カードローンの利用と年収の関係

年収は返済能力を審査する重要な目安のひとつ 偽ることなく正直に

カードローンを利用するには、必ず審査に通らなければいけません。カードローン会社も利益を上げなければいけない位置企業ですから、貸したお金をきちんと回収することはもちろん、更に利息といった儲け分を上乗せして回収することが必要です。

貸したお金を確実に返してもらうには、返してもらえる可能性がある信頼のできる人にお金を貸すことが大前提となるでしょう。まったくお金を用意できる当てのない人にむやみやたらにお金を貸しても、容易に返してもらえないと考えるのが自然です。

ただ、カードローンを利用する人とは、お金に困っている人であることには違いありません。その一時だけ、お金が無い、時間が経過すれば、きちんと計画することができれば、お金を返せることができる人であることを見極める必要があります。

過去、カードローンなどの借金を返済できないといった事象が社会現象になったことがあり、カードローンなどを規制する法律である貸金業法が改正されています。銀行系のカードローンやショッピングローンを除く、カードローンの利用による借入総額を年収の3分の1までと規制しました。

つまり、年収が少なく返済ができなくなる恐れのある人は、借入できなくなったのです。逆を返すと、年収が少なくてもカードローンで借金できたため返済が滞ってしまい多額の借金を抱えてしまった時代があったわけです。

年収額だけが借入の審査基準となっているわけではありません。前述したように、カードローン会社は、お金を貸す相手が、きちんと返済してくれる能力があるかどうかを審査します。年収のみならず、過去の利用実績や事故の有無、同時に利用しているカードローンが無いかなど様々な情報から審査を行います。

カードローンでは30万円程度が限度額として一般的ですが、50万円以上となる大口融資の場合は、源泉徴収票や給与明細、確定申告書などの年収を証明するための書類が必要となります。いずれにしても、カードローンを利用するにあたり、年収というものが大きなキーとなっていることはお分かりになるかと思います。

とはいっても、カードローンをどうしても利用したいからといって、年収を偽るなどの行為をすると、後々、自分が困ることになります。利用者が思っている以上に、カードローン会社も多くの情報を掴んでいます。

カードローンは、その気軽さと簡易さをウリにしており、少額の借入の場合は年収を証明する書類の提出を必要としていない会社が多くあります。つまり、年収は自己申告となります。年収は、如何様なことがあっても、偽ることなく、正直に実際の年収を申告するようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加