信販系カードローンを選択肢に入れる意味

銀行と消費者金融だけじゃない!信販系を選択するメリットについて

第三の選択肢

カードローンと言えば皆さんはどこの会社の物を想像しますか?低金利が魅力的な銀行カードローンスピーディな審査と様々なキャンペーンが持ち味の消費者金融の二つが主に選択肢に入ると思います。

二つとも独自のメリットがあるので互いに成り立っており、この二つからご自分の都合に合わせて選ぶのが基本となります。ですが、この二つがあまりに有名で大きい為に忘れがちなのですが、第三の選択肢とも言える存在がある事はご存知ですか?

それは信販系と呼ばれるカードローンです。恐らく多くの方が銀行カードローンや消費者金融に比べて「?」となっている事でしょう。事実、調べてみないとこの信販系カードローンは分かりにくい部分が多いと言えます。
(⇒信販系カードローンの詳しい説明を見る

信販系を間違えないようにする

詳しいご説明に関しては別項にて記載しておりますが、まず大きな特徴としてはクレジットカード機能を持ち合わせており、金利などの条件が銀行と消費者金融の中間とも言える位置付けになっているのです。

この特徴を見てお分かりになると思いますが、良く言えばバラエティーに富んでいる、悪く言えばどっちつかずとも言えるカードになるのです。カードローンとクレジットカードの違いからも分かる通り、この二つは出来れば両方持つようにして、買い物ならクレジットカード、現金が必要な場面ならカードローンというように、使い分けるのがお得への近道となります。

双方の役目を備えているとも言える信販系カードローンは便利な反面、どちらかに用途が偏ってしまうとどうしてももうちょっとな部分が出てきてしまうんですね。ただ、消費者金融よりもローンなら低金利、クレジットカードよりも現金の借り入れなら有利といった特徴があります。双方で中途半端な条件に収まってしまうようなら、こちらを一枚持つ方がスマートに収まる事があるでしょう。

長い目で見るなら一長一短

カードローンを作る際にはやはり長い期間で見て低金利で上限額が多い物が望ましい為、信販系に関しては少々乗り気になれない部分も多いですが、役目の集約という点では捨てがたい役目を得られるのも事実です。複数のカードを好まないなら長く使ってもいいですが、省ける手間にどれだけ価値を感じるかで、信販系カードの価値は大きく変わるでしょう。

このように、第三の選択肢として信販系は魅力は十分にあります。カードローンに付加価値が多い方が嬉しい方は考えてみるのもいいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加