学生でもカードローンを使えるケース

学生でも?カードローン? 本業の学業優先に計画的な利用に注意を

カードローン会社は、お金を貸すことで利益を上げなければいけない企業であるため、お金を貸す以上は、きちんと返済してもらわなければ成立しません。したがって、カードローンを利用できる条件としては、やはり収入が定期的で安定していることが第一の条件となります。

一方、学生でも、家からの仕送りが遅れる、アルバイトの収入が遅れるなど、いろいろな場面でお金が突然必要になることもあります。学生でも年齢が重なるほど、社会の中での活動範囲も広がります。

しかし、基本的に学生はカードローンを容易に利用することはできず最低限の条件があります。それは、少なくとも20歳以上で安定収入があるということが条件になります。20歳未満の未成年は一般的にカードローンを利用できません。また、20歳以上でも安定した定期収入が無い学生は利用できません。

とはいうものの冒頭申し上げた通り、学生でも急にお金が必要になる場合もあるでしょう。仕送りに頼ることなく何とかしなければいけないこともあります。そんな学生のニーズに対応すべく学生向けのカードローンというものがあります。

学生でも利用できるカードローンは、高校生を除く満18歳以上の大学生、専門学校生を対象としているものです。学生向けカードローンへの申込みには、運転免許証、健康保険証などによる本人確認のほか、所属する学校が発行する学生証が必要です。

申込時に用意しなければならない書類が一般と少し異なるほかは、ほぼ同じ内容になりますが、金利はやはり学生相手の商品であるため比較的低めに設定されているようですし、借入可能な額も低めです。

担保や保証人を用意する必要がなく、学生だからということで両親に連絡が行くようなことはありません。とはいうものの、決して本来の安定した収入があるとは言えません。あくまで学業が仕事です。結局、親の助けをもらうようなことが無いようにしなければいけませんから、学生ローンの容易な利用は禁物です。計画的に利用することが必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加