カードローンの借入に関することについて

カードローンの借入には 方法や利率 事前に勉強しておこう

カードローンで借入するにあたっては、借入方法、借入利率、借入限度額、借入スピードなどいろいろと気になることがあると思います。カードローンを利用する前にこれら気になる点は解決しておいた方がいいでしょう。

カードローンの借入方法には、振込型のキャッシングとATMを利用するキャッシング、カードローン会社窓口でのキャッシングなどの方法があります。振込型は、パソコンや携帯電話、電話などの端末から簡単な手続きをすることで予め登録していた金融機関口座に現金が振り込まれる方法です。

ATMを利用する方法は、カードローン会社が提携する全国の銀行やコンビニのATM/CDを利用し現金を引き出すというものです。24時間年中無休利用できる、全国どこでも利用できるという点がメリットとなります。

借入利率とは、利息や金利とも呼ばれることがあります。借りる金額、いわゆる借入元金に対して、後に返済する際に上乗せされる金額のことを支払利息といい、その利息をどのくらいの率にするかというのが借入利率です。

この借入利率は、お金を貸す商品、住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、キャッシング等など、あらゆる借入についてかかる費用であり、法律で上限利率は定められており年率で示されます。この借入利率の水準は、市場の状況、利ザヤや信用リスクなどを考慮して決定されるもので、大きく分けて「固定金利」と「変動金利」の2タイプがあります。

カードローンの各契約については、借入限度額というものが設定されます。審査に通ったからといって幾らでも上限無く貸すことはできません。それは、返済能力がどの程度あるかということがカードローン会社のリスクにつながるからです。

つまり、カードローン会社は、貸す相手がどのような属性を持つ人なのか、年齢、職業、年収などの属性を評価し、カードローン会社が借入限度額を設定します。当然ながら若い年齢層の学生などは低く、安定した収入がある会社員などは高い設定となります。

その他、新規利用のケースは借入限度額を低くしておいて、その返済実績が信用あるものであることが確認できれば、借入限度額の上限も引き上げられることもあります。カードローンの借入に関しては、各カードローン会社のホームページなどでも詳しく説明されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加