カードローンとクレジットカードを使い分け

クレジットカードとカードローン、二つの存在意義を考えた使い分け

使い分けの是非

ちょっとでも使った事がある方ならすぐにお分かりになると思いますが、カードローンとクレジットカードは全くの別物です。ショッピングにのみ使えるのがクレジットカード、現金を借り入れるのがカードローンというのは基本であり当たり前ですね。

ですが、この二つのどちらを作ろうか悩んでいる方を今でも時々見かけます。「実際は別物なんだから、用途に合った方という事で選べばいいんだけどな…」とは思うのですが、金融関係に今まで全くの無縁の方だと、その一言で片づけられても困りますよね。

そこで私はクレジットカードとカードローンの双方を持っているので、この二つの使い道について、説明できるようにじっくりと見比べてみました。

クレジットで済ませられるならそれでいい?

私は日々の生活においてクレジットカードをかなり多用しています。買い物と言えば通販がメインとなっており、ネットショッピングだとクレジットカードはまさに欠かせない存在です。買い物の可否はクレジットカードが使えるか否かで決めているので、よほどの事が無い限りはカードローンを無暗には使いません。

クレジットカードはすぐに現金が無くても買い物が出来て、一括なら来月に払えばいい…と考えて、一つの結論に至りました。それは『来月に一括で払える買い物ならクレジットカードがいい』という事です。

基本的にクレジットカードも元を正せば借り入れの一種です。信用払いという「来月に払ってもらう」形式で買い物をしているだけであり、つまりは買い物で得た物品を借りている状態とも取れます。となれば「これが欲しいけどお金が無いから、カードローンで借りて買おう」というのにはちょっと待ったをかけざるを得ません。

カードローンというのは無利息期間でも無い限り、短期間でも利息は発生すると思ってもらって構いません。そして買おうとしている物がクレジット払いが可能、さらに来月なら一括で買えるレベルの物であるなら、カードローンで少額を借りて払うというのは、極端に言えばナンセンスなのです。
(⇒カードローンの無利息期間はいつ発生する?

もちろん現金払いでしか通用しない物であればカードローンに頼らざるを得ませんが、ネット通販が数多に存在している現代では、クレジットカード対応で買える物に溢れています。カードローンが力を発揮するのは、現金でしか対応できない物…一部の高額商品や払い込みくらいかもしれませんね。

買い物はクレジット、どうしてもの時はカードローンで

だからと言って私の中でカードローンの有用性が薄れているなんて事は無く、現金でしか対応できない物は今後無くならないだろうし、それゆえに現金の重みに加えてそれを借りられるカードローンは社会的にも大きな意味合いを持つんだなあ、と再確認した次第です。

クレジットカードとカードローンを両方持っている方も多いですが、皆さんはどんな使い分けでどんな認識で持ち分けてますか?両方ともお金に深く関わる物ですから、これからも取扱いは慎重に行いたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加