総量規制に対策を用意するには

総量規制を意識しよう!いざと言う時に慌てない為の対応法を伝授!

まさかの時の総量規制

皆さんはお金の融資の際にかかる総量規制という物をご存じですか?これは知らないと万が一に足を引っ張る事がある決まりで、借り入れを検討されている方ならしっかりと知って置いてもらいたい知識です。

内容に関してですが、簡単にまとめるなら「借り入れを行うなら年収の三分の一まで」というものであり、それ以上となると借り入れも不可能になり、申し込みをしても無駄な状態となります。年収の三分の一となると個人差こそあれかなりの額となるので、総量規制の存在に気付かないままの方も多いかもしれませんね。

とは言え大きな出費が重なり過ぎた場合などではその万が一が起こり得る事もありますので、決して他人事とは思わずに年収と借り入れの把握は常に行っておかないといけません。年収も借り入れも把握出来ていればカードローンも効率的に運用できますので、まずはこれを心がける事から初めてみましょう。

総量規制対策方法

総量規制は分かるけどどうしてもお金が必要!という場合は十分に考えられます。消費が低迷して給与の余裕が無くなった時代においては、高い出費に事前の用意が間に合わない事もあるでしょう。

そこで注目なのが銀行のカードローンです。銀行のカードローンと言えばメリットの強みが魅力でありますが、総量規制対策も可能という側面も持ち合わせているのです。
(⇒銀行のカードローンの特徴

銀行のカードローンが総量規制対策になるのはひとえに『銀行の融資は総量規制の対象外』となるからなのです。一言で表すと重みに欠けるようにも思われますが、それがいざと言う時にどれだけ強いか、借り入れに思い悩んでいる方には良くお分かりになられると思います。

さらに銀行は基本的に低金利といった分かりやすいメリットも備えており、長く使いたいカードローンとしてはうってつけの存在です。いざと言う時に備える為にも、予め作って置いて損の無い一枚となってくれるでしょう。

一つの注意点としては、銀行の名前を冠しているいるものの発行は別会社、というカードローンがある事です。この場合は総量規制の対象内となる事もありますので、事前にしっかりと説明や規約を読んでおきましょう。

総量規制に引っ掛からない為にも

銀行はいざと言う時の総量規制にも強いですが、総量規制に引っ掛からないような余裕をもつ事も、カードローンを利用していく中で意識しておきたい項目です。無理して思い悩むくらいならカードローンを頼る事も考えた方がいいですが、普段使いで借り入れを増やすのはほどほどにしておきましょう。
(⇒借り入れ自由の注意点

総量規制に引っ掛からないのも対策をするのもまずは自分自身の周囲の把握です。お金に関する事にはシビアに見ていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加