カードローンでしか出来ない事

カードローンはどう使う?他のローンでは出来ない事を比べてみた!

タイミングを見極める

借り入れと言えばすっかりカードを利用したローン…カードローンが借り入れのメインとなっていますね。私も借り入れた事があるカードローンですが、やはりこの手軽さというのは他のローンに無い利点と言えるでしょう。

しかし世の中には他にもたくさんの借り入れ方法があるのも事実で、例えば証書貸付は多額のお金を低金利で借り入れられますし、フリーローンはついつい使い過ぎを防止できる特性とカードローンのような自由に使える用途を持ち合わせています。

実際のところ、この二つを使い分けるだけでもローン方面は何とかできます。車やマイホームといった大きな買い物であれば証書貸付の方が頼りになりますし、そこまでいかなくともそれなりに大きな出費が予測されるならフリーローンでもいいでしょう。

では、カードローンというのはどの場面で力を発揮するのか?最初に説明した手軽さこそが、私にとっての利点だと思うのです。

生活にすぐに組み込める強さ

証書貸付もフリーローンにも欠点として『借り入れの都度審査を受ける為時間がかかる』という点があります。完済した時点で借り入れ記録は無くなるので次回以降の審査には有利かもしれませんが、ローンをいざという時の備えと考えるには少々小回りが利きません。
(⇒余計な借り入れ枠を減らすメリット

カードローンはその点、一度作れれば使うも使わないも自由で、借り入れの度の審査もありませんので、真面目に返済しているなら実質上何度でも使えるローンなのです。つまりは日々の生活の急であり突発的な出費に対応する力が強いのです。
(⇒真面目な返済が大事な理由

従って急な用入りでなかなか思うようにいかないもの…冠婚葬祭や事故による負傷といった、予期せぬ出費には滅法強い存在と言えます。現に私もそうした場面で頼ったローンというのは予め作っておいたカードローンであり、おかげで時間を浪費せずにスムーズに事を進められました。

困った時こそカードローン

結論で言えば、急な出費で時間が無ければ無いほどカードローンは輝くという事が分かりました。都度審査というのは想像する以上に手間であり、欲しい時に使えないというジレンマも抱えているのが事実です。カードローンは仕事を変える前に作っておくのが大事と言われるように、備えにしておくのが一番良い使い道だと私は思うのです。

今でもカードローンは急な出費に備えられるように、現在未使用の一枚を持っています。ここぞという時の安心感もカードローンのメリットでは無いでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加