カードローンで借入ブログ

記事一覧

複数のカードローンを持つ前に!自分の管理できる容量を考えたい理由

カードローンの枚数とは

先日久々に会った友人と話をしていて、友人が財布を開けた時の事でした。色とりどりのカードがカード入れに収まっており、まるでそこだけ何かカラーリングを施したような光を反射していました。

後で聞いてみたら全てクレジットカードとカードローンらしく、何か事情があったのか聞いてみると、ただ単に「カードが好きでなんだか綺麗だから」という、コメントに困る事を笑顔で言われてしまいました。

カードローンを複数持つ事には確かに信頼の証とも言えますが、それは同時に借り入れ枠を複数所持しているという事です。それは場所によっては借金をしていると同義に見なされる事もあり、それを考えると信頼とは逆のレッテルとも言える証です。
(⇒カードローンを複数持つ意味

実際のところ、信頼の証というメリットか借り入れというデメリットか悩んでいたのですが、その友人の懐事情を聞いた時、私の中では一つの結論が固まりました。

やはり整理はしておきたいカードローン

カードが好きで…というだけで所持しているだけならある意味良かったかもしれませんが、友人は複数のカードローンから借り入れをすでに行っており、返済をしている真っ只中でした。さらにそのうち一枚はすでに限度額らしく、もう借り入れが出来ないと苦笑していました。

正直苦笑どころでは無いとは思うのですが、これがカードローンを複数持つ事の一つのデメリットでは無いか、と私は思ったのです。

友人はきちんと返していると言っていましたが、返済口座がバラバラでちょくちょく入金ミスしていると言っていました。ご存じかと思いますが、基本的にカードローンにおいて支払いが遅れるという事はご法度です。

しかもその原因が『複数のカードがあって管理しきれていないから』という物であれば、それはもう貸し出しをしている側からすれば頭が痛い状況でしょう。恐らくこのままいけば次回の更新は怪しいところです。
(⇒カードローン更新について

私が複数のカードを持たない理由が「管理が大雑把でどれがどれだけ使っているか分からないのが嫌だから」という理由でしたが、今回の結論でそれはより確実なものとなりました。限度額まで借りたとは言っていても決して金銭的に困っている友人では無く、だからこそ今回の大雑把さに繋がったのではないでしょうか。

カードローンは管理だけでも厳格に

カードローンというのはお金を借りる事であり、そこには返済に加えて利子の発生や返済日などの忘れてはならない要素がたくさんあります。複数枚のカードローンを持ち、それを使う事は忘れていない要素を増やすという事に他なりません。うっかりミスが取り返しのつかない状況を招く事もあるカードローンは、やはりこれと決めた一枚を持つ方が良さそうです。

私の今回の件での結論はこうなりましたが、もちろんその全てをきちっと管理できる方なら問題無いでしょう。自分が想像できる範囲で、前もってどれだけ必要かというのを、今一度しっかり考えておきたいですね。

カードローンアプリはどこまで使える?スマホを使って操作してみた!

スマートフォンで快適にカードローンを操作

カードローンの中には専用のサイトで操作可能な場所も増えてきて、インターネットでの営業を上手く利用する会社も増えてきました。特にネットバンキング系カードローンであったらばインターネットの親和性も高く、ほとんどの事が出来ると言えるでしょう。
(⇒カードローンと相性の良いネットバンキングとは

そしてスマートフォンの存在もインターネットに順応したローン会社にとっては追い風です。スマートフォンは多機能携帯電話と呼ばれるだけあってたくさんの機能がありますが、中でも注目すべきはパソコンに勝るとも劣らないブラウジング機能です。この存在はパソコンを苦手としていた方でも容易に同等の事が出来、それがさらなるカードローンの発展の一部に繋がります。

それはスマートフォンに自社専用のアプリケーションを作る事でした。インターネットが出来るなら専用サイトにアクセスする事が可能であり、そこでスマートフォンを使った操作が可能でしたが、アプリケーションはそんな手間をアプリ内で可能とするのが目的です。iPhoneを愛用している私は早速いくつか試してみました。

