カードローンの契約者が死亡したら?

カードローンの契約者が死亡したら、その返済はどうなるの?

カードローンは、申し込んで審査を通過すれば、必要なお金を手に入れることが出来ます。しかし、そのお金は当然のことではありますが、返済しなければなりません。つまり、返済が基本にあるということを念頭に入れておくこと…それがカードローンでは非常に重要なことなのです。

しかし、もしカードローンをしているにもかかわらず、その契約者が死亡してしまったときはどうなるのでしょうか。カープローンの返済をしなければならない契約者が死亡してしまうことで、返済できる能力は完全に失われてしまいます。では、そのカードローンでの借金はどのように返済すれば良いのでしょうか。それとも、もう返済しなくても良いのでしょうか。

カードローンの返済は法的には、遺族に相続されます。つまり、遺族が死亡した契約者の借金を返済しなければならないことになるのです。ところが、それは義務ではなく、遺族はその遺産を相続するか、それとも放棄するかを選ぶことが出来ます。ここで、遺産を放棄すれば、当然、カードローンの返済を契約者に代わって行う必要はなくなるのです。

ただし、その契約者の遺産には土地や建物があった場合、それだけを引き継いで、借金だけを放棄するということは出来るのかと言えば、そのような「良いとこ取り」は出来ないのです。引き継ぐなら、自分にとってプラスになる分、マイナスになる分、全てを引き継がなくてはなりません。それゆえに、土地や建物など、借金以外の部分の価値と借金の総額を比較した上で、相続するか、放棄するかを検討することが重要となるのです。

遺産といえば、自分にとって利益になる部分ばかりに目が行きがちですが、実は負債に関しても相続されることを念頭に入れておくこと、それは非常に大切なことなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加