カードローンと延滞

カードローンで返済が延滞してしまったらどうなるの?

カードローンはお金を借り入れできる便利なサービスです。ATMがあれば、コンビニでも簡単に利用できるために、その利便性が高まっているとともに、利用者も増えています。

しかし、カードローンは返済のことを考えずに、あまりに安易に借り入れを行ってしまうと、後々になって返済で苦しむことになりかねません。そのため、カードローンは返済が肝であることをしっかり認識する必要があります。

そして、もし返済期限までに返済できなかった場合…つまり延滞してしまった場合、当然ながら、カードローン会社からはマイナスのイメージで捉えられてしまいます。「この人は、返済期限を守らない人だ」というイメージをもたれてしまうために、次のカードローンを行う際、審査で不利になるケースも多いのです。

そして良くありがちなのが、「延滞してしまったから、連絡しづらいな…」と感じて、カードローン会社にまったく連絡を取らないということです。しかし、延滞してしまった場合、それを放置していることは最もやってはいけないことなのです。理由は何であれ、延滞してしまったときは、1日も早く、カードローン会社に連絡することが重要です。延滞の理由などを説明し、すぐに返済すれば、それだけイメージダウンは小さくて済みます。

当然ながら、返済が延滞している場合、新たなカードローンを組むことは出来ません。さらに、何度も延滞を繰り返している場合、徐々にカードローン会社からの信頼を失うことになるため、借り入れの際に断られてしまうこともあるのです。

つまり、カードローンにおいては返済がとても重要であるというのは、カードローン地獄を予防する意味でも大切なのですが、カードローン会社との信頼関係を構築する上でも大切なポイントだからなのです。それゆえに、延滞は数日程度なら目をつぶってくれるかもしれませんが、まずは延滞をしないようにしっかり返済プランを考えるようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加