カードローンの管理は本人が行うべき理由

カードローンの管理を徹底しよう!何故本人以外は使ったらいけない?

カードローンと代理人

カードローンといえば文字通りカード上の体裁を保っており、このカードが手元に無いと借り入れが行えないようになっています。一見して普通のカードに見えますが、お金を借り入れられるだけあって、他のカードよりも重要性は高いです。紛失などには細心の注意を払いたいですね。

カードという形態は、ある意味ではカードさえあればお金を引き出すという事が可能と言えます。そうなると「少し忙しくて手が離せないけど借り入れもしないといけない…」となれば、家族など信用がある人に任せたくなる事もあるかもしれません。

カードさえあればいいんだし、信頼できる人なら問題無い…と思うかもしれませんが、私としてはそれは少々軽率であると言わざるを得ません。

カードローンという物の重みを振り返る

まず最初に言えば、カードローンを代わりに使ってもらうという事は暗証番号を教えないといけません。カードローンにもクレジットカードのように暗証番号を打たないと使う事が不可能であり、そこがまず危険です。
(⇒カードローンとクレジットカードの違いとは

カードローンは基本的に暗証番号を打たれて使われた場合、保障は原則として行えません。ローン会社によっては保険などもあるかもしれませんが、暗証番号を突破されれば基本的に無防備と言って構いません。信用できる人に教えたつもりでもそれが漏洩しないとは限りません。暗証番号はよほどの事が無い限り、自分自身のみが管理を徹底しましょう。現に親戚が私の親のカードを勝手に取って引き出した事があったのですが、支払ったのは私の親となってしまったのです。

そして規約を読めば分かりますが、本人以外は使用が禁止されています。家族だから…という事で使っても良さそうに思えますが、それは違反にあたってしまうのです。すぐに罰則が下るという事が考えにくいのは事実ですが、不正な利用があった場合、真っ先に家族を疑わなくてはならず、それはとても辛い事です。自分の為にも、何より家族の為にもカードローンの管理は発行した時から責任を持たないとなりません。

誰かの為に使うとしても自分が操作する

カードローンを組む場合、自分が使うのではなく家族全員が必要なまとまったお金の為に作る事も十分考えられます。そうなると家族が共有しているカードローンという認識が必要ですが、それは『家族に欠かせないお金だから自分たちで勝手には動かさない』という事であって『誰でも使えるようにしておく』という事ではありません。

発行者の方に責任がのしかかるような形になるかもしれませんが、それも発行者の責務の一つです。ご家族の方はそれを背負わせているという事を忘れず、しっかりとみんなで支えてあげて下さいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加