カードローンコラム

記事一覧

アルバイトでも恐れるな 安定していれば利用できますカードローン

急に現金が必要となったときに重宝するのがカードローンですね。ローンと言えば、住宅ローンや自動車ローンなど、ある目的を持った使途があるローンが真っ先に思い浮かぶところですが、今では、サラ金などと言われあまり良いイメージの無かった現金借入を行うカードローンが大変便利で気軽に使いやすくなっています。

一方、今の時代、経済状況が悪化し安定した職業に就けない人も多くいます。正社員になれないためパートやアルバイトをしながら生活するため、安定した収入が得られません。といっても、周りの状況は相変わらずですから、突然現金が必要になる場面もあります。

こんなときに重宝するのが前述したカードローンになるわけですが、パートやアルバイトを生業にしている人にとっては安定収入がないために利用したいけど利用できない、どうせ利用できないだろう、不安であるということで躊躇してしまうところでしょう。

さて、カードローンとアルバイトということでの実態ですが、実際にはアルバイトを職業としていても利用できるカードローンがあります。ただし、少し条件というか制約はついてしまいます。

アルバイトである場合でも、安定した収入であるということがあげられます。カードローン会社も、やはりは、貸したものは回収し、利息もきちんと受け取ることで成立している企業ですから、利用者の収入安定性はポイントになってしまいます。

また、カードローンを利用する際には、必ず審査というものがありますので、収入の安定性はここでも着目されることになります。借入ることが可能な限度額も、比較的利用しやすい消費者金融系カードローンであれば、年収の3分の1までという制限が法律で定められているためどうしても限度額は決まってしまいます。

銀行系カードローンであれば、法律上限度額は定められませんが、その分、銀行系カードローン会社は、金利は少し高め、審査は少し厳しい傾向にあるようです。

アルバイトはカードローンを利用できないことはないけれども、やはり気軽に容易に利用できるというのには語弊があるかもしれません。とはいっても、利用できないことではないので、上手に利用するしかないでしょう。

ポイントは定期的で安定した収入であることです。アルバイトという職業自体がポイントではありません。アルバイトでも安定収入があればいいわけですから、ある程度収入があがるようにアルバイトを複数持つなどしてみるのも手かもしれません。いずれにしても、アルバイトを締め出しているわけではありませんから、まずはカードローン会社に利用できる条件を確認するなど相談をしてみましょう。

必要書類は以外にシンプル カードローンには少なくとも健康保険証

カードローンを利用するために申込みをした際には、一定の書類を用意しなければいけません。それらの書類は、カードローン会社にとって申込者本人のことを知る、信用を知る最初の一歩になる重要なものとなります。

カードローンに申し込むと、審査があり、申込者についてお金を貸してもきちんとした返済能力があるのか、いくらまで貸しても良いのか、といった審査が行われます。この審査にも使われる書類が必要となるわけです。

カードローンの申込みにはインターネットからの申込みもありますが、インターネットであれば、健康保険証の種類を確認する程度となります。特段の書類を用意しなくても受付から審査、融資まで完了します。

ですが、きちんとした正式な契約は行われます。必要な書類は、後にカードローン会社から契約書が送られてきますので、その契約書に必要事項を書き込み返送する際に、様々な証明書や書類のコピーを送ります。この際に必要な書類は、一般的には、免許証や健康保険証といった身分証明書です。

借り入れる金額が、50万円以上となるカードローンに申し込む場合は、収入証明書というものが必要となります。

身分証明書として健康保険証が必要とされますが、健康保険証は勤務し健康保険に入っていれば持っているものであり、勤務先など申込者がどのような働きをしているかがおおよそ把握できますから、カードローンの審査では必ず提出を求められます。

またカードローン会社によっては、健康保険証だけでは足りない場合もあります。その場合に求められるのは顔写真つきの公的な証明書です。これは、運転免許証やパスポートになります。顔写真の他、住所も書いてあり非常に信頼度の高い書類となります。

