カードローンの更新の仕組みを知る

カードローンの更新はどうするの?更新される為に心がけるポイント!

契約期間の有無

カードローンは一種の契約を貸し出し側と結び、その上で融資を受ける事を指します。証書貸付などであれば担保を元に契約を行い、借り入れの都度返済までの契約を結ぶものですが、一度契約すれあば出し入れ自由なカードローンは少々異なる特徴があります。

簡単に言うなれば、どちらかと言えばクレジットカードの契約と似ていると言えば分かりやすいでしょう。無担保の信用貸付はクレジットカードの仕様に通ずる部分も多く、実際のところ、キャッシングなどを付けたクレジットカードはしばしばカードローンとの違いが疑問視されています。
(⇒カードローンのクレジットカードの違い

カードローンにも存在する契約期間

では、そんなクレジットカードにも似たカードローンの契約期間とはどうなっているのか?それはクレジットカードに同じく使用期限が設けられており、更新といった内容も同じとなっています。

カードローンは期限が過ぎたカードは使えなくなり、同時に更新されたカードが送付されてきます。この更新は原則問題が無ければ自動更新となり、また新たに期限が延長されたカードが送られてきます。更新したい場合でも面倒な手続きはありませんので、その点に関してはご安心下さい。

ただ、自動更新だからといって漫然と更新が履行されるわけではありません。更新は契約の見直しも兼ねており、その際に条件が変わる事もあるのです。

カードローンにおいては支払日を守る事が大事であり、例えどんな事情があっても期限を過ぎれば事故として扱われ、信用機関に記録される事になります。そうなれば契約内容の見直しとして限度額が下げられたり、それに伴って金利が上がるなどありますが、最悪更新自体が見送りとなり、その時点でカードローンが無効になる事があります。

見送りになったとしても支払いが残っていれば当然払う事になります。そうなると今後のカードローン作成に重大な悪影響を及ぼしますので、そうならないように常日頃から注意しておきましょう。

普通に使う事を第一に

後半は少々物々しい話に見えるかもしれませんが、普通通りに使って返していればまず更新見送りにはなりませんので、普通の使い方をしていれば問題ありませんね。当然の事を守れないから契約不履行となるだけの話ですので、特別身構える事は無いでしょう。

カードローン、それも良い条件のカードとなれば末永く付き合う事が望ましいです。なのでついうっかりで更新見送りにならないように、支払日が近づいて来たら確認を怠らないようにしておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加