カードローンで借入ブログ

記事一覧

カードローンの管理を徹底しよう!何故本人以外は使ったらいけない?

カードローンと代理人

カードローンといえば文字通りカード上の体裁を保っており、このカードが手元に無いと借り入れが行えないようになっています。一見して普通のカードに見えますが、お金を借り入れられるだけあって、他のカードよりも重要性は高いです。紛失などには細心の注意を払いたいですね。

カードという形態は、ある意味ではカードさえあればお金を引き出すという事が可能と言えます。そうなると「少し忙しくて手が離せないけど借り入れもしないといけない…」となれば、家族など信用がある人に任せたくなる事もあるかもしれません。

カードさえあればいいんだし、信頼できる人なら問題無い…と思うかもしれませんが、私としてはそれは少々軽率であると言わざるを得ません。

カードローンという物の重みを振り返る

まず最初に言えば、カードローンを代わりに使ってもらうという事は暗証番号を教えないといけません。カードローンにもクレジットカードのように暗証番号を打たないと使う事が不可能であり、そこがまず危険です。
(⇒カードローンとクレジットカードの違いとは

カードローンは基本的に暗証番号を打たれて使われた場合、保障は原則として行えません。ローン会社によっては保険などもあるかもしれませんが、暗証番号を突破されれば基本的に無防備と言って構いません。信用できる人に教えたつもりでもそれが漏洩しないとは限りません。暗証番号はよほどの事が無い限り、自分自身のみが管理を徹底しましょう。現に親戚が私の親のカードを勝手に取って引き出した事があったのですが、支払ったのは私の親となってしまったのです。

そして規約を読めば分かりますが、本人以外は使用が禁止されています。家族だから…という事で使っても良さそうに思えますが、それは違反にあたってしまうのです。すぐに罰則が下るという事が考えにくいのは事実ですが、不正な利用があった場合、真っ先に家族を疑わなくてはならず、それはとても辛い事です。自分の為にも、何より家族の為にもカードローンの管理は発行した時から責任を持たないとなりません。

誰かの為に使うとしても自分が操作する

カードローンを組む場合、自分が使うのではなく家族全員が必要なまとまったお金の為に作る事も十分考えられます。そうなると家族が共有しているカードローンという認識が必要ですが、それは『家族に欠かせないお金だから自分たちで勝手には動かさない』という事であって『誰でも使えるようにしておく』という事ではありません。

発行者の方に責任がのしかかるような形になるかもしれませんが、それも発行者の責務の一つです。ご家族の方はそれを背負わせているという事を忘れず、しっかりとみんなで支えてあげて下さいね。

もう闇金には引っかからない!見抜く為の闇金三つの特徴!

闇金には引っかからない

カードローンの審査基準というのは一昔前に比べて厳しくなりつつも、同時に多くの方に利用してもらう為、職業などの条件を随時見直しています。今ではカードローンは学生でも持てる事から分かるように、作るのも借りるのも、日々を普通に過ごしている方なら問題無い事も多いでしょう。
(⇒カードローンの条件が見直される原因となった時代

それなのに闇金の被害に遭う方は後を絶たず、今こうしている間にも苦しめられている人が居ると考えると、この国の歪みに頭を抱えたくなります。

闇金というのはテレビでも取り上げられる事が多い違法金融業者です。その法外な金利と非人道的な取り立てにより普通のローン会社までにも悪いイメージを植え付けた張本人と言える存在で、ある意味騙される方がどうかしているような条件で、今日も誰かを騙しています。

ちょっとでも金融業界の事を齧れば見分けられる存在ですが、知らないままでは十分危険なのも事実です。よって私が良く見る闇金業者の特徴をお教えしますので、これらを見ても決して使おうなんて思わないようにして下さいね。

闇金業者の特徴を見抜く

まず闇金業者には電話をする事自体が危険です。電話番号という個人情報までも悪用する闇金業者は非常に多いので、電話して気付いて借りなかったとしても、必要な迷惑行為を行う事は良くあります。

