カードローン返済には家計簿が役立つ

ローン返済のお供に!家計簿をつけると返済が捗るのは本当だった!

カードローンを使うならしておきたい事

カードローンを使うなら、可能であれば借り入れ前から「どれくらい月々返済に回せるか」というのを把握し、明確な返済プランを立てておきたいものです。
(⇒先に返済プランを明確にしたいカードローン

いい加減な金銭感覚ではカードローンはむしろ危険と言わざるを得なく、借り入れを重ねた破滅というのは、カードローンだけに及ばずあらゆるローンで叫ばれているものです。
(⇒重ねた借り入れが招く事態

金銭管理というのは日々の生活だけでなく、カードローンを上手く使っていく上では欠かせないものです。その為にどうすればいいのか?私なら家計簿をつける事を推奨いたします。

金銭管理がカードローン返済の基盤を作る

カードローンの返済が滞る方の共通点として、先にも挙げた金銭感覚がいい加減であったりして、カードローンから借り入れたお金も大雑把に使いがちです。使い道があって借りるという事は当たり前なのですが、その使い道を本当に必要な物か否か判断していないのが問題です。
(⇒カードローンの正しい使い道とは

そこで家計簿をつけてみましょう。家計簿がつけるのが面倒で続かないという方はエクセルやスマートフォンの家計簿アプリといった、記入が楽な物を選んで使ってみましょう。入力すれば収支の合計値がすぐに出るというのは非常に楽です。

家計簿をつける事で出来るのは自分が使った物の品目に金額、そしてそこから返済にいくら割り当てられるかという事です。使った物を記録しておけば無駄を省く際に一目瞭然で、さらに返済ペースが目に見える事でモチベーション維持にも繋がります。残りの借り入れ額も記載して減らすように計算できれば、その効果はさらに増すと言えるでしょう。

ローン返済だけで無く日々の生活にも役立つ家計簿

カードローンを借りた際には是非始めて欲しい家計簿ですが、可能なら常日頃かつける癖を付けておきましょう。家計簿というのは日々つける事で効果があり、カードローンを借りている間だけつける…というスタイルでは、意外と短い期間であっても続かないものです。

その点毎日つけていれば書き方や要点も分かるし、何より日頃から節約の癖も付くので、カードローンの返済が始まっても的確なお金の振り分けが出来るはずです。カードローン返済も積み重ねがものを言うので、日々のちょっとした努力が実を結びます。

家計簿で無駄を省き貯金が増えるのを見ていくと、やりがいも出てきます。素早くローンを終わらして貯蓄に励むなら、是非家計簿に取り組みましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加