50万円以上の借入には、前述したように収入証明書が必要です。これは、収入を証明する書類であり、給与明細書、源泉徴収票、税額通知書、納税証明書、所得証明書、確定申告書があります。

学生でも?カードローン? 本業の学業優先に計画的な利用に注意を

カードローン会社は、お金を貸すことで利益を上げなければいけない企業であるため、お金を貸す以上は、きちんと返済してもらわなければ成立しません。したがって、カードローンを利用できる条件としては、やはり収入が定期的で安定していることが第一の条件となります。

一方、学生でも、家からの仕送りが遅れる、アルバイトの収入が遅れるなど、いろいろな場面でお金が突然必要になることもあります。学生でも年齢が重なるほど、社会の中での活動範囲も広がります。

しかし、基本的に学生はカードローンを容易に利用することはできず最低限の条件があります。それは、少なくとも20歳以上で安定収入があるということが条件になります。20歳未満の未成年は一般的にカードローンを利用できません。また、20歳以上でも安定した定期収入が無い学生は利用できません。

とはいうものの冒頭申し上げた通り、学生でも急にお金が必要になる場合もあるでしょう。仕送りに頼ることなく何とかしなければいけないこともあります。そんな学生のニーズに対応すべく学生向けのカードローンというものがあります。

学生でも利用できるカードローンは、高校生を除く満18歳以上の大学生、専門学校生を対象としているものです。学生向けカードローンへの申込みには、運転免許証、健康保険証などによる本人確認のほか、所属する学校が発行する学生証が必要です。

申込時に用意しなければならない書類が一般と少し異なるほかは、ほぼ同じ内容になりますが、金利はやはり学生相手の商品であるため比較的低めに設定されているようですし、借入可能な額も低めです。

担保や保証人を用意する必要がなく、学生だからということで両親に連絡が行くようなことはありません。とはいうものの、決して本来の安定した収入があるとは言えません。あくまで学業が仕事です。結局、親の助けをもらうようなことが無いようにしなければいけませんから、学生ローンの容易な利用は禁物です。計画的に利用することが必要です。

返済能力がポイントのカードローン 20歳以上が収入安定の目安に

カードローンは、必要なときに気軽に容易に現金を用意できるため、収入が不安定な人にとってみれば、大変便利なサービスになります。その一方で、やはりお金が絡む借金には違いなく、計画性のない誤った利用となると、いろいろなトラブルを起こす要素もあります。

カードローンは、申込から受付を経て実際に借入までのスピードが速いという面が特徴です。初めての契約でも、即日、つまりその日のうちに審査が終わり借りることができる限度枠が設定されるうえ、全国各地にあるATMを利用することでいつでもどこでも借入できます。

申込者から申込みがあり、受付でその本人の確認が済めば、書類の作成を経て審査が行われます。一方で、インターネットを利用した契約もあり非常に簡単な契約も可能ですが、ここでは本人確認の手続きのうち、年齢制限といった審査基準がひとつの壁になります。

カードローンの利用は手軽ではありますが、やはり返済能力が一つの目安になるため、やはり年齢基準がしっかりと設けられています。当然、高校生や大学生などは対象外ですが、収入のある18歳以上は入会自体は可能のようです。

そもそも、カードローンでは、きちんとした返済能力というものを安定した返済が可能であることを基準としています。学生を対象外としているのは、学業を主とする学生は、そもそも収入が安定しているとは言い兼ねるからです。

ただ基本的には、やはり未成年の契約は対象外のところが多いようですが、20歳以上であれば、法律的にも問題ありません。いずれにしても、それなりに収入が安定しているであろう年齢が基準になるわけです。

カードローンの年齢の上限は、60歳や65歳としているところが多くあります。前述の意味からいえば、60歳も65歳も言えるのは定職があるか、安定した収入があるかということになります。年金受給者でも、安定した収入と言えますが、ただ職が安定しているかというとそうではないので、一応、一定の年齢制限があるようです。