まず闇金業者の電話連絡先の番号は携帯電話の番号である事がほとんどです。街中で見かけたチラシの連絡先が携帯電話であったならば、真っ先に疑っておきましょう。こちらの電話番号を控えられでもしたら厄介です。

次に『ブラックOK!』という謳い文句です。ブラックリストというのは実は俗称であり、実際は借り入れに際して返済が滞ったりした人の事故記録がそれに当たります。そうした俗称を使っているという事は会社という体裁から考えてもおかしいし、何より金融事故を起こした人に喜んで貸し付けをしてくれるほど、普通のローン会社の審査は甘くありません。万が一そのブラックリストに該当している自覚があれば、借り入れに関しては諦めた方がいいでしょう。

最後に大手金融業者『そっくり』の名前を謳っている事です。思わずジョークと疑ってしまう行動ですが、電柱などに貼られているチラシを見ると、ちゃんとした大手ローン会社の名前を意識したとしか思えない、一文字程度をもじったような名前が書かれています。さらには前述したブラックOKといった事も記載していれば闇金確定のようなものです。「読み間違えて…」なんていうのはあまりにも間抜けなので、名前も一応しっかり確認しましょう。

闇金には何があっても頼らないように

本当に「こんなのに騙される人の気がしれない」と言われそうな項目が多いのですが、闇金被害が絶えないという現状が「いかにして何も知らない人を騙してお金を巻き上げるか」という事がまだ横行している証拠です。

今回お教えした特徴を頭に入れておけば騙される側になる事はほとんどありませんが、巧妙化するのが犯罪です。油断せず、怪しいと少しでも思えば借りないようにしましょう。

その借り入れは本当にお得?時には借り入れよりも優先すべき事とは?

カードローンの優先順位

カードローンは一度作る事が出来れば、いざという時に非常に便利な存在です。借り入れタイミングも目的も自由に行えるのですから、非常に小回りが利くのが魅力的です。
(⇒用途が自由なカードローンの魅力

それゆえ「ちょっと足りないから借り入れよう」という場合でも気軽に扱えるのですが、そういう場合にこそ待ってもらいたいと私は考えます。そしてカードローンの優先順位というものを考えてもらいたいのです。

最後の手段としておくのも選択肢

カードローンを使うという事はお金を借りる事であり、お金を借りるという事は、今自分の手元にお金が無いという事です。当たり前の事を…と思うかもしれませんが、それでも思い出してもらいたい事は『どこからお金を引き出せるか』という事です。

確かに今すぐ必要で銀行もやってないし、現金をすぐさま引き出せるのはカードローンだけ…という場合なら仕方がありません。むしろそうした場面に対応できるのがカードローンの強みであり、有効活用法と言えるでしょう。
(⇒24時間対応のカードローンの使い道

ですが、銀行口座に余裕があって、尚且つ今引ける状態でカードローンに頼るというのは、どうでしょうか?口座に入っているのが公共料金の引き落とし分などであれば手を付けてはいけませんが、それが預貯金であったら、どうするべきか?

貯金に励まれている方には少々抵抗があるかもしれませんが、後々の事を考えれば、私としてはカードローンに頼る前にご自分のお金である、預貯金をやりくりしての運用をオススメしたいですね。

カードローンはお金を借りている状態になりますので、当然金利が発生します。そうなると借りた分を返す際には当然借り入れた金額以上の出費が後々発生する為、言い方は悪いですが結果で見ればマイナス支出が増える事となります。

しかし、預貯金内で済ませる事が出来れば、あなたのお金で事が済むのですから、貯蓄が減ったとしても余裕がある時にまた貯めればいいので、金利を払う必要も返済に追われる事も無くなります。カードローンが非常に便利であるがゆえにこの優先すべきお金の引出先が逆転し、結果として損をする方が多いのは少々皮肉な状況とも言えるかもしれませんね。

カードローンは本当にいざという時に使う/h3>

借りた額が少なくすぐさま返済出来れば金利手数料も最小限で大きな差は無いかもしれませんが、ある程度借り入れも増えると金利の差も大きく開いてきます。それを踏まえてカードローンの優先順位を考えたいですね。

とはいえカードローンにもキャンペーンにより無利息になる事があったり、一週間なら何度でも無利息のカードもあります。それらの利便性は時として預貯金を切り崩すよりも素早くあなたを助けてくれる事でしょう。
(⇒一週間なら何度でも無利息になるカードローン!

