カードローンのリボ払い

カードローンのリボ払いにはたくさんの種類があるのです。

リボ払いという言葉を耳にしたことのある方も多いかと思います。カードローンの返済方法としては、最も多くの方に利用されているもので、正式にはリボルビング払いと言われます。しかし、そもそもリボ払いとはどんな返済方法なのでしょうか?そして、実はリボ払いと一言で言っても、その種類はいろいろあるのです。

一般的なリボ払いとは、いくら借り入れをしているかに関わらず、あくまでも毎月一定額を返済していくという方法を指します。これを定額リボ払いと言いますが、この場合、契約金額に応じて、月々の返済額が決まるパターンと、実際の利用額に応じて月々の支払い額が決まるパターンの2通りがあります。

前者の場合はあくまでも月々の返済額は一定ですが、後者の場合、繰り返して利用するたびに、月々の返済額が変わってきます。利用するたびに新たな定額の返済が発生するために、今までの返済に、新たな契約の返済が上乗せされていくのです。

また、残高スライド方式のリボ払いの場合は、返済の残高に応じて月々の返済額が決まっていきます。そのため、カードローンの返済が始まったばかりの頃は、当然、残高が多いために、月々の返済の負担は重くなりがちですが、残高が減っていけば、徐々に負担が軽くなるという特徴があります。

さらに、利息は別途支払い、月々の返済はあくまでも元金部分となる元金リボ払いと呼ばれる返済方法もあります。

このように、リボ払いと一言で言っても、様々な方法があるため、もしリボ払いで返済を行う場合は、自分自身の無理のない返済シミュレーションに沿ったプランを選びたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加