複数カードローンを組み合わせて出来る事

複数のカードローンを使い分けたい方必見!厳選した組み合わせ公開!

複数のカードローンを持つなら

カードローンを複数持つという事はメリットと同時にデメリットもあります。個人的にはデメリットの方が多いと言え、カードローンをまとめる方が良いと思う身としては、枚数を増やしての審査の難しさが一番のネックであります。

しかし、カードローンは発行会社毎に様々なサービスがある為、複数持つ事がデメリットばかりとも言えません。むしろ審査に有利な条件が揃っている場合…ご職業などがそうであれば、複数枚持つ事はさして難しい事ではありません。
(⇒カードローン審査に有利な職業って?

複数枚持つ場合、組み合わせによってはかなり便利に扱える事になります。そこで私が考える最もオススメなカードローンの組み合わせをお教えいたします。枚数を絞りつつ有用な物に限定しましたので、使い分けを目指している方は是非コンセプトだけでも参考にしてみて下さい。

私がこの二枚を勧める理由

カードローンだけでなくローン全体に言える事として、やはり低金利というのが最大の理想でしょう。限度額も同じく大事なのですが、金利と限度額の関係を考えれば、片方が手に入れば基本的にもう片方も手に入ると言っていいでしょう。
(⇒カードローンの金利と限度額の関係について

そこでまず申し込むべきは銀行系カードローンです。銀行系カードローンはどこよりも低金利であり、限度額も十分用意してもらえるので、まず最初に作りたい一枚と言えます。最高の限度額で作る事が出来れば金利も低く、いざという時の出費でも余裕のある枠で、尚且つ低金利で返していけます。

そしてもう一枚が一週間なら何度でも無金利になるカードローンです。これは本来なら限定された期間で一度のみのキャンペーンなのですが、このカードローンなら一週間以内に返せれば何度でも無金利で返済可能なのです。出かけた先でちょっと現金が足りない!という場合でさらに一週間以内に返せる目処があるなら、リスク無しの借り入れが出来るというわけなのです。

大きな借り入れとちょっとしたすぐ返せる借り入れ…この二つが一番多い借り入れのパターンと言え、その二つをカバーできる持ち合わせは、あなたの生活をスマートにサポートしてくれるでしょう。

二枚だからこそ出来る事

補足として審査の都合上銀行系カードローンから作る方がより便利になりますが、二枚発行できるくらい信用のある方なら逆でもそこまで大きな問題は無いとも言えます。最高の条件を求めるなら意識してみて下さい。

そして二枚が揃う事でローンのリスクは可能な限り軽減された使い分けが可能です。カードローンの使い分けを目指す方、是非一度自分にとってのベストな組み合わせを意識してみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加