今回は金利による負担に焦点を当てた記事でしたが、場合によってはそれでもカードローンを使う方が良い事もあります。あくまで余裕がある時を前提に、どちらを使うかすぐさま判断できる力が欲しいですね。

使ってみよう!ネットバンキング系カードローンの使用感レビュー!

ネットバンク系のカードローンはどう操作する?

前回の記事にてインターネットでカードローンの申し込みは完結できる事をお伝えいたしましたが、ネットバンキング系のカードローンの借り入れは果たしてどう行うのでしょうか?

ネットバンキング系のカードローンは銀行系カードローンにインターネットの利便性を併せた存在ですが、実店舗が無い為借り入れはどうするの?と疑問に思う方は多いでしょう。

そこで今回は発行できたネットバンキング系カードローンを使い、借り入れるまではどうするか、一緒に体験していきましょう。意外と簡単&尚且つ便利なので、活用する術を知って便利に使いましょう!

ネットバンク系カードローンを使ってみた

やはりネットバンキング系のカードローンですから、インターネットで操作できなければ話になりませんね。もちろんその点は完全対応と言ってよく、簡単操作で指定口座に振り込まれます。

専用サイトにログインしてキャッシング申し込みを選択し、借入希望額を指定。確認の上OKを押せば終わりです。インターネットが扱えるならほぼ迷う事は無いでしょう。強いて言うなら、同じネットバンキングの口座を持っていると24時間対応してくれるのがポイントでしょう。ネットバンキング系でカードローンを作るなら、せっかくですので専用口座を作っておくのも合理的ですね。

次に電話での申し込みです。電話というと時間外もありそうに思えますが、私が申し込んだネットバンキングでは、24時間オペレーターの方が対応してくれるので、借り入れ以外にも分からない事があればいつでも聞けるのはありがたいです。ただ、電話だと14時30分以降は翌営業日の取り扱いになるらしく、もしもお急ぎの場合はインターネットの方からお願いします、とのアドバイスをもらいました。やはりオペレーター対応というのは便利ですね。

そして利用する方も多いATM借り入れです。これは注意したいのは利用手数料が無料と有料の物があるという事です。このネットバンキングは専用のATMこそありませんが、コンビニ系のATMからなら概ね手数料無料で操作できるので、面倒はありませんでした。コンビニは24時間営業が基本なので返済も自分のタイミングで返済でき、操作性も特に問題はありませんでした。画面の案内に沿っての操作で問題はありません。

ネットバンキング系カードローンは借り入れも簡単

作ってみたのはいいものの、借り入れまでの操作が分からずに使えない…という方ももしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、実際やってみたところ、インターネット借り入れならカードに付いてきた説明書通りにすればすぐに出来て、電話なら聞けるし、ATMもしっかり案内が出てくるので、初めてでも十分操作は可能でした。

ネットバンキング系カードローンはインターネットでの操作も完全対応していて、尚且つ電話も24時間対応、コンビニATM手数料と、普通の銀行系カードローンよりも使い勝手は良好だというのが私の使用感でした。ネット環境があれば申し込みから利用までとても簡単なので、私としてはどこよりも一番オススメできます。

実はとても簡単!?ネットからのカードローン申し込みを試してみた!