年収は返済能力を審査する重要な目安のひとつ 偽ることなく正直に

カードローンを利用するには、必ず審査に通らなければいけません。カードローン会社も利益を上げなければいけない位置企業ですから、貸したお金をきちんと回収することはもちろん、更に利息といった儲け分を上乗せして回収することが必要です。

貸したお金を確実に返してもらうには、返してもらえる可能性がある信頼のできる人にお金を貸すことが大前提となるでしょう。まったくお金を用意できる当てのない人にむやみやたらにお金を貸しても、容易に返してもらえないと考えるのが自然です。

ただ、カードローンを利用する人とは、お金に困っている人であることには違いありません。その一時だけ、お金が無い、時間が経過すれば、きちんと計画することができれば、お金を返せることができる人であることを見極める必要があります。

過去、カードローンなどの借金を返済できないといった事象が社会現象になったことがあり、カードローンなどを規制する法律である貸金業法が改正されています。銀行系のカードローンやショッピングローンを除く、カードローンの利用による借入総額を年収の3分の1までと規制しました。

つまり、年収が少なく返済ができなくなる恐れのある人は、借入できなくなったのです。逆を返すと、年収が少なくてもカードローンで借金できたため返済が滞ってしまい多額の借金を抱えてしまった時代があったわけです。

年収額だけが借入の審査基準となっているわけではありません。前述したように、カードローン会社は、お金を貸す相手が、きちんと返済してくれる能力があるかどうかを審査します。年収のみならず、過去の利用実績や事故の有無、同時に利用しているカードローンが無いかなど様々な情報から審査を行います。

カードローンでは30万円程度が限度額として一般的ですが、50万円以上となる大口融資の場合は、源泉徴収票や給与明細、確定申告書などの年収を証明するための書類が必要となります。いずれにしても、カードローンを利用するにあたり、年収というものが大きなキーとなっていることはお分かりになるかと思います。

とはいっても、カードローンをどうしても利用したいからといって、年収を偽るなどの行為をすると、後々、自分が困ることになります。利用者が思っている以上に、カードローン会社も多くの情報を掴んでいます。

カードローンは、その気軽さと簡易さをウリにしており、少額の借入の場合は年収を証明する書類の提出を必要としていない会社が多くあります。つまり、年収は自己申告となります。年収は、如何様なことがあっても、偽ることなく、正直に実際の年収を申告するようにしましょう。

カードローンは即日お金が借りれることが魅力 申込から30分で完了

カードローンは、ちょっと急に現金が必要となったとき、気軽に簡単に現金を用意できるのがほかのローンにはないカードローンのメリットです。申込をしたその日のうち、つまり即日、融資を受けることができるのがカードローンです。

即日といっても、一度も利用したことのない人は、どのような流れで借入ができるのかよくわからないでしょう。即日融資とうたっているカードローン会社はいろいろあり、その貸付方法は、銀行への振込み、ATMで引き出せる、カードローン会社の窓口で直接、といったように様々です。

また、カードローンの魅力は即日融資など、とにかく早く気軽に借入が可能であるということですが、審査を避けることはできません。あくまで審査に通らなければ借入することはできないということになります。

カードローン会社の審査基準も、会社によって全く異なります。よって、借入を確実に即日したい場合は、複数のカードローン会社に申込をしておくのがいいでしょう。複数に申込みをしていくつかの審査に通ってしまうと今度は、契約が複数になってしまいますが、実際に借入をしなければ借金にはならないわけです。

申込から実際に借入が可能になるまでのスピードが速いのは、「消費者金融」「信販会社」「銀行」の順になると思います。複数申込みする場合はこの点考慮してください。ATMでの申込は、その場にある通信回線でカードローン会社の担当者と会話をしながら申込でき、早ければ30分で借入まで済ませる即日融資が可能です。