アプリケーションはまだ難あり

今回使ったのは消費者金融系カードローンネット対応している銀行系カードローンのアプリケーションでしたが、結果を言えば双方ともまだ難ありで、カードローンとして機能させるなら、アプリでは無く専用サイトにアクセスする必要がありました。

消費者金融系のアプリはGPSを使った支店検索やローンの計算など補助的な要素が揃っていたのですが、肝心な返済といった要素は持ち合わせておらず、さすがにこのアプリで全てを完結させるわけにはいきませんでした。反面、今から使おうか検討している方なら、試しに入れてみてもいいと言えます。

そして銀行系の方のアプリなのですが、少々言いにくいのですが、アプリ内で操作しようとしたらインターネット上の専用サイトに誘導されて、そちらで操作する事になりました。つまるところ、アプリというよりは自社ホームページのリンク集といったところでした。そうなるとお分かりかもしれませんが、アプリというには少々物足りなく、自分でサイトをブックマークするだけでも事足りるのが現状でした。

スマートフォンでも専用サイトにアクセスが必要

他にも他社のアプリケーションはありましたが、説明やレビューを見るからにまだまだブラウザ上と同等の操作が可能な物は見当たらず、現状ではスマートフォンの使い慣れたブラウザアプリで専用サイトをブックマークしないと、完全な利用は難しそうでした。

ただ、専用サイト自体はスマートフォンに最適化されていたりと普通に使えるし、ブラウザからの操作が快適では無いという事はありませんでした。まだまだ発展途上なカードローンのアプリたちですが、今後の展開には期待が持てそうでした!

クレジットカードとカードローン、二つの存在意義を考えた使い分け

使い分けの是非

ちょっとでも使った事がある方ならすぐにお分かりになると思いますが、カードローンとクレジットカードは全くの別物です。ショッピングにのみ使えるのがクレジットカード、現金を借り入れるのがカードローンというのは基本であり当たり前ですね。

ですが、この二つのどちらを作ろうか悩んでいる方を今でも時々見かけます。「実際は別物なんだから、用途に合った方という事で選べばいいんだけどな…」とは思うのですが、金融関係に今まで全くの無縁の方だと、その一言で片づけられても困りますよね。

そこで私はクレジットカードとカードローンの双方を持っているので、この二つの使い道について、説明できるようにじっくりと見比べてみました。

クレジットで済ませられるならそれでいい?

私は日々の生活においてクレジットカードをかなり多用しています。買い物と言えば通販がメインとなっており、ネットショッピングだとクレジットカードはまさに欠かせない存在です。買い物の可否はクレジットカードが使えるか否かで決めているので、よほどの事が無い限りはカードローンを無暗には使いません。

クレジットカードはすぐに現金が無くても買い物が出来て、一括なら来月に払えばいい…と考えて、一つの結論に至りました。それは『来月に一括で払える買い物ならクレジットカードがいい』という事です。

基本的にクレジットカードも元を正せば借り入れの一種です。信用払いという「来月に払ってもらう」形式で買い物をしているだけであり、つまりは買い物で得た物品を借りている状態とも取れます。となれば「これが欲しいけどお金が無いから、カードローンで借りて買おう」というのにはちょっと待ったをかけざるを得ません。

カードローンというのは無利息期間でも無い限り、短期間でも利息は発生すると思ってもらって構いません。そして買おうとしている物がクレジット払いが可能、さらに来月なら一括で買えるレベルの物であるなら、カードローンで少額を借りて払うというのは、極端に言えばナンセンスなのです。
(⇒カードローンの無利息期間はいつ発生する?

もちろん現金払いでしか通用しない物であればカードローンに頼らざるを得ませんが、ネット通販が数多に存在している現代では、クレジットカード対応で買える物に溢れています。カードローンが力を発揮するのは、現金でしか対応できない物…一部の高額商品や払い込みくらいかもしれませんね。

買い物はクレジット、どうしてもの時はカードローンで

だからと言って私の中でカードローンの有用性が薄れているなんて事は無く、現金でしか対応できない物は今後無くならないだろうし、それゆえに現金の重みに加えてそれを借りられるカードローンは社会的にも大きな意味合いを持つんだなあ、と再確認した次第です。

クレジットカードとカードローンを両方持っている方も多いですが、皆さんはどんな使い分けでどんな認識で持ち分けてますか?両方ともお金に深く関わる物ですから、これからも取扱いは慎重に行いたいですね。

ローン支払いが滞るとどうなるかを経験した私の体験談!