新しい申し込みに順応するには

今でも恐らくカードローンの申し込みと言えば、書面による申し込みが大半を占めていると言えます。私の周りでも申し込みとなるとまだまだパンフレットといった申し込み用紙を使う人が多く、私のようにインターネットでの申し込みが多いというのは、周囲では少数派でした。
(⇒紙面だけでないインターネットにも対応した申し込み

仕事でも趣味でもインターネットを多用する私としてはやはりインターネット申し込みの便利さを理解してもらいたく、日々伝えています。なので今回は実際にインターネットを使い、申し込みから発行まで、インターネットがどこまで出来るかを体験談として書きあげます。

インターネットというものがよく分からない…という方でも便利さは伝わるように書きますので、是非生活に取り入れていただければ、と思います。

インターネットを使ってカードローンを申し込んでみた

今回の申し込み実体験としては『インターネットで申し込みは完結するか』という事です。つまりは紙面のお世話になるか否かという点が大事でした。

まず作りたいカードローンの申し込みも可能なサイトに向かいます。基本的にカードローンの申し込みが出来るサイトは残高確認などの操作も可能なので、今後の事も考えてブックマーク登録しておくと後々便利でしょう。

申し込みのページに向かうと専用フォームが出てきます。記入漏れがあれば教えてくれるし、郵便番号からの住所検索なども備えており、キーボードによる文字入力が可能なら、紙面よりも記入は圧倒的に効率的と言えます。内容についても紙面と同等の事を記入すれば大丈夫です。

そして記入が終われば審査が開始されますが、驚くべきはそのスピードです。翌日には仮審査が終わった旨の電話確認が来たので、そこで応対。私が今回申し込んだローン会社はその時点で借り入れ可能となる限度額の予想と、本人確認書類を同じくインターネット経由にて送ってもらいたいという話をしてくれました。こちらの質問に対してももちろん答えてくれるので、ネット申し込みで不安な点があれば全部聞いておくと良さそうですね。
(⇒電話確認の後はいよいよ仕上げ

そしてここでも驚きの点は、スマートフォンがあればより楽になる事です。そのローン会社はスマートフォンの専用アプリを出しており、そのアプリから本人確認書類を撮影した写真を添付して送信できるとの事。早速iPhoneでアプリを使って送りましたが、ほとんど手間はありません。郵送だとさらに時間がかかりますが、ここでもネット&スマホ対応しているというのは非常に便利でした。

そして今また翌日には借り入れ限度額の希望枠と変わったという電話があり、そこで本審査も通過いたしました。さすがにカード発行は翌日とはいきませんでしたが、一週間程度で無事に到着。これにて、インターネットの申し込みは完遂できました。

インターネットで全ての手続きは終えられる

この事から分かるように『インターネットから申し込めば、原則として紙面を使う必要は一切なかった』という事ですね。本人確認書類も写真として送るだけというのは非常に簡単で、わざわざコピーを取る必要がありません。郵送と比べて受理も早いので、当然審査が早くなるのもポイントです。

ネット環境をお持ちの方ならかなり魅力が伝わったと存じ上げます。今から作る方、是非インターネットで楽々快適な申し込みをしてみましょう!

無人機はどこまで出来る?実際に使ってみた諸雑感!

無人機とはどんなもの?

近年で流行り出したカードローンの無人機という物をご存じですか?

無人機というくらいだから人と対面する事無く、それでいてカードローンに関する手続きが可能なのですが、行った事が無い方にとっては未知数で「本当に人が居ないの?」とか「本当に手続きが出来るの?」という疑問があると思います。

そこで私が無人機を利用した雑感に加えて率直な結果をお知らせしたいと思います。無人機で消費者金融系カードローンを作ろうとされている方は是非ご覧ください!

無人機を使ってカードローンを申し込む

まず向かう先は無人の消費者金融の支店で、時刻はすでに夜の八時を過ぎていたのですが、24時間対応らしく電機は明々と付いていました。やはりお金を借りるという事で緊張しながらドアを開けます。

すると無人の謳い文句通り、ほとんどが白で統一された支店の中には窓口らしい物は無く、審査をしてくれると思わしき機器が設置された部屋と、そこから仕切られた待合室だけです。部屋自体は非常に綺麗で、待合室の長椅子も小奇麗に整備されていました。

私の番となり審査してくれると思わしき部屋へ。中はスーパーなどに設置されたATM用の小部屋よりもやや広めで、審査をしてくれる機械の前には椅子も設置されており、立ったまま操作をしないといけない、という事はありませんでした。

