キャッシングとカードローンの特徴

キャッシングとカードローン どちらも同じ?特徴をつかもう!

「キャッシング」と「カードローン」何が違う?

普段の生活でよく耳にする「キャッシング」と「カードローン」という言葉ですが、とりあえずは「お金を借りる」という意味でほぼ同じ目的で使用するもの、という認識のほか、何が違うのかはあまり知られていないのではないでしょうか。

実際に、これらの違いを詳しくしらなくても困らないといえば困らないかもしれませんね。ただ、これらのメリットを有効に活用するためにも、ある程度の違いは知っておいた方が良いでしょう。

「カードローン」はいわゆる「ローン」

ローンは、日常よく見聞きしますね。住宅ローン、マイカーローン、教育ローンととにかく日常生活の中に当たり前に溢れているのではないでしょうか。説明するまでもないと思いますが、ローンは、ある大きな買い物をした際にローン会社にそのお金を支払ってもらい、ローン会社には分割してお金を返済するという金融商品になります。昔は「月賦」と呼んでいました。

今では、ライフスタイルに合わせてお金を支払う場面では、とにかくローンが用意されるようになりました。歯科治療のデンタルローン、海外旅行のトラベルローン、結婚式や新婚旅行のブライダルローンなどがあります。また、特に使い道目的が決まっていなくても良い多目的ローンというのもあります。

このローン、いくらの金額まで組めるのか、という点については、審査を通して決まり、クレジットの枠とは分けられます。返済方法は、返済金額を決めるものと、一定の返済額によるリボルビング方式もあります。

このような「ローン」は、以前からあったわけですが、近年、このローンに専用のカードを発行することで、ATMからも現金を借りることができたり、ATMからローンの返済ができたりするようになるなど、利用が便利になりました。こうして、「カードローン」と呼ばれるようになったわけです。

「キャッシング」は現金を借りるサービス

「キャッシング」は、元は、一括で返済することを約束して現金を借りるサービスです。カードローンは大口融資を受けて分割返済するものであり、キャッシングは小口融資を受けて一括返済するもの、となります。

しかし、このような定義も、いまでは前述したようにどちらも小口融資が可能ですから特に「カードローン」と「キャッシング」の違いはないということになります。どちらも、気軽にお金を借り、簡単に返せるといった点で、日所に使いやすく便利になったわけです。

このエントリーをはてなブックマークに追加