今でも残り続ける噂

カードローンと文字にすると何だかスマートな響きであり、そこまで悪い印象を抱かないのですが、はっきりと日本語で表現すると、借金というのも当てはまります。

借金と書くと途端に暗いイメージなり、金融関連の広告にはローンや借り入れと言った比較的柔らかい言葉が使われている理由が良く分かりますね。広告というのはイメージが大切ですし、だからこそ清潔感のあるデザインが非常に重要視されます。

借金という言葉が悪いイメージとなっている原因の一つに、借金を重ねてしまった苦しみを描く再現ドラマなどの『取り立て人』が深く影響していると思います。劇中に出てくる彼らは演技とはいえ、真っ当な仕事をしている人間には見えません。そんな人が取り立てに来る借金は怖いよ…というメッセージが込められているのでしょう。

事実はどうあれ借金が重ねすぎれば怖い物は事実ですが、本当に支払いが遅れたら、あのような怖い人が取り立てに来るのか?実は一度似たような経験をした私の体験談を書いていきたいと思います。

噂は噂、されど注意は必要

とはいえ私がした借金というわけでは無く、私の父親でした。父親はお世辞にも金銭管理がキチッと出来る人では無く、それゆえに返済が遅れる事もままありました。本当なら思い出したくないのですが、やはり強烈とも言える記憶なので、父が死去した今でも脳裏に残っているのです。

とはいえ、ドラマで出てくるような人は来ません。そもそもで言うならああした暴力や恫喝を取り立てに使うのは法律違反であるので、行ってしまえば業者の方が違法金融業と認定されます。私が見たのはスーツを着た、サラリーマンのような方でした。

とは言え支払いが遅れている人の元に向かう取り立て人なのですから、柔らかな物腰というわけにはいきません。多少険しい表情と語気で話す人は子供の私にとっては少し怖く、言葉遣いは丁寧でも、自分でどうこう言える感じでは無いというのは子供心ながら分かりました。その場はしっかり者の母が今後の返済について相談した事で比較的丸く収まりましたが、今でも忘れられない記憶にはなりましたね。

なので支払いが遅れれば取り立て人…とは言っても金融業者の方から督促の訪問は来ますが、所謂怖い人というのは来ません。但し、それは普通のローン会社で借りた場合なので、闇金業者であればそれこそドラマのような、もっと先を行っている違法な行為であなたを脅してきます。絶対に闇金には頼らないようにしましょう。

自分が悪いという事を忘れないように

取り立てに来るという事自体、相当支払いが滞っている証拠です。普通に返済していれば遭う事は無い目なのですが、だからと言って「どうして自分がこんな目に…」なんて思うのは論外です。借りたお金を返していないからこうなった、と反省は忘れないようにしたいものです。最悪法的な訴えに発展する事もあるのですから。

怖いから返す、怖くないから返さないでは済まないのがお金の問題です。そこを理解し、借り入れは慎重に検討して、確実は返済プランで返していきましょう。

アルバイトでも作れるメリットは?限度額が低いカードローン活用法!

チャンスは使うべきか否か

ローンと言えばそれなりの立場に居る人が大きな買い物に使うイメージが強く、カードローンもローンであるがゆえ、どうしても安定した仕事でないといけないと思う方が多いです。それに加えて不況による正規雇用の激減から、ローンと言う物が遠くに思われがちです。
(⇒どのような仕事だったらカードローン発行に有利なのか?