記入用紙に必要事項を記載します。機械にはモニターこそありましたが、用紙を記入する為のスペースもあったので狭苦しい印象はありません。そして記入が終わると差込口に申し込み用紙を入れます。何だかやけに明るい音楽と共に待機を促す文字がディスプレイに表示されます。

そして少しあと、用紙が排出されました。画面には「訂正箇所があります」との事で確認するも、チェックしても直す部分が見当たらなかったので、再び機械に挿入。またしても排出されると、いきなり機械の横に備え付けられていた電話がなりました。

驚きつつも出ると女性の声で丁寧に「○○の場所を訂正していただけますか?」との指示がありました。言われてみて見直すと指定場所が間違っており、修正をしました。このように無人とはいえ、全く人目が無いわけではありません。離れた場所に相談センターがあり、そこに備え付けの電話が繋がっているようでした。そこで修正箇所もチェックしているようなので、分からない事があれば電話した方が良さそうです。

そして修正して用紙をもう一度入れて、音楽と共に待つ事数分。驚きの事に、もう結果が出てきたのです。無人機はてっきり受付だけで後日結果を通達するものだと思っていた私には、店に入る前から審査を終えるまでの時間が、呆気なく過ぎたように感じました。

無人機でも一通りの事は可能

今回の体験から『無人機でもその日のうちに申し込んで、尚且つ結果も分かる』という事が判明しました。無人機は所詮人が居ないから…と思っていても24時間対応のセンターがあるので、恐らくはそこに人を配置する事で、支店の人件費などをカットしているのでしょう。

そうやって書くとあまりいい印象は無いかもしれませんが、お金を借りに行くというのは人目が気になるのは事実だし、人件費が削れれば金融会社にとってはさらなるサービス拡充が出来るので、双方のメリットがこの形態に行き着いた、と今回の事から分かりました。

以上が今回の感想です。無人機は気楽でスピーディーなので、抵抗がある方でも楽に操作が出来そうですね。

リボ払いと定額支払い、利用者にとってお得な方を選ぶには?

リボか定額か

カードローンの月々の支払いになると、大きく分けると二つに絞られると言えます。一つはカードローンではお馴染みとも言えるリボルビング払い、もう一つは定額払いと呼ばれるものです。

定額払いは文字通り毎月自分が決めた金額を支払っていく方法、リボルビング払いは月々の最低金額以上の決められた金額を払い、借り入れ残高が減れば減るほど、月々の支払い額が減るという方式です。こうして聞くとどちらもそこまで大差が無いように感じますね。

ですが、実際は返済ペースにおいて、かなりの違いがあると言わざるを得ません。返済をこれから始める方の場合はリボルビング払いを何となく選ばれている方も多いですが、それは少し考えてからの方がいいかもしれません。

手間を減らして早く払い終えるなら

ここまでのご説明でお分かりかもしれませんが、私は定額支払いを推奨しています。リボルビング払いは無理なく返済出来て良いと謳っていますが、やはり良い面以外はなかなか公にはならないものです。

リボルビング払いで残額スライド方式だと、先にご説明したように残りの返済額に応じて月々の最低支払額が減少していきます。つまりは返していけばどんどん楽になる…というのは事実なのですが、そこだけしか見てないと、足元をすくわれる事になります。

ローンの返済というのは基本的に発生した利子に返済額を充てていきます。つまりは利子を引いた金額が実際の借り入れ額から減っていくという事でして、月々の支払金額が減れば減るほど実際の借り入れ残高は減らないのです。

その点定額なら自分が金額を定める事により、別途指示がない限りは毎月その金額を支払っていく事になります。変更が若干面倒ではありますが、変動が無い分支払い終了までの算段をしやすいのが特徴です。

また、任意返済も合わせる事で素早くローンは終わりますが、その任意返済分を予め算出できるなら、月々の定額支払い分に合わせておく事で、自分で振り込みに行く手間も省けます。カードローンを使うなら家計簿をつける事も大事ですが、定額支払いであればこういう時に金額の決定がスムーズになりますね。
(⇒カードローンは任意返済でスムーズに終わらせる

無駄なくシンプルな定額返済

元々ローンと言えばリボルビング払いでは無く、月々の定められた金額を返済する方式しかありませんでしたが、カードローンの台頭により随分と存在感を増していきました。月々の負担減という意味では使用者のリスクも多いですが、それ以上に支払いが長引く事でのローン会社の利益になりやすいので、推奨されるのは仕方がないというところかもしれません。

切迫した家計ならリボルビング払いで凌ぐのもいいですが、最終的に見れば早く完済する方が、利用者にとってお得なローンになります。余裕が出てくれば切り替える事も検討するようにしましょう。

ローン返済のお供に!家計簿をつけると返済が捗るのは本当だった!

