総量規制と限度額について

限度額があるのは困ってしまう しかし総量規制には対象外あり

消費者金融などお金を貸す金融業からお金を借りることについては、貸金業法という法律で規制されています。従来は、今より比較的簡単にお金を借りられたり、もっと高い額でお金を借りることができました。複数の金融業者からお金を借りてしまう人も多くなり、多重債務者が自殺を選んでしまうなど社会問題化となった時期がありました。

このような社会問題を解決し、健全で安心してお金を借りられるマーケットとすることを目的に、貸金業法は改正されました。この改正では、総量規制と言って、借り入れるお金の限度額を制限することになり、限度額は、年収の3分の1までとされました。

このような総量規制で借入の限度額が定められると、本当にお金を必要としている人たちにとっては困った話です。そこで、注目したいのは、この総量規制には、対象があることです。総量規制は、銀行や信用金庫、信用組合、労働金庫、農協といった銀行系の金融機関からの借り入れは対象にならない、ということです。また住宅ローンや自動車ローンも対象になりません。

つまり、総量規制によってお金を借りられない、というような心配も、銀行系の金融機関の貸金サービス、つまり、カードローンを利用すれば良いわけです。カードローンは、銀行系金融機関からお金を借りる際にカードが発行されることから、そうよばれます。

そのカードを使って、ATMからお金を引き出すことができたり、返済することができたりします。ATMもあちこちにあり、そして営業時間も長いことから、大変利用しやすく便利なサービスとなっています。

以上のように、銀行系のカードローンを利用することで、借り入れの限度額が制限される総量規制に関する心配ごとは無くなるということです。カードローンや消費者金融、キャッシング、総量規制、限度額などいろいろな言葉がありわかり難いかもしれません。貸金業法などの法律を理解すれば、解決することも多くあるはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加