リボ払いと定額払いの違いを知る

リボ払いと定額支払い、利用者にとってお得な方を選ぶには?

リボか定額か

カードローンの月々の支払いになると、大きく分けると二つに絞られると言えます。一つはカードローンではお馴染みとも言えるリボルビング払い、もう一つは定額払いと呼ばれるものです。

定額払いは文字通り毎月自分が決めた金額を支払っていく方法、リボルビング払いは月々の最低金額以上の決められた金額を払い、借り入れ残高が減れば減るほど、月々の支払い額が減るという方式です。こうして聞くとどちらもそこまで大差が無いように感じますね。

ですが、実際は返済ペースにおいて、かなりの違いがあると言わざるを得ません。返済をこれから始める方の場合はリボルビング払いを何となく選ばれている方も多いですが、それは少し考えてからの方がいいかもしれません。

手間を減らして早く払い終えるなら

ここまでのご説明でお分かりかもしれませんが、私は定額支払いを推奨しています。リボルビング払いは無理なく返済出来て良いと謳っていますが、やはり良い面以外はなかなか公にはならないものです。

リボルビング払いで残額スライド方式だと、先にご説明したように残りの返済額に応じて月々の最低支払額が減少していきます。つまりは返していけばどんどん楽になる…というのは事実なのですが、そこだけしか見てないと、足元をすくわれる事になります。

ローンの返済というのは基本的に発生した利子に返済額を充てていきます。つまりは利子を引いた金額が実際の借り入れ額から減っていくという事でして、月々の支払金額が減れば減るほど実際の借り入れ残高は減らないのです。

その点定額なら自分が金額を定める事により、別途指示がない限りは毎月その金額を支払っていく事になります。変更が若干面倒ではありますが、変動が無い分支払い終了までの算段をしやすいのが特徴です。

また、任意返済も合わせる事で素早くローンは終わりますが、その任意返済分を予め算出できるなら、月々の定額支払い分に合わせておく事で、自分で振り込みに行く手間も省けます。カードローンを使うなら家計簿をつける事も大事ですが、定額支払いであればこういう時に金額の決定がスムーズになりますね。
(⇒カードローンは任意返済でスムーズに終わらせる

無駄なくシンプルな定額返済

元々ローンと言えばリボルビング払いでは無く、月々の定められた金額を返済する方式しかありませんでしたが、カードローンの台頭により随分と存在感を増していきました。月々の負担減という意味では使用者のリスクも多いですが、それ以上に支払いが長引く事でのローン会社の利益になりやすいので、推奨されるのは仕方がないというところかもしれません。

切迫した家計ならリボルビング払いで凌ぐのもいいですが、最終的に見れば早く完済する方が、利用者にとってお得なローンになります。余裕が出てくれば切り替える事も検討するようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加