カードローンを使うならしておきたい事

カードローンを使うなら、可能であれば借り入れ前から「どれくらい月々返済に回せるか」というのを把握し、明確な返済プランを立てておきたいものです。
(⇒先に返済プランを明確にしたいカードローン

いい加減な金銭感覚ではカードローンはむしろ危険と言わざるを得なく、借り入れを重ねた破滅というのは、カードローンだけに及ばずあらゆるローンで叫ばれているものです。
(⇒重ねた借り入れが招く事態

金銭管理というのは日々の生活だけでなく、カードローンを上手く使っていく上では欠かせないものです。その為にどうすればいいのか?私なら家計簿をつける事を推奨いたします。

金銭管理がカードローン返済の基盤を作る

カードローンの返済が滞る方の共通点として、先にも挙げた金銭感覚がいい加減であったりして、カードローンから借り入れたお金も大雑把に使いがちです。使い道があって借りるという事は当たり前なのですが、その使い道を本当に必要な物か否か判断していないのが問題です。
(⇒カードローンの正しい使い道とは

そこで家計簿をつけてみましょう。家計簿がつけるのが面倒で続かないという方はエクセルやスマートフォンの家計簿アプリといった、記入が楽な物を選んで使ってみましょう。入力すれば収支の合計値がすぐに出るというのは非常に楽です。

家計簿をつける事で出来るのは自分が使った物の品目に金額、そしてそこから返済にいくら割り当てられるかという事です。使った物を記録しておけば無駄を省く際に一目瞭然で、さらに返済ペースが目に見える事でモチベーション維持にも繋がります。残りの借り入れ額も記載して減らすように計算できれば、その効果はさらに増すと言えるでしょう。

ローン返済だけで無く日々の生活にも役立つ家計簿

カードローンを借りた際には是非始めて欲しい家計簿ですが、可能なら常日頃かつける癖を付けておきましょう。家計簿というのは日々つける事で効果があり、カードローンを借りている間だけつける…というスタイルでは、意外と短い期間であっても続かないものです。

その点毎日つけていれば書き方や要点も分かるし、何より日頃から節約の癖も付くので、カードローンの返済が始まっても的確なお金の振り分けが出来るはずです。カードローン返済も積み重ねがものを言うので、日々のちょっとした努力が実を結びます。

家計簿で無駄を省き貯金が増えるのを見ていくと、やりがいも出てきます。素早くローンを終わらして貯蓄に励むなら、是非家計簿に取り組みましょう。

複数のカードローンを使い分けたい方必見!厳選した組み合わせ公開!

複数のカードローンを持つなら

カードローンを複数持つという事はメリットと同時にデメリットもあります。個人的にはデメリットの方が多いと言え、カードローンをまとめる方が良いと思う身としては、枚数を増やしての審査の難しさが一番のネックであります。

しかし、カードローンは発行会社毎に様々なサービスがある為、複数持つ事がデメリットばかりとも言えません。むしろ審査に有利な条件が揃っている場合…ご職業などがそうであれば、複数枚持つ事はさして難しい事ではありません。
(⇒カードローン審査に有利な職業って?

