

カードローンを複数組むという事

カードローンを組む際に気になるのはやはり各社毎の特徴ですね。金利や限度額と言った基本的な要素の違いから会社独自のサービスまで、例を挙げていけばキリが無く、同時にそれは豊富な選択肢があるという事ですね。
(⇒カードローン各種の提供サービスの違いを理解するメリット

そうなると一枚に絞り切れず、場合によって使い分けた方が良いのではないか、と思う方もいらっしゃると思います。例えば特定の期間なら何度借り入れを行っても無利息のカードと限度額が大きく低金利のカードの二枚持ちならば、ちょっと足りない時は無金利カードを、大きな借り入れが必要な時なら限度額が大きいカード、という風に使い分けるなら、かなり有効なカードローンの運用と言えましょう。

しかし、目移りした結果複数のカードを所持するのはあまり褒められた事とは言えません。おまとめローンといった借り入れの一元化もあるように、複数の会社からの借り入れは金利的にもよろしくありませんし、あまりポンポンと申し込みをしていると、そのうち本命と言えるカードローンが組めなくなるかもしれないのです。

カードローンを絞りたいワケ

カードローンを申し込んでいて、複数の審査に通過すると「自分は信用がある」と思いがちです。確かに信用が無ければ複数のカードローン通過なんていう芸当はできませんし、その分生活にも余裕がある事の裏付けとも言えます。

しかし、申し込みや借り入れの状況はリアルタイムに記録され、それが借り入れ審査の基準として使用されているという事を忘れていてはいけません。複数のカードローンもまた、基準の一つとして参照されているのです。
(⇒借り入れ状況などをリアルタイムで記録する信用機関とは

カードローンの審査基準は各社によって違うので一概に言えませんが、ただカードローンを所持しているだけでも「借り入れと同等」に扱われる場合があり、借り入れがあると当然融資する側としては返済が滞る可能性を考えてしまうので、上限が低くなったり、審査に落とされる事も十分に考えられるのです。

カードローンは必要な物に絞るべし

最初に手に入れたカードローンは実績などの関係もあって自分が望む条件にはなりにくいです。しかしそれを使い続けていれば実績となり、次への足掛かりとなってくれます。その足掛かりをどれだけ少なくするかが、理想のカードローン所持への近道と言えるでしょう。

自分が求めるカードローンをしっかりと見据えておき、余計なカードローンは組まないように意識してみましょう。

ローン初心者の方必見!最初に知ってもらいたいカードローンの基礎!

ローンの歴史

ローンはお金の借り入れですので、一昔前から個人法人問わず必要とされ、金融業界は盛んにお金を動かしてきました。個人ならば出産などの急で大事な費用の捻出、法人で言えば会社の基礎を築く、設備投資など大きなお金が必要な場合に用いられ、私たちの生活に身近な存在であったと言えましょう。

しかしながら昔の貸付方法の証書貸付などを見れば分かる通り、借り入れには非常に手間と時間が必要で、特に急な怪我などによる入院といったアクシデントに対応するには難しく、その点は顧客も企業側も悩みの種でした。

そこで発案され現在に至るまで、すっかりローンの方法のスタンダードとして定着したのが『カードローン』です。どうしてこの方法が現在のローン業界に定着し、そして使われているのか?それは理由を見ればよく分かる事でしょう。

カードローンの基本的な要素

銀行などに向かい都度審査を受け、そしてようやく借り入れまでこぎつけるのが旧来のローンの方式だったのは最初にご説明した通りです。もちろん今でも企業が大きな金額を借り入れるならそちらの方法を使う事もありますが、個人においてはほとんどがカードローンになっていると言っていいでしょう。
(⇒企業が受ける銀行融資とは?

カードローンにももちろん審査はありますが、まず最大の違いとして一度審査に通れば借り入れが自由に行えるという点があります。これは旧来のローンで言えば考えられない方式であり。それこそがカードローンがメジャーになった理由と言えるでしょう。

そして借り入れが自由なら、返済も都合に合わせて都度行う事も、ATMを利用する事で簡単に行えるのです。もちろん返済日に決められた金額を返済しないといけないのは当然ですが、それ以外にも余裕があればちょっとでも多めに返済を進めておく事で、利息といった面で早く負担を減らす事が可能なのです。インターネットを利用すれば24時間返済も可能な会社もある為、返済も便利になったと言えます。

ローンを組むならカードローンを知ろう

とはいえ、今までローンを組んだ事が無く、急にお金が必要になった方なら銀行からの貸付以外は想像できず、不便な思いをする事があると存じます。カードローンが金融業界で当然となったとはいえ、必要無かった人には不可解な点は多いでしょう。

なのでこの記事においてはカードローンの漠然とした概要、そして便利さについて書かせていただきました。気になる利用方法は他の記事にて分かりやすく説明させていただきますので、是非ともそちらも参照していただき、カードローンを利用した賢く豊かな生活の一助にしていただければ幸いです。

ビジネスマンなら知っておきたい知識!カードローンは経費になるの?

様々なケースで使われるカードローン

無担保で用途自由のカードローンは非常に便利な存在で、給料日まで心許ない時や余裕を持った買い物の為など、あなたの生活に必要なだけのお金を借り入れられる存在です。
(⇒使用用途に縛られないカードローンの魅力

そしてカードローンの中には事業者向けと言った物まであるように、仕事においても使える物でもあります。会社が使用するクレジットカードもあるのですから、会社によっては会社付のカードローンがあってもおかしくないですね。

会社のカードローンを使う場合、ちょっとだけ気になる事があります。カードローンの使い方としてはあまり一般では無い為出回っている情報ではありませんが、『カードローンの支払いは経費になるのか』というものです。

クレジットカードの会社カードは社員が使っても良い物があるように、カードローンにおいても社員が使える物があったり、社員が管理している物だったら、この点は気になりますよね。

カードローンは経費になるのか?

まず基本的にローン自体が経費という事にはなりません。借り入れまでが経費になるのはさすがに問題があるのか、認められるケースはほぼ無いと思った方が良いでしょう。

しかし金利手数料だけは経費として落とせる事があります。これはやはり会社が所持している以上手数料を払うのは会社であるという認識が強く、経費としての金利や手数料はきちんと把握する事が必要となります。

また、カードローンで引き出したお金で事業用の物を購入した場合、その物品を購入しさらに事業に組み込んだ場合に経費となります。仕事の買い出しの際にはカードローンを持たされて、そこから引き出して買う事もあるでしょう。そうなった場合は購入した物の値段に加えて渡すまでが大事ですので、領収証に加えて利用明細といった書類は厳重に管理しておきましょう。

カードローンを仕事で任される事になれば、ローンに伴う責任も負う事になります。経費になるからと軽い気持ちで使わず、仕事の一環として厳格な気持ちで管理しましょう。

仕事でも使えるからこそ慎重に

カードローンを会社の資金の一部として運用する企業は一部と言ったところでしょうが、それでも社員が自覚を持って使えれば会社にとって利便性を始めとした面で貢献してくれる一因になりえます。

カードローンは手軽に使えますが、気持ちまで軽くなってはいけません。業務上必要な物であれば丁重に扱い、経費で落とすなら出費周りは現金と同じく厳しく管理しましょう。

<1 2 3 4