闇金に引っかからない為の知識を身に付ける

もう闇金には引っかからない!見抜く為の闇金三つの特徴!

闇金には引っかからない

カードローンの審査基準というのは一昔前に比べて厳しくなりつつも、同時に多くの方に利用してもらう為、職業などの条件を随時見直しています。今ではカードローンは学生でも持てる事から分かるように、作るのも借りるのも、日々を普通に過ごしている方なら問題無い事も多いでしょう。
(⇒カードローンの条件が見直される原因となった時代

それなのに闇金の被害に遭う方は後を絶たず、今こうしている間にも苦しめられている人が居ると考えると、この国の歪みに頭を抱えたくなります。

闇金というのはテレビでも取り上げられる事が多い違法金融業者です。その法外な金利と非人道的な取り立てにより普通のローン会社までにも悪いイメージを植え付けた張本人と言える存在で、ある意味騙される方がどうかしているような条件で、今日も誰かを騙しています。

ちょっとでも金融業界の事を齧れば見分けられる存在ですが、知らないままでは十分危険なのも事実です。よって私が良く見る闇金業者の特徴をお教えしますので、これらを見ても決して使おうなんて思わないようにして下さいね。

闇金業者の特徴を見抜く

まず闇金業者には電話をする事自体が危険です。電話番号という個人情報までも悪用する闇金業者は非常に多いので、電話して気付いて借りなかったとしても、必要な迷惑行為を行う事は良くあります。

まず闇金業者の電話連絡先の番号は携帯電話の番号である事がほとんどです。街中で見かけたチラシの連絡先が携帯電話であったならば、真っ先に疑っておきましょう。こちらの電話番号を控えられでもしたら厄介です。

次に『ブラックOK!』という謳い文句です。ブラックリストというのは実は俗称であり、実際は借り入れに際して返済が滞ったりした人の事故記録がそれに当たります。そうした俗称を使っているという事は会社という体裁から考えてもおかしいし、何より金融事故を起こした人に喜んで貸し付けをしてくれるほど、普通のローン会社の審査は甘くありません。万が一そのブラックリストに該当している自覚があれば、借り入れに関しては諦めた方がいいでしょう。

最後に大手金融業者『そっくり』の名前を謳っている事です。思わずジョークと疑ってしまう行動ですが、電柱などに貼られているチラシを見ると、ちゃんとした大手ローン会社の名前を意識したとしか思えない、一文字程度をもじったような名前が書かれています。さらには前述したブラックOKといった事も記載していれば闇金確定のようなものです。「読み間違えて…」なんていうのはあまりにも間抜けなので、名前も一応しっかり確認しましょう。

闇金には何があっても頼らないように

本当に「こんなのに騙される人の気がしれない」と言われそうな項目が多いのですが、闇金被害が絶えないという現状が「いかにして何も知らない人を騙してお金を巻き上げるか」という事がまだ横行している証拠です。

今回お教えした特徴を頭に入れておけば騙される側になる事はほとんどありませんが、巧妙化するのが犯罪です。油断せず、怪しいと少しでも思えば借りないようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加