ですが、それは単なる思い込みとも言えます。何故なら最近のカードローンは学生でも作れるように、お仕事に関わらず申し込み、及び発行が可能なのです。

そしてアルバイトの方でも作れるようプランもあり、所得も関係なく作れるのですが、当然条件は最低限の枠に限定され、金利も上限まで発生すると思っておいた方がいいでしょう。
(⇒アルバイトの方でも作れるカードローンについて

カードローンの目指すべきは豊富な限度額に加えて低金利なのが常識ですが、果たしてアルバイトなどのうちに作るメリットとは何なのか?私が感じた事を挙げていきます。

求める物によって決める

まず、最初の申し込みから良い条件でカードローンを作りたいなら、少々現実的では無いと言わざるを得ません。弁護士や医者といったご職業なら最初からかなりの条件で借り入れ枠を用意してもらえますが、さすがに年収や安定性も鑑みれば、アルバイトの身分では少々それは難しいでしょう。

しかし、だからと言って今作る事によるメリットが無いわけではありません。今少しだけの借り入れ枠が必要なら作っておいてもいい理由があるのです。

カードローンの増枠には信頼実績が必要が必要なので、返済を重ねていく事が大事です。そうなると「今ちょっと借り入れが必要だけど、いいカードが欲しいから我慢…」とするよりも、限度額が低くとも今後の為、何よりは今の用入りの為に作る事で、ただの限度額が低いカードローンでは無くなるのです。長い目で見れば返済実績というのはかなり今後のローンで活きてきますので、最低限度額と言われる10万でも作っておくメリットはあると言えるでしょう。

今を助け、未来に活かそう

他にも『今回とりあえず凌げたら解約でもいい』という場合でも作っても問題はありませんし、それでも返済実績になるのですから、決して無駄な申し込みにはなりません。要は『今必要な額と将来もカードローンを持ち続けたいか』という事を踏まえれば、どんな申し込みでも無駄にはならないでしょう。
(⇒解約によるカードローンのメリット

このように、アルバイトでも申し込めるように門戸を広げているのは、決して企業の無駄ではない事が分かりましたね。自分でも役立つ場面かどうか見極め、カードローンを使いこなしていきましょう。

使ったら返済しよう!カードローンを使い続けるなら心がけたい決まり

返済もセットで計画的に

カードローンでお金を借りたのなら次は返済について考えていきましょう。カードローンは簡単にお金を引き出せる為勘違いしやすいのですが、あくまでも『借りているお金』であるという事を忘れてはいけません。

今回はカードローン基礎の最後とも言える返済についてです。この段階を完璧にする事はカードローンにおいて最も重要ですので、最後までどうかお付き合い下さい。

返済日の把握は完璧に

まずは返済日だけはしっかりと覚えて守るようにしましょう。返済日を忘れるというのはにわかには考え難いですが、何事にもうっかりは付き物です。油断だけはしないようにしておきましょう。

返済日というのは基本的に一定の決められた日の中から給料日に最も近い日を選択するか、もしくは一定日数以内ならいつでもいいタイプの二つが多いです。

まず前者の場合、決められた日にちに、支払い方法によって定められた月々の金額を払っていく返済方法です。決まった日にちを守るという事が前提となりますが、その分スケジュールが決まっているので予定は立てやすく忘れにくいと言えます。私は主にこちらを使っていますが、スケジュール帳と併用するならこちらの方が都合がつけやすいですね。

後者であれば例えば支払い日数が三十五日以内なら、最後に支払った日にまた日数が更新されますので、どんどん返していける方ならこちらもいいですね。ただ、感覚がまちまちの場合は忘れやすいのはこちらなので、カレンダーなどにチェックを入れたいところです。
(⇒返済日が選べるローン

都合のいい返済方法を選ぶ

返済方法はATMからの入金、銀行口座からの引き落とし、口座振り込みの三種類があります。日にちと違い、各方法によりかなりオススメとそうでないものの差が激しいです。

まず一番のオススメはやはり口座引き落としです。口座引き落としというのは最初の手続きにおいて銀行口座の指定がやや面倒ですが、それさえ終われば口座にお金さえ入れておけばいいし、手数料もとられないので楽かつお得な方法です。私もこれにしていますが、やはり面倒が無いのは魅力的です。

