初心者向けのカードローン知識借り入れ編

発行されたカードを使ってみよう!借り入れまでの簡単ノウハウ伝授!

カードローンを使用してみる

カードローンが発行されたら次のステップです。カードローンが発行されたとしたら、すぐにでも利用しなくてはいけない状況である事も予測されます。そもそも潤沢な貯蓄がある方ならカードローンをわざわざ作るメリットはさして多くないですし、借り入れが必要になってから発行したという方も少なからずいらっしゃられるでしょう。

そこで今回はカードローンを実際に使ってみるにあたり、お金の借り入れ方法を見ていきましょう。そこまで難しい物ではないのですが、せっかく作ったのに借り入れ方法がわからないのであれば必要な時に利用出来ずに勿体ないですね。各方法ともしっかり覚えて実践してみましょう。

ATMから引き出してみよう

まずは最も基本とも言われるATMからの引き出しですね。これはその銀行や提携先のATMから必要な金額を指定して引き出す方法で、利用者の方も多いのでは無いでしょうか。銀行などであれば相談窓口もあるので、質問などがあればすぐに質問できるのもポイントです。たまには窓口を利用して、わからない事は全て解決するようにしておきましょう。
(⇒窓口相談のススメ

基本的に操作ガイダンスが表示される為迷う事はほぼ無く、無人支店で無ければ上記のように教えてもらう事もできる為、迷う心配はほぼありません。後述する振り込みよりもシンプルな操作で済むので初心者でも安心、出来れば一度は経験しておいてもいい方法でしょう。

但し、専用では無く提携ATMの場合、提携先への手数料という事で幾分か余計な費用が発生する事も多くなります。多額というほどではありませんが、積み重なるとバカに出来ない値ですので、可能であれば専用ATMを探しておきたいところですね。
(⇒専用と提携先によるATMの違い

振り替えの手間を省く銀行振込

自分の口座から引き落としにしていた費用が急に足りなくなった!という経験はありませんか?そんな場合には銀行振込を使ってみましょう。

銀行振込は手数料の有無はまばらですが、利点としては直接口座にお金を借り入れる為、借り入れてからまた口座に振り込んで…という手間が省けます。例えばインターネットでの借り入れ返済に対応している企業の場合、家に居ながらにして借り入れと口座への振り替えが出来るという事を意味しています。

他にも電話による指示でも振り込んでもらうことは可能ですが、やはりインターネットがある事でより一層強みが輝く借り入れ方法と言えるでしょう。

借り入れた後は有効に使う

カードローンを借り入れるとなると、今現在はこの二つが主流となっています。昔のように窓口のみであったなら多少変わりますが、やはり現代の借り入れの主力がカードローンである以上、この二つの方法を覚えておく事は大事です。実際に申し込みから発行までできた方なら然したる苦労もなく操作できるはずですので、頑張って下さいね。

カードローンを使うという事は借り入れるまででは無く、借り入れたお金を使い、そして返済まで済ませる事が重要です。次回はその返済方法について学んでいきますので、確実に一つづつ覚えていきましょう。
(⇒カードローン返済について

このエントリーをはてなブックマークに追加