このように即日借入が可能など、カードローンはいろいろと工夫がされているサービスではありますが、とはいっても手続きに不安や心配がある人は直接店舗に行った方が早いかもしれません。店舗の窓口では、店員がきちんと対応してくれますし、流れもわかりやすく、細かな点でも直接その場で質問し確認することができます。

とても便利カードローン 申込方法はいろいろ 都合のいい方法を

カードローンは、必要な時に現金が用意できる気軽さ、容易さが特徴です。とはいうものの、申込そのものがどのような内容になっているのかが分からなければ、気軽でも容易でもありません。ですが、知ってしまえば、なんのその、便利なサービスです。

まず、申込みの方法です。カードローンを利用したいと思ったとき、最初に思いつくのは、窓口に行くことでしょうか。銀行と同じような感覚で窓口でも申込は可能です。ですが、今の時代の気軽さ容易さといえば、インターネットなどの通信による方法でしょう。

パソコンや携帯電話などのモバイルでの申込も可能です。インターネットを利用したパソコンや携帯電話などは、24時間いつでも受付てもらえるようです。この方法であれば、気軽に簡易に利用が可能ですね。その他、ATMや電話、郵送という方法もあります。

カードローンの特徴では、即日に利用可能となるスピードもあります。申込をしたその日に審査を終え、現金を借りることが可能となります。カードローンは、自動車ローンなどの目的ローンとは異なり、金利が高めに設定されている代わりに早い受付といった特徴があります。

申込の際の条件ですが、まずは年齢です。申込時には満20歳以上満65歳以下というローン会社が多いです。また、収入は、原則安定した収入があること、ローン会社の保証会社の保証を受けられること、本人であること、国内に居住する個人といったことが指定されています。

その他、学生なども可能です。本人に収入がなくても配偶者に収入があれば申込みが可能というカードローン会社もあります。外国人については、永住許可を受けている人は対象としている会社もあります。

申込に必要なものとしては、運転免許証、健康保険証、パスポート、住民基本台帳カードなどの本人確認書類、また借入金額によっては、申込本人の年収が確認できる資料として源泉徴収票や住民税決定通知書、納税証明書なその提示を求められます。

カードローンの魅力は簡単で審査が速い その代り利率が高い

カードローンは、突然必要になった時に現金を容易に用立てることができるため、大変重宝するサービスです。利用者の中には、もうカードローンの無い生活は考えられないというくらい、生活の一部になっている人も多いはずです。

こんなに便利でいざというときに助けてくれるカードローンですが、とはいっても、やはり借金ですから、カードローン会社の審査を通らなければ利用できません。審査という言葉に抵抗、不安を持つ人も少なくないと思います。

ローンには、住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、そしてカードローンと様々な目的のものがありますが、特にカードローンは、審査が比較的厳しくないと思って良いでしょう。

カードローン会社は、なぜ審査をするのか。それは、貸したお金をきちんと返してもらわなければいけないからです。カードローン会社に限らず、全てのローン会社に言えることですが、カードローン会社は、お金を貸すことで利益を上げる企業です。貸したものをきちんと回収し、利息という利益も回収する必要があります。

ただし、買うお金の額、つまりローンを組む金額の大きさで、ローン会社の負わなければならないリスクの大きさが決まります。カードローンは、目的が決まっている住宅ローンや自動車ローンとは違って、何に使ってもいいけれども貸せる限度額は低い、つまりリスクが比較的小さいのです。その代り、金利を少し高めに設定し、審査は通りやすくしているわけです。

カードローンは、気軽さ、容易さ、欲しい時に簡単に用意できるというのがウリの商品です。よって、審査を厳しくすることで、その容易さなどの売りが発揮できないのであれば、消費としては売れないでしょう。

審査は、その商品を利用する人たちの返済能力が最低、確保できているかを確認するものです。その返済能力の基準は、高く設定してもカードローンという商品が成立しないわけです。悪質な利用経験を持っていないか、最低限の条件を満足しているかを確認するのが審査です。