複数枚持つ場合、組み合わせによってはかなり便利に扱える事になります。そこで私が考える最もオススメなカードローンの組み合わせをお教えいたします。枚数を絞りつつ有用な物に限定しましたので、使い分けを目指している方は是非コンセプトだけでも参考にしてみて下さい。

私がこの二枚を勧める理由

カードローンだけでなくローン全体に言える事として、やはり低金利というのが最大の理想でしょう。限度額も同じく大事なのですが、金利と限度額の関係を考えれば、片方が手に入れば基本的にもう片方も手に入ると言っていいでしょう。
(⇒カードローンの金利と限度額の関係について

そこでまず申し込むべきは銀行系カードローンです。銀行系カードローンはどこよりも低金利であり、限度額も十分用意してもらえるので、まず最初に作りたい一枚と言えます。最高の限度額で作る事が出来れば金利も低く、いざという時の出費でも余裕のある枠で、尚且つ低金利で返していけます。

そしてもう一枚が一週間なら何度でも無金利になるカードローンです。これは本来なら限定された期間で一度のみのキャンペーンなのですが、このカードローンなら一週間以内に返せれば何度でも無金利で返済可能なのです。出かけた先でちょっと現金が足りない!という場合でさらに一週間以内に返せる目処があるなら、リスク無しの借り入れが出来るというわけなのです。

大きな借り入れとちょっとしたすぐ返せる借り入れ…この二つが一番多い借り入れのパターンと言え、その二つをカバーできる持ち合わせは、あなたの生活をスマートにサポートしてくれるでしょう。

二枚だからこそ出来る事

補足として審査の都合上銀行系カードローンから作る方がより便利になりますが、二枚発行できるくらい信用のある方なら逆でもそこまで大きな問題は無いとも言えます。最高の条件を求めるなら意識してみて下さい。

そして二枚が揃う事でローンのリスクは可能な限り軽減された使い分けが可能です。カードローンの使い分けを目指す方、是非一度自分にとってのベストな組み合わせを意識してみて下さい。

カードローンはどう使う?他のローンでは出来ない事を比べてみた!

タイミングを見極める

借り入れと言えばすっかりカードを利用したローン…カードローンが借り入れのメインとなっていますね。私も借り入れた事があるカードローンですが、やはりこの手軽さというのは他のローンに無い利点と言えるでしょう。

しかし世の中には他にもたくさんの借り入れ方法があるのも事実で、例えば証書貸付は多額のお金を低金利で借り入れられますし、フリーローンはついつい使い過ぎを防止できる特性とカードローンのような自由に使える用途を持ち合わせています。

実際のところ、この二つを使い分けるだけでもローン方面は何とかできます。車やマイホームといった大きな買い物であれば証書貸付の方が頼りになりますし、そこまでいかなくともそれなりに大きな出費が予測されるならフリーローンでもいいでしょう。

では、カードローンというのはどの場面で力を発揮するのか?最初に説明した手軽さこそが、私にとっての利点だと思うのです。

生活にすぐに組み込める強さ

証書貸付もフリーローンにも欠点として『借り入れの都度審査を受ける為時間がかかる』という点があります。完済した時点で借り入れ記録は無くなるので次回以降の審査には有利かもしれませんが、ローンをいざという時の備えと考えるには少々小回りが利きません。
(⇒余計な借り入れ枠を減らすメリット

カードローンはその点、一度作れれば使うも使わないも自由で、借り入れの度の審査もありませんので、真面目に返済しているなら実質上何度でも使えるローンなのです。つまりは日々の生活の急であり突発的な出費に対応する力が強いのです。
(⇒真面目な返済が大事な理由

従って急な用入りでなかなか思うようにいかないもの…冠婚葬祭や事故による負傷といった、予期せぬ出費には滅法強い存在と言えます。現に私もそうした場面で頼ったローンというのは予め作っておいたカードローンであり、おかげで時間を浪費せずにスムーズに事を進められました。

困った時こそカードローン

結論で言えば、急な出費で時間が無ければ無いほどカードローンは輝くという事が分かりました。都度審査というのは想像する以上に手間であり、欲しい時に使えないというジレンマも抱えているのが事実です。カードローンは仕事を変える前に作っておくのが大事と言われるように、備えにしておくのが一番良い使い道だと私は思うのです。

今でもカードローンは急な出費に備えられるように、現在未使用の一枚を持っています。ここぞという時の安心感もカードローンのメリットでは無いでしょうか。

1 2 >