そしてATM返済をサブ…任意返済に利用しています。カードローンはいかに余分なお金を随時返済していくかで完済までの時間も金利も異なり、当然早い方が良いです。そうなると口座から月々の最低金額を引いてもらいつつ、余ったお金は給料日前には返済に充てる…という方式です。専用のATMなら手数料も発生しなくてオススメです。

銀行振り込みなのですが、実は私は使った事がありません。というのも「振り込み手数料はこちらが負担」なので、余計なお金を払う事になってしまうのです。少額でも手数料も返済に充てれば利子の一部程度にはなる事を考えれば、この方法はオススメできないのです。

完済して真の終わり

そして返済を続けて完済すれば、ようやくカードローンの全てが終わったと言える状態です。ここまでお付き合い下さりありがとうございました。

初心者の方が一連の流れを理解できるようにと申し込み、借り入れ、返済の三大プロセスに絞ってご説明させていただきました。私の経験上の意見も交えておきましたので、よりリアルな借り入れのイメージの助けになれば、と思います。

イメージが掴めれば後は実践あるのみです。極端な話、お金は借りないに越した事は無いのですが、それでもローンを組む機会というのは、この社会を生きるにあたって意外と機会があるものです。その際の知識として、是非お役立て下さい。

発行されたカードを使ってみよう!借り入れまでの簡単ノウハウ伝授!

カードローンを使用してみる

カードローンが発行されたら次のステップです。カードローンが発行されたとしたら、すぐにでも利用しなくてはいけない状況である事も予測されます。そもそも潤沢な貯蓄がある方ならカードローンをわざわざ作るメリットはさして多くないですし、借り入れが必要になってから発行したという方も少なからずいらっしゃられるでしょう。

そこで今回はカードローンを実際に使ってみるにあたり、お金の借り入れ方法を見ていきましょう。そこまで難しい物ではないのですが、せっかく作ったのに借り入れ方法がわからないのであれば必要な時に利用出来ずに勿体ないですね。各方法ともしっかり覚えて実践してみましょう。

ATMから引き出してみよう

まずは最も基本とも言われるATMからの引き出しですね。これはその銀行や提携先のATMから必要な金額を指定して引き出す方法で、利用者の方も多いのでは無いでしょうか。銀行などであれば相談窓口もあるので、質問などがあればすぐに質問できるのもポイントです。たまには窓口を利用して、わからない事は全て解決するようにしておきましょう。
(⇒窓口相談のススメ

基本的に操作ガイダンスが表示される為迷う事はほぼ無く、無人支店で無ければ上記のように教えてもらう事もできる為、迷う心配はほぼありません。後述する振り込みよりもシンプルな操作で済むので初心者でも安心、出来れば一度は経験しておいてもいい方法でしょう。

但し、専用では無く提携ATMの場合、提携先への手数料という事で幾分か余計な費用が発生する事も多くなります。多額というほどではありませんが、積み重なるとバカに出来ない値ですので、可能であれば専用ATMを探しておきたいところですね。
(⇒専用と提携先によるATMの違い

振り替えの手間を省く銀行振込

自分の口座から引き落としにしていた費用が急に足りなくなった!という経験はありませんか?そんな場合には銀行振込を使ってみましょう。

銀行振込は手数料の有無はまばらですが、利点としては直接口座にお金を借り入れる為、借り入れてからまた口座に振り込んで…という手間が省けます。例えばインターネットでの借り入れ返済に対応している企業の場合、家に居ながらにして借り入れと口座への振り替えが出来るという事を意味しています。

他にも電話による指示でも振り込んでもらうことは可能ですが、やはりインターネットがある事でより一層強みが輝く借り入れ方法と言えるでしょう。

借り入れた後は有効に使う

カードローンを借り入れるとなると、今現在はこの二つが主流となっています。昔のように窓口のみであったなら多少変わりますが、やはり現代の借り入れの主力がカードローンである以上、この二つの方法を覚えておく事は大事です。実際に申し込みから発行までできた方なら然したる苦労もなく操作できるはずですので、頑張って下さいね。

カードローンを使うという事は借り入れるまででは無く、借り入れたお金を使い、そして返済まで済ませる事が重要です。次回はその返済方法について学んでいきますので、確実に一つづつ覚えていきましょう。
(⇒カードローン返済について

どこまで使える?カードローンが対応できる状況を考察してみよう!

