カードローンの申込みの必要書類について

必要書類は以外にシンプル カードローンには少なくとも健康保険証

カードローンを利用するために申込みをした際には、一定の書類を用意しなければいけません。それらの書類は、カードローン会社にとって申込者本人のことを知る、信用を知る最初の一歩になる重要なものとなります。

カードローンに申し込むと、審査があり、申込者についてお金を貸してもきちんとした返済能力があるのか、いくらまで貸しても良いのか、といった審査が行われます。この審査にも使われる書類が必要となるわけです。

カードローンの申込みにはインターネットからの申込みもありますが、インターネットであれば、健康保険証の種類を確認する程度となります。特段の書類を用意しなくても受付から審査、融資まで完了します。

ですが、きちんとした正式な契約は行われます。必要な書類は、後にカードローン会社から契約書が送られてきますので、その契約書に必要事項を書き込み返送する際に、様々な証明書や書類のコピーを送ります。この際に必要な書類は、一般的には、免許証や健康保険証といった身分証明書です。

借り入れる金額が、50万円以上となるカードローンに申し込む場合は、収入証明書というものが必要となります。

身分証明書として健康保険証が必要とされますが、健康保険証は勤務し健康保険に入っていれば持っているものであり、勤務先など申込者がどのような働きをしているかがおおよそ把握できますから、カードローンの審査では必ず提出を求められます。

またカードローン会社によっては、健康保険証だけでは足りない場合もあります。その場合に求められるのは顔写真つきの公的な証明書です。これは、運転免許証やパスポートになります。顔写真の他、住所も書いてあり非常に信頼度の高い書類となります。

50万円以上の借入には、前述したように収入証明書が必要です。これは、収入を証明する書類であり、給与明細書、源泉徴収票、税額通知書、納税証明書、所得証明書、確定申告書があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加