カードローンの利用と年齢の関係

返済能力がポイントのカードローン 20歳以上が収入安定の目安に

カードローンは、必要なときに気軽に容易に現金を用意できるため、収入が不安定な人にとってみれば、大変便利なサービスになります。その一方で、やはりお金が絡む借金には違いなく、計画性のない誤った利用となると、いろいろなトラブルを起こす要素もあります。

カードローンは、申込から受付を経て実際に借入までのスピードが速いという面が特徴です。初めての契約でも、即日、つまりその日のうちに審査が終わり借りることができる限度枠が設定されるうえ、全国各地にあるATMを利用することでいつでもどこでも借入できます。

申込者から申込みがあり、受付でその本人の確認が済めば、書類の作成を経て審査が行われます。一方で、インターネットを利用した契約もあり非常に簡単な契約も可能ですが、ここでは本人確認の手続きのうち、年齢制限といった審査基準がひとつの壁になります。

カードローンの利用は手軽ではありますが、やはり返済能力が一つの目安になるため、やはり年齢基準がしっかりと設けられています。当然、高校生や大学生などは対象外ですが、収入のある18歳以上は入会自体は可能のようです。

そもそも、カードローンでは、きちんとした返済能力というものを安定した返済が可能であることを基準としています。学生を対象外としているのは、学業を主とする学生は、そもそも収入が安定しているとは言い兼ねるからです。

ただ基本的には、やはり未成年の契約は対象外のところが多いようですが、20歳以上であれば、法律的にも問題ありません。いずれにしても、それなりに収入が安定しているであろう年齢が基準になるわけです。

カードローンの年齢の上限は、60歳や65歳としているところが多くあります。前述の意味からいえば、60歳も65歳も言えるのは定職があるか、安定した収入があるかということになります。年金受給者でも、安定した収入と言えますが、ただ職が安定しているかというとそうではないので、一応、一定の年齢制限があるようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加