カードローンの過払い請求

最近良く耳にする!カードローンの過払い請求って?

最近、弁護士事務所や司法書士事務所のテレビコマーシャルなどで、払いすぎた利息を取り戻せる過払い請求というものがあることを耳にしたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。カードローンを利用するに当たって、この過払い請求とはどのようなものなのか…その知識だけは頭の片隅に入れておきたいものです。

そもそも過払いとは、法律で定められた金利を超えた支払った利息のことです。この過剰に払った利息分を返還するように求める請求のことを過払い請求といいます。法で定められた金利とは、利息制限法と呼ばれる法律でであり、例えば100万円以上の借り入れの場合、15%を金利の上限として設定しています。つまりこれを越えると異邦となるのです。

ところが、もう1つ、出資法と呼ばれる法律があり、これでは29.2%という金利上限が設定されています。消費者金融などでは利用制限法違反には罰則がないため、より金利が高く設定できる出資法を基準にして、金利が設定されているのです。つまり、利息制限法と出資法とでは、上限とされる金利が異なるのです。この異なるゾーンをグレーゾーン金利と呼び、これが過払いの対象となるというわけです。

過払い請求をすれば、払いすぎた金利を取り戻せるために、メリットばかりを考えがちですが、正しく手続きを踏んでいかなければ大きな痛手を受けることにもつながります。

例えば、過払い請求をしたカードローン会社に対しては、もう二度とお金を借り入れることは出来なくなります。個人信用情報機関のブラックリストに載ることはなくとも、借り入れをしていたカードローン会社では仮理恵が出来なくなることの覚悟は必要です。

また、過払い請求をする際には弁護士や司法書士に依頼することになりますが、ここでもしっかりした信頼のおける事務所を探すことが重要になります。中にはお金だけ受け取って、何もしてくれない悪徳の業者もあるようです。事務所の見極めもまた、過払い請求をする上では非常に重要な要素となるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加