カードローンの魅力と利率の関係

カードローンの魅力は簡単で審査が速い その代り利率が高い

カードローンは、突然必要になった時に現金を容易に用立てることができるため、大変重宝するサービスです。利用者の中には、もうカードローンの無い生活は考えられないというくらい、生活の一部になっている人も多いはずです。

こんなに便利でいざというときに助けてくれるカードローンですが、とはいっても、やはり借金ですから、カードローン会社の審査を通らなければ利用できません。審査という言葉に抵抗、不安を持つ人も少なくないと思います。

ローンには、住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、そしてカードローンと様々な目的のものがありますが、特にカードローンは、審査が比較的厳しくないと思って良いでしょう。

カードローン会社は、なぜ審査をするのか。それは、貸したお金をきちんと返してもらわなければいけないからです。カードローン会社に限らず、全てのローン会社に言えることですが、カードローン会社は、お金を貸すことで利益を上げる企業です。貸したものをきちんと回収し、利息という利益も回収する必要があります。

ただし、買うお金の額、つまりローンを組む金額の大きさで、ローン会社の負わなければならないリスクの大きさが決まります。カードローンは、目的が決まっている住宅ローンや自動車ローンとは違って、何に使ってもいいけれども貸せる限度額は低い、つまりリスクが比較的小さいのです。その代り、金利を少し高めに設定し、審査は通りやすくしているわけです。

カードローンは、気軽さ、容易さ、欲しい時に簡単に用意できるというのがウリの商品です。よって、審査を厳しくすることで、その容易さなどの売りが発揮できないのであれば、消費としては売れないでしょう。

審査は、その商品を利用する人たちの返済能力が最低、確保できているかを確認するものです。その返済能力の基準は、高く設定してもカードローンという商品が成立しないわけです。悪質な利用経験を持っていないか、最低限の条件を満足しているかを確認するのが審査です。

審査があること自体を恐れる必要はありません。カードローンがどのような人を対象に開発された商品であるかを知ることさえできれば、カードローンを利用できないかもしれない、審査に通らないかもしれないなどと不安になる必要はないのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加