カードローンに保証人は不要であること

保証人が不要で気軽な便利なカードローン 身近なサービスです

モノの貸し借りには、必ず返却というものがあるように、お金の貸し借りには返済がありますね。当たり前の話ですが、このお金の貸し借りに当たり前の返済ができなくなるケースも、ある意味付き物と言えます。

借りる側としては、当然返すつもりで借りるわけですが、やはりお金は一つ間違えると魔物になってしまい、なかなか返済できなくなるのです。そもそも、お金に困るから、お金を借りるわけですから、計画的にお金を借りなければ確実な返済もできないのです。

このようなお金の貸し借り、いわゆる資金の融資では、何かを担保としたり保証人を必要とすることは一般的と言えるでしょう。しかし、カードローンについては、基本的に保証人を必要としないケースが多くあります。

これは、カードローンを利用する人の返済能力を勘案し返済意思を担保としているのです。お金を借りる理由は人によって様々ですが、カードローンという商品は、ターゲットとする利用者層を定め、返済能力と返済意思をある範囲内で担保とすることができるのでしょう。

ただし、カードローンでも保証人が必要となるケースもあるので注意する必要があります。利用者が学生の場合は、保証人を求められます。また、多重債務者もそもそもカードローンを利用すること自体は非常に難しいわけですが、場合によっては可能となることもあるようで、この場合は、保証人や担保を設定することが必須となるわけです。

これは、つまりは、返済に一部信用が無い、返済能力の部分での信用が十分ではないということです。利用者本人の信用が一般に照らして足りないため、保証人を必要とするわけです。

また、カードローンでも、消費者金融のカードローンでは保証人を必要としなくても、銀行や信販系のカードローンでは保証人が必要となるケースがあるようです。利用者が未成年の場合は、保護者を保証人とする必要があります。

保証人の要否については、利用者の年齢や立場、カードローン会社によって一概には言えませんから、利用前に各カードローン会社に問い合わせをしてみる必要があります。いろいろな会社に問い合わせてみて、保証人を必要としないカードローンを利用した方が余計な手間も不要となります。上手に利用することをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加