アルバイトのカードローン利用可否について

アルバイトでも恐れるな 安定していれば利用できますカードローン

急に現金が必要となったときに重宝するのがカードローンですね。ローンと言えば、住宅ローンや自動車ローンなど、ある目的を持った使途があるローンが真っ先に思い浮かぶところですが、今では、サラ金などと言われあまり良いイメージの無かった現金借入を行うカードローンが大変便利で気軽に使いやすくなっています。

一方、今の時代、経済状況が悪化し安定した職業に就けない人も多くいます。正社員になれないためパートやアルバイトをしながら生活するため、安定した収入が得られません。といっても、周りの状況は相変わらずですから、突然現金が必要になる場面もあります。

こんなときに重宝するのが前述したカードローンになるわけですが、パートやアルバイトを生業にしている人にとっては安定収入がないために利用したいけど利用できない、どうせ利用できないだろう、不安であるということで躊躇してしまうところでしょう。

さて、カードローンとアルバイトということでの実態ですが、実際にはアルバイトを職業としていても利用できるカードローンがあります。ただし、少し条件というか制約はついてしまいます。

アルバイトである場合でも、安定した収入であるということがあげられます。カードローン会社も、やはりは、貸したものは回収し、利息もきちんと受け取ることで成立している企業ですから、利用者の収入安定性はポイントになってしまいます。

また、カードローンを利用する際には、必ず審査というものがありますので、収入の安定性はここでも着目されることになります。借入ることが可能な限度額も、比較的利用しやすい消費者金融系カードローンであれば、年収の3分の1までという制限が法律で定められているためどうしても限度額は決まってしまいます。

銀行系カードローンであれば、法律上限度額は定められませんが、その分、銀行系カードローン会社は、金利は少し高め、審査は少し厳しい傾向にあるようです。

アルバイトはカードローンを利用できないことはないけれども、やはり気軽に容易に利用できるというのには語弊があるかもしれません。とはいっても、利用できないことではないので、上手に利用するしかないでしょう。

ポイントは定期的で安定した収入であることです。アルバイトという職業自体がポイントではありません。アルバイトでも安定収入があればいいわけですから、ある程度収入があがるようにアルバイトを複数持つなどしてみるのも手かもしれません。いずれにしても、アルバイトを締め出しているわけではありませんから、まずはカードローン会社に利用できる条件を確認するなど相談をしてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加