カードローンの使い道は

カードローン、即ちローンという物は大体において、大きな買い物の際に足りない部分を補う役目があると言えます。ローンの中でもより自由な用途が魅力のカードローンなら、日々の生活の中で生じるちょっとした部分にも使える事でしょう。

そうした部分があってこそ私たち消費者の生活に最も根ざしたローン形態となりましたが、そうなるとローン本来の用途…大きな買い物、それこそ住宅や車といったローンの力を借りなくてはならない買い物においては通用するのか?

そもそもマイホームには住宅ローン、車にはマイカーローンという専用ローンもありますが、敢えてカードローンで組む事は出来るのか、そしてメリットはあるのか?有担保のローンとよくよく見比べてみましょう。
(⇒大きな買い物をする際に組むべきローン

カードローンはどこまで使える?

証書貸付の事をご存じの方ならお分かりかもしれませんが、やはり基本的にはカードローンよりも低金利な有担保ローンの方が、数百万以上の単位の借り入れなら便利な面が多いのは否めません。カードローンというのはローンの中でも最高の手軽さがある分、じっくり払うなら昔ながらのローンの方が有利な場面が多いのです。

車であれば数十万で買える物ならカードローンでも十分対応可能ですが、お手ごろな車を買うなら人によっては貯蓄で賄える場合もありますし、マイカーローンを組む事が出来ると考えれば、カードローンのメリットはポイント還元があれば付与されるくらいでしょうか。とはいえ下限金利のカードローンであるなら3%くらいで借り入れられる場所もあるので、その場合はマイカーローンの金利と相談して使い分けてもいいかもしれません。
(⇒ポイント還元があるカードローンを使ってみよう

そして住宅購入となると数千万単位にのぼる事もあり、カードローンの限度額ではどれも少々物足りないと言わざるを得ないでしょう。部分的にカードローンから…というのもローンが大変になるだけで現実的ではありません。どうしてもと言うなら、住宅ローンの支払いが残りわずかでカードローンの限度額内で返済可能なら、車と同じく金利によってはカードローンの支払いに切り替える場合の方が良い事もあります。

大きな買い物の少し手前くらいが一番頼れるカードローン

このように書くと中途半端に感じられるかもしれませんが、車や住宅と言った「人生において高額な物」よりも日常生活の中でつい予算をオーバーしてしまったというような「生活において起こり得る範疇」の補佐が一番カードローンに向いていると言えます。

言葉にすると曖昧ですが、学費や事故などによる医療費にぴったり、と書けばその重要性は伝わる事でしょう。あくまでも他のローン形態の得手不得手を理解するのがカードローンの上手い使い方では無いでしょうか。

これから始めるカードローン!まずは申し込の流れを知ろう!

これからカードローンを始める方に

皆さんこんにちは。恐らくこの記事を読んでくださっている方は、カードローンについて調べている、もしくは調べ始めている方が多いと存じ上げます。そしてカードローンについて知りたいと思い、尚且つこの記事を参考にしようと思っていただけて嬉しいです。

調べ始めている方が多いという事は初心者の方が多いという事です。そこで今回は、カードローンを初めて借りる方向けに申込書と金融機関の種類をご説明、そして私の推奨方法をご紹介したいと思います。初めての方がより楽に、そしてより良いカードを作れる為に私の見た物、そして経験した事を元に書いていきますので、是非参考にしてみて下さいね。

まずは申し込みをしよう

カードローンを作るにはまず審査が必要です。これは作った事が無い方でもご存知かもしれませんが、申し込み方法も様々なのは意外とご存知無い方も多いのです。

基本的に紙面での申し込みが印象に強いと思われますが、カードローンは今ではインターネットに対応している所も多く、申し込みからインターネットで行える場所も多いのです。

パソコンとネット環境があるとインターネットからの申し込みは便利な点が多く、私としてもこのインターネットからの申し込みの方が多かったりします。中には借り入れ返済まで操作可能な場所もある為、ローン会社を選ぶ際にはこうしたインターネットでの対応力を参考にするのもいいでしょう。申し込みをインターネットで行うと紙面よりも早い場合が多いのでおすすめです。

