ブラックと金融事故との関係

ブラックにならないように!カードローンに金融事故は禁物!

カードローンを利用するからには、少なくとも「ブラック」という言葉とその言葉が何を言っているのかを知っておくことが必要です。「ブラックリスト」という言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、このようなリスト自体は存在しません。

カードローン会社は、利用申し込みがあると必ず審査を行い、利用申し込み者にお金を貸してもきちんと返済能力があるのか、ということを調べます。カードローン会社は、お金を貸すことで利益を上げる会社ですから、貸したものはきちんと金利を加えて返済してもらわなければ成り立ちません。

審査の際には、申込者が過去に返済を滞納したり自己破産や債務整理と言った金融事故を起こしていないかということを、信用情報機関に問い合わせます。ここでいう信用情報機関が所有している金融事故情報というものを「ブラック」と呼んでいるわけです。

信用情報機関に金融事故情報として記録されてしまうと、カードローンはほぼ利用できないと言っていいでしょう。記録されるとはどういうことか。過去、カードローンを利用した際に、返済期限までに支払いがなく、更にある一定期間以上も返済が無い場合、金融事故として記録されてしまいます。

1日でも返済期限を遅れてしまうだけで、「短期延滞」と記録され、例え、すぐに支払いをしたとしても、「延滞解消」と記録されるのです。そのような性質を持つ人だ、ということが記録されてしまうのです。当然、カードローン会社は、容易にお金を貸してくれないでしょう。リスクが高いわけですから。

また、債務整理や自己破産といった情報も記録されます。このような段階の情報になると、返済が全て終わっても、その後5~10年は事故情報として信用情報機関に残されます。その期間は、カードローンはもちろん、住宅ローンも、自動車ローンも組めなくなります。

つまり、カードローンを利用する際には、とにかく滞納、支払いが遅れるなどといった約束違反は絶対に避けなければいけません。ちょっとしたことが、後に困ったことになってしまいます。「信用」の二文字で成り立つ取引です。利用者側は利用者としての責任できちんと利用する姿勢が必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加