カードローンの返済期間

知っておきたい!カードローンの返済期間ってどのくらい?

カードローンを利用するときは、必ず返済のことをしっかりと頭に入れておかなければなりません。返済があってこそのカードローンなのです。

では、カードローンの返済期間はどのくらいなのでしょうか?

この疑問に対して、明確な答えはありません。借り入れた金額によっても変わってきますし、どのように返済するかによっても変わってきます。ただ1つ言えることは、返済期間が短いほど、利息を安く押さえることができるということ。利息は借り入れている時間が長いほど、比例してどんどん膨らんでいくものです。つまり、借りたらすぐ返すことが、利息を安く抑えられることにつながるのです。

例えば、カードローン会社によっては、借り入れ後、1週間や1ヶ月といった定められた期間内の返済であれば、無利息になるというサービスを行っているところもあります。この場合、借りたお金をとそのままの額を返済すれば良いため、一切ロスなく借り入れが出来ます。このようなサービスがなくとも、一括返済ならば利息を安く抑えられるのです。

一方でリボルビング払い、いわゆるリボ払いは毎月一定額を返済していく手法ですが、この場合、借り入れ額が少なければ、返済期間も短くて済み、利息も押さえられます。しかし、借り入れ額が多いのに、月々の返済額が少なければ、当然、元金部分の返済が少なくなり、返済期間はどんどん長くなる一方で、利息も多く支払わなければならなくなります。

リボ払いの中でも残高に応じて返済額が決まる残高スライド方式ならば、通常のリボ払いよりも返済期間が短くなり、利息も押さえられます。

つまり、利息は返済期間によっても大きく左右されるということを理解しておくことは、カードローンを利用する上では、とても大切なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加