銀行か消費者金融か

カードローンには信販系という種類がありますが、基本的にカードローン単体が目的で申し込むなら銀行系か消費者金融が発行した物の中から選ぶ事になるでしょう。クレジットカードも欲しいなら信販系も選択肢に入りますが、基本的にカードローンは二種類の金融機関から選ぶと思っておけばいいでしょう。

どちらを申し込むべきかですが、私としてはやはり銀行系カードローンをおすすめします。お急ぎなら審査の早い消費者金融系カードローンでもいいですが、カードローン単体の性能で見た場合、それはやはり一目瞭然です。

銀行系カードローンは低金利で豊富な最大の限度額と、カードローンの基本的に必要とされている要素が優れている為、カードローンが必要になった場合、誰でも安心して使えるのが特徴です。次にお話する要素の都合で最初から最大条件というのは難しいかもしれませんが、それは消費者金融でも同じ事なので、それならより安い方となると、当然銀行系カードローンになってしまうのです。

消費者金融のメリットというのはキャンペーンなどをチェックして利用タイミングなどを考えないとお得にするのは難しいので、総合的に考えて初心者向きとは言えません。まずは銀行系カードローンを目指す事を目標としましょう。

大まかな流れを理解し、申し込んでみよう!

さて、これがまず最初に申し込むまでの流れとなります。
これでまずは申し込みは完了です。次の記事では実際に使う方法をお教えしていきますので、まずは最初の審査を通過する事を目指しましょう!
(⇒カードローンを使ってみよう!

カードローンはいつ作る?最高の状態で使えるタイミングを知ろう!

カードローンの作り時を考える

カードローンというのはフリーローンと違い、借り入れ枠が決まってもすぐに使わないといけないわけでは無く、そのまま置いておく事も出来ます。

とはいえお金を借りられる枠を置いておくという事は、盗難や使い過ぎのデメリットが側にあるとも言え、それを嫌って借り入れが必要になるまで作らない、という意見もあります。暗証番号があるとはいえ盗難に遭えば危険性は高いので、無理して作って精神衛生を悪くする必要はありません。
(⇒暗証番号の管理を徹底したい理由

但し、やはりカードローンを便利に使うなら作るタイミングというのは重要です。必要になってからか、それとも事前に備えるか。そして自分を取り巻く環境はどんな時か。

最も有利な時に、最も優れた一枚を作っておく

そこで私が考える最もカードローンを作っておきたいタイミングというのは『今すぐ必要で無く、尚且つ若いうちで仕事も安定している時』が最もいいタイミングであると言えます。

まず今すぐ必要で無いという点ですが、これは作って置いておくのに抵抗がある方ならともかく、カードローンというのは「作っておけばいつでも借りられる」という事が大切です。極端な話ですが、必要な時にすぐ借りられない…今からカードローンを作ってとなると、即日融資でも無い限り、カードローンの利点の一つが潰れてしまうとも言えるでしょう。
(⇒即日融資をしてもらうなら

そして仕事と年齢も大事です。特に仕事に関しては「転職するならカードローンを先に申し込んでおくべき」と言われるくらい大事で、ローン会社がいかに現職を審査基準として重視しているかは察せますね。今作れば限度額も豊富だけど、次の転職先の仕事だと最低限しか作れない…という事はままあります。年齢に関しては年相応の年収があるか役職に就いていればそれなりに対処可能ですが、仕事に関してはそうこう簡単に出来ないものです。
(⇒カードローン審査を有利にする職業とは

作れる時に作っておくのが最も有効

カードローン最大の魅力はやはり借り入れ枠を自由に使える機動性です。そしてより使い道を豊富にしてくれるのは低金利と限度額です。それらを併せ持った状態で使うならご説明通りに備える事で、最大のパフォーマンスをカードローンは発揮してくれます。
(⇒金利と限度額の関係

無理して作る必要が無いのには変わりませんが、いつでも使えるように備えておきたい!という方は是非このチャンスを逃さないようにして下さい!

<1 2