カードローンを最高の状態にしておくには

カードローンはいつ作る?最高の状態で使えるタイミングを知ろう!

カードローンの作り時を考える

カードローンというのはフリーローンと違い、借り入れ枠が決まってもすぐに使わないといけないわけでは無く、そのまま置いておく事も出来ます。

とはいえお金を借りられる枠を置いておくという事は、盗難や使い過ぎのデメリットが側にあるとも言え、それを嫌って借り入れが必要になるまで作らない、という意見もあります。暗証番号があるとはいえ盗難に遭えば危険性は高いので、無理して作って精神衛生を悪くする必要はありません。
(⇒暗証番号の管理を徹底したい理由

但し、やはりカードローンを便利に使うなら作るタイミングというのは重要です。必要になってからか、それとも事前に備えるか。そして自分を取り巻く環境はどんな時か。

最も有利な時に、最も優れた一枚を作っておく

そこで私が考える最もカードローンを作っておきたいタイミングというのは『今すぐ必要で無く、尚且つ若いうちで仕事も安定している時』が最もいいタイミングであると言えます。

まず今すぐ必要で無いという点ですが、これは作って置いておくのに抵抗がある方ならともかく、カードローンというのは「作っておけばいつでも借りられる」という事が大切です。極端な話ですが、必要な時にすぐ借りられない…今からカードローンを作ってとなると、即日融資でも無い限り、カードローンの利点の一つが潰れてしまうとも言えるでしょう。
(⇒即日融資をしてもらうなら

そして仕事と年齢も大事です。特に仕事に関しては「転職するならカードローンを先に申し込んでおくべき」と言われるくらい大事で、ローン会社がいかに現職を審査基準として重視しているかは察せますね。今作れば限度額も豊富だけど、次の転職先の仕事だと最低限しか作れない…という事はままあります。年齢に関しては年相応の年収があるか役職に就いていればそれなりに対処可能ですが、仕事に関してはそうこう簡単に出来ないものです。
(⇒カードローン審査を有利にする職業とは

作れる時に作っておくのが最も有効

カードローン最大の魅力はやはり借り入れ枠を自由に使える機動性です。そしてより使い道を豊富にしてくれるのは低金利と限度額です。それらを併せ持った状態で使うならご説明通りに備える事で、最大のパフォーマンスをカードローンは発揮してくれます。
(⇒金利と限度額の関係

無理して作る必要が無いのには変わりませんが、いつでも使えるように備えておきたい!という方は是非このチャンスを逃さないようにして下さい!

このエントリーをはてなブックマークに追加