カードローンを使う優先順位を見直す

その借り入れは本当にお得?時には借り入れよりも優先すべき事とは?

カードローンの優先順位

カードローンは一度作る事が出来れば、いざという時に非常に便利な存在です。借り入れタイミングも目的も自由に行えるのですから、非常に小回りが利くのが魅力的です。
(⇒用途が自由なカードローンの魅力

それゆえ「ちょっと足りないから借り入れよう」という場合でも気軽に扱えるのですが、そういう場合にこそ待ってもらいたいと私は考えます。そしてカードローンの優先順位というものを考えてもらいたいのです。

最後の手段としておくのも選択肢

カードローンを使うという事はお金を借りる事であり、お金を借りるという事は、今自分の手元にお金が無いという事です。当たり前の事を…と思うかもしれませんが、それでも思い出してもらいたい事は『どこからお金を引き出せるか』という事です。

確かに今すぐ必要で銀行もやってないし、現金をすぐさま引き出せるのはカードローンだけ…という場合なら仕方がありません。むしろそうした場面に対応できるのがカードローンの強みであり、有効活用法と言えるでしょう。
(⇒24時間対応のカードローンの使い道

ですが、銀行口座に余裕があって、尚且つ今引ける状態でカードローンに頼るというのは、どうでしょうか?口座に入っているのが公共料金の引き落とし分などであれば手を付けてはいけませんが、それが預貯金であったら、どうするべきか?

貯金に励まれている方には少々抵抗があるかもしれませんが、後々の事を考えれば、私としてはカードローンに頼る前にご自分のお金である、預貯金をやりくりしての運用をオススメしたいですね。

カードローンはお金を借りている状態になりますので、当然金利が発生します。そうなると借りた分を返す際には当然借り入れた金額以上の出費が後々発生する為、言い方は悪いですが結果で見ればマイナス支出が増える事となります。

しかし、預貯金内で済ませる事が出来れば、あなたのお金で事が済むのですから、貯蓄が減ったとしても余裕がある時にまた貯めればいいので、金利を払う必要も返済に追われる事も無くなります。カードローンが非常に便利であるがゆえにこの優先すべきお金の引出先が逆転し、結果として損をする方が多いのは少々皮肉な状況とも言えるかもしれませんね。

カードローンは本当にいざという時に使う/h3>

借りた額が少なくすぐさま返済出来れば金利手数料も最小限で大きな差は無いかもしれませんが、ある程度借り入れも増えると金利の差も大きく開いてきます。それを踏まえてカードローンの優先順位を考えたいですね。

とはいえカードローンにもキャンペーンにより無利息になる事があったり、一週間なら何度でも無利息のカードもあります。それらの利便性は時として預貯金を切り崩すよりも素早くあなたを助けてくれる事でしょう。
(⇒一週間なら何度でも無利息になるカードローン!

今回は金利による負担に焦点を当てた記事でしたが、場合によってはそれでもカードローンを使う方が良い事もあります。あくまで余裕がある時を前提に、どちらを使うかすぐさま判断できる力が欲しいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加