審査があること自体を恐れる必要はありません。カードローンがどのような人を対象に開発された商品であるかを知ることさえできれば、カードローンを利用できないかもしれない、審査に通らないかもしれないなどと不安になる必要はないのです。

外国人でも利用できますカードローン 必要書類がそろっていれば

今や日本には、多くの外国人が住んでいます。日本で生まれた外国人、つまり二世や三世も少なくありません。テレビなどに出演する外国人でも、日本人以上に日本人らしい外国人を良くみると思います。

日本語はもちろんのこと、日本の文化にも詳しい、日本人以上に日本人らしい外国人でも、まだまだ日常生活の中では、日本国籍を持たないことから様々な弊害があります。日常生活で欠かせないのは、金銭、ショッピングですが、これらは特に外国人にとって問題となることが少なくないようです。

日本国籍を持たない、ということから、住宅ローンを組むとか、住宅を賃貸するといったことに苦労が伴います。お金を貸す方、住宅を貸す方からしてみると、万一何かトラブルがあったときは、いつでも国外に逃げることができる、ということがあるのかもしれません。

現金を借入できるカードローンの場合では、現金を借りて帰国してしまわれると、カードローン会社の方は非常に困ったことになります。その国にまで追って行って回収するのも容易ではありません。

このようなリスクがあるため、やはりカードローン会社は何らかの保証を設定したりデジポットの要求などをすることになるのです。しかしながら、二世や三世といった人たちにとっては、日本が故郷になりますから、容姿が外国人というだけでカードローンなどの利用に制限があるのは不便ですね。

カードローンでは、いまは、外国人に対し、外国人登録証や永住権を示すことができれば、契約できるようなケースが増えてきました。一方で、消費者金融くらいしか利用できないのではないか、と思われがちですが、近年はカードローンも利用しやすくなっています。

便利で気軽で早いカードローン でもデメリットもしっかり理解して

カードローンは、つまりは借金ですから、できることなら持ち合わせている現金のうちで済ますことができれば良いわけで、あまり良いイメージ、お得なイメージというものでもありません。

ただ、やはりカードローンという金融商品を必要としている人は多く、ニーズがあるということですから、それ相当のメリットもあれば、デメリットもあるということになります。現金を持ち合わせていないとき、どうしてもお金が必要となった場合には、カードローンは強い味方になります。

しかし、一歩、使い方を間違えると、とても厄介なものになります。特に、あくまで自分自身の意志、自分自身の計画性と言った部分での問題となってしまいます。つまり、利用するにあたっては、カードローンのデメリットなど、特徴をしっかりと抑えておく必要はあるでしょう。

カードローンのデメリットとして、まずひとつめに、借入限度額が低いという点です。住宅ローンや自動車ローンなどの目的別ローンと比較すると、この借入限度額は低く設定されています。カードローンは保証人が不要であるなど、比較的、簡便に利用できるところもあるため、その一方で借入限度額を低く設定しているという面があります。

ふたつめに、ほかのローンよりも借入金利が高く設定されているということです。銀行系カードローンよりも、消費者金融のカードローンは更に高い金利が設定されています。これも前述したように、簡便で気軽に利用できることをカードローンのメリットとするが故に必要なこととなっています。

みっつめのデメリットとしては、借入限度額内であれば、いくらでも自由に借入が可能ということです。このことは、カードローンのメリットでもあります。なぜ、デメリットと言えるのか。いくらでも自由に借り入れできるというこの自由さ、手軽さは、人によっては非常に危険です。

ATMでいつでも気軽に自由に借入れることができるということが、自分のお金をおろしているということと錯覚してしまうため、知らないうちに借金が増えている、つまり、返さなければいけないお金が増えているということになります。

このことが、冒頭に書いた自分の意志、自分自身の計画性次第で問題になってしまうといことなのです。お金を借りることは自分の意志、お金を返すことも自分がお金を用意しなければいけない、ということですから、自分自身で計画的な利用を考えなければいけません。

<1 2 3 4 >