カードローンが払えないときは?

「もう、カードローンが払えない!」そんなときはこうする!

カードローンは最近では非常に利便性の高いサービスとなっています。コンビニATMなどでも簡単に借り入れすることが出来るようになっているため、思わず使いすぎてしまい、気がつけば返済額がすごいことになってしまった…というケースも増えているのです。

では、カードローンが払えないという事態に陥ってしまったときに、果たしてどうすれば良いのでしょうか?もちろん、カードローンはきちんと返済してこそ、その利便性が高まるものです。そのため、返済ができなくなってしまったということは、カードローン会社からの信頼を大きく損ね、次からの借り入れが出来なくなる可能性も非常に高くなってしまいます。

「これでは、もうカードローンを払えないな…」と判断した場合は、まず早めに対処することがとても重要になります。支払えないから逃げ出すという手段をとっていたら、借金はどんどん利息で膨らんでいく一方です。そのため、まずは払えないと判断したら、早めに行動を取ることが重要となります。

まず方法の1つとして、いくつかのカードローン会社から借り入れを行っている場合は、最も金利が安い会社を選択して、ローンを一つにまとめてしまうことが挙げられます。多重債務になってしまうと、返済に大きな手間やコストがかかってしまいがちです。そのため、まずは数多くのローンを一つにまとめて、シンプル化することも返済の手助けとなるのです。

また、どうしても支払えないと判断した場合は、債務整理をすることもポイントになります。信用の置ける弁護士や司法書士に相談することにより、例えば、任意整理や特定調停といった方法で、返済負担を軽減できる可能性もあります。また、どうしても返済できないという場合には自己破産の手続きを踏むことになります。

重要なのは、返済に困って逃げ出さないことです。もう払えない…となった場合は、1人で考え込まず、周囲に相談することで新しい道が開けたり、新たな方法